新しい治験に参加しようかと・・・


東京医科大学病院に行って来ました。

M先生からの紹介状を持っていますが、初診は予約出来ません。
午後の受付は11時から始まる為に、11時ジャストに病院入りしました。
13時から午後の診察が始まり、診察室に呼ばれたのは5番目。
意外に早くて驚きました。

ドキドキしていた初めての先生は、、、
とても好印象
穏やかで、患者の目を見て話して下さる先生でした。
さすが、M先生と一緒にお仕事をされていた方です。

ただ、山王病院とは異なり、次々と患者が待っている為、
ゆっくり話を聞く事が出来ませんでした。

◆本日の話のポイント
 ●通常のHIFUであれば受けられる。
 ●腫瘍の近くにある水疱にリスクがあるが、避けてHIFUを行う事は可能。
 ●新しい治験は、実施が遅れており、4月下旬からの実施になっている。
 ●治験実施の場合は、1ヶ月前から抗がん剤をストップしなければならない。
 ●ナノナイフからは4ヶ月経過しているので問題ないでしょう。

◆本日の選択肢
 ①1ヶ月間、抗がん剤をストップしてまで治験に参加するか。
 ②このまま、フォリフィリノックスとHIFUの併用を行うか。


 

・・・悩みました。
短時間ですごくすごく悩みました。
1ヶ月間抗がん剤をストップする事は、あまりに不安過ぎます。
その間、腫瘍が大きくなるかもしれないし、転移してしまうかもしれないし、、、、
とても大きなリスクがあります。
アブラキサンでさえ腫瘍増大を抑えられていないのに。

でも・・・

◆私の出した結論
 ①を選択します。

勝負してみたいと思ったのです。
試してみたいと思ったのです。


今後、病院で最終審査(治験委員会の事ですね?)が行われ、
次回の診察時に最終結論が報告されるとの事です。

意外にすんなりで驚いたのですが・・・。
日経新聞では12例と言っていましたが、実際には15例のようでした。
その枠にすんなり入れたという事なのでしょうか?
治験にも被験者の条件があるわけで、それに適合していたのでしょうか?
おそらく、M先生のお力なのではないかと思うのですが。。。

そして正直なところ、費用は当然の事ながら、
のように行われる治療なのか全く何も分からずに
希望を出してしまいました。


現段階で分かっている情報は・・・
●東京医科大学と東京女子医大の開発。
●「エピルビシン」という抗がん剤もナノカプセルに閉じ込めて血管に流す。
●翌日、HIFUを行う。

なぜ、エピルビシン?膵臓癌とは関係ないのに。

疑問だらけ・・・というより何も分からない状況なのですよ。


どうなるのでしょうか・・・



   ↓ いつもありがとうございます!いつも力を頂いています!
にほんブログ村 病気ブログ すい臓がんへ
にほんブログ村

[PR]
# by roll1822 | 2017-03-23 23:32 | 膵臓がん | Comments(2)

新しい病院に行って来ます。


新しい病院に行きます。
新しい先生に会います。

すごくドキドキします。
どちらのタイプの先生か・・・。

まずは、治療方針よりも、先生のタイプが不安です。
ドアを開けるのがドキドキです。

これまで会った先生達、
・地元の主治医:K先生
・国立がんセンターのU先生
・銀座(漢方処方)のF先生
・高濃度ビタミンC点滴のY先生
・ハイパーサーミアのY先生
放医研の先生
・山王病院のM先生


ん~・・・主治医以外は、大丈夫だったな。

どうか、どうか、良い先生でありますように。



   ↓ いつもありがとうございます!いつも力を頂いています!
にほんブログ村 病気ブログ すい臓がんへ
にほんブログ村

[PR]
# by roll1822 | 2017-03-22 05:20 | 膵臓がん | Comments(6)

ナノナイフの期限切れ


ナノナイフの治療は、もう終了です。
ナノナイフの有効期間は切れてしまいました。



タイトルをどうしようか。。。
ナノナイフは、もう終わったし。。。



でも、ブログのきっかけは、ナノナイフだったわけで。
母のがん治療を加速させたのは、ナノナイフなわけで。
まだ情報の少ない治療で、私がナノナイフの情報源となりたかったわけで。

何よりも ”希望の最新治療” であることに間違いはないんだし。

だから、タイトルはこのままで進んでみようと思います。
今後ともよろしくお願い致します


   ↓ いつもありがとうございます!いつも力を頂いています!
にほんブログ村 病気ブログ すい臓がんへ
にほんブログ村

[PR]
# by roll1822 | 2017-03-21 21:52 | 膵臓がん | Comments(4)

なんだ!ナノナイフ駄目だっけのが!


なんだ!ナノナイフ駄目だっけのが!
(なんだ!ナノナイフ駄目だったのか!)

・・・身内に言われて、微妙に腹が立ったセリフ。。。



ナノナイフは失敗だったのか?
と考えたのですが、決してそんな事はありません。


ナノナイフの初診、2016年10月、
母は山王病院で余命宣告されました。
6ヶ月”と。

そして、腫瘍が大きすぎる為に、
ナノナイフが出来ても余命が2倍になるだけです、
と初めから言われていました。
初めから、腫瘍が無くなる事なんて想定外だったわけで、、、
小さくなる事に期待はしていたものの
現時点で大きくなっているのは
少しのレベル(12月からは変化なし)であって、、、
転移はなし。


でも、さすがにちょっとクヨクヨしている私に、夫が一言。

「下りのエスカレータを上っていたんだよ。歩いて。」

なるほど。。。
余命6ヶ月と言われながらも、この5ヶ月間は
ほぼ足踏み状態だったと言える。
悪い方向には全く動いていない。

しかも、ナノナイフに出会わなければ
M先生に出会えなったのは間違いない。
いま、そしてこれからもM先生に診察してもらえるだけでも
有り難い。

~ナノナイフの結論
 ナノナイフは駄目ではない。

 可能性があるのは間違いない。
 希望の最新治療であることに違いはない



   ↓ いつもありがとうございます!いつも力を頂いています!
にほんブログ村 病気ブログ すい臓がんへ
にほんブログ村

[PR]
# by roll1822 | 2017-03-20 12:15 | Comments(4)

主治医の手紙


主治医からのお手紙とCTデータ、血液検査データを持って、山王病院に行ったわけですが。。。

私は視力が良いのです。

M先生が主治医からのお手紙を読んでいる時、私は、目を皿のようにしてジーっと手紙を見つめていたのです。
何が書いてあるのか、気になるもので。。。

内容は、
●腫瘍増大と腫瘍マーカー上昇の結果が得られており、次の治療はどのように進めれば良いでしょうか?
●このままアブラキサンを継続して良いものか悩んでいます。
●時間が経ちましたので、TS-1に戻る事が可能です。
●もしくは、ここでフォリフィリノックスを選択しても良いものでしょうか。
●ご指示頂きたくよろしくお願い致します。

無難な内容でした。
そして、母の主治医は、M先生をとても頼りにしている事が伝わって来ました。

東京に行く前、
主治医:「東京の先生は、この分野の専門の先生だから、何か良いアドバイスをしてくれるかもしれないし。」
と、M先生をとても認めていた事を思い出します。

口数の少ない、母には何一つ良い事を言わないあの主治医が、他人を誉めたのですから。

M先生は偉大です!
(知ってましたけど)

このまま地元で主治医の治療を受けるより、M先生に診て頂き、主治医にはM先生の指示に従って頂きたい、それが私の希望です。

母も同じ考えだったようで、帰り際、
母:「あの~。またM先生に診て頂きたいのですが。。。」

ナノナイフが終了となれば、本来、山王病院へ来る必要もなくなったのでしょうが。。。

M先生:「あ~そうですね。3ヶ月後に予約を取りましょう。」

ありがとうございます!

M先生の診察が受けられること、母にとっては何よりの薬のようです。


   ↓ いつもありがとうございます!いつも力を頂いています!
にほんブログ村 病気ブログ すい臓がんへ
にほんブログ村

[PR]
# by roll1822 | 2017-03-19 17:28 | 膵臓がん | Comments(0)

2013年10月、母の膵臓癌が発覚。ステージⅣaですが、3年間元気に生きています。最新治療ナノナイフの経過を記録していきます。


by roll1822