<   2016年 12月 ( 28 )   > この月の画像一覧

癌と共に4度目の大晦日。今年も色々あったなぁ。


歳をとると、時間が経つのが本当に早いものです。

母の膵臓癌ステージⅣaが発覚してから、4度目の大晦日!

3年以上が経過したわけです。

母の病状は全く変わらず。。。



でも、今年一年は、最も動きのあった年でした。

2年半投薬してきたTS-1が効かなくなったと言われ、
ジェムザールに変更するも、すぐに、これは効かないと言われ、
その他に抗がん剤は無い、と主治医にさじを投げられ・・・。

・・・号泣。007.gif

このまま何もしなければ余命半年、と言われ。

・・・号泣。007.gif

諦めずに、放医研に行きましたが、重粒子線適応ならず。

・・・落胆。007.gif

その後、M先生と、ナノナイフと出会いました。
そして、アブラキサン投薬と共にナノナイフ手術。

・・・希望。043.gif
・・・期待。043.gif



今年は、最も動きのあった1年でした。

母は、病院で癌友をたくさん作り、最も多くの人と気持ちを共有出来た一年であったと思います。

その間、お別れしなければならない方々も居り、寂しい思いもつきものでした。



お友達から、体に良いものや、たくさんの励ましのお言葉を頂きました。

たくさんの方々の支えがあったからこそ、母は今年も元気に大晦日を迎える事が出来ます。

お腹に癌を抱えていますが、母は今年も元気に生きる事が出来ました。



母の癌が発覚した2013年10月。
アブラキサンの膵臓癌適応が承認されたのは、2014年12月。
ナノナイフが、日本で初めて膵臓癌治療を行ったのは2015年4月。


日々、医学は進歩しています。
医学の進歩は目まぐるしい!



来年、また新たな治療法が見つかる事に期待し、ナノナイフの影響で今日も母の癌細胞が死滅している事に期待し、希望を持って新年を迎えたいと思います。



今年一年、大変お世話になりました。
皆様、良いお年をお迎えください。


   
↓ いつもありがとうございます!いつも力を頂いています!
にほんブログ村 病気ブログ すい臓がんへ
にほんブログ村




[PR]
by roll1822 | 2016-12-31 11:25 | 膵臓がん

お腹がすくのが、母の悩み。


今日から、いよいよ正月休み。

長男の冬休みの宿題(エコ新聞)のネタ探しに、実家に遊びに行きました。

実家の裏は、こんな感じ。012.gif
e0362686_18074224.jpg














今日は暖かい日です。058.gif



次男が作った雪だるま。003.gif
e0362686_18074694.jpg














帰る時には、もう溶け始めていました。残念。。。




母は、相変わらず元気です。

最近の母の悩み。。。

  「最近、腹減るんだず~ 011.gif 」

TS-1の時は、食欲がないのが悩みでした。

食べれば食べられるけど、特にお腹が空く事もなく、食べても口内炎が酷く美味しいと感じなかった。

それでも痩せたくはないから頑張って食べる。

・・・食事が億劫なものになっていました。



母は、癌になってからの3年間、45kg前後の体重を維持しています。

このままでは、増えてしまうのでは?

お腹が空くのは、インスリンで血糖値を下げる為なのでしょうか?

いくらインスリンを使っていても、食事で血糖値を上げすぎてしまうわけにはいかないし。。。

食欲がある悩み、、、初めてです。


  「ご飯は少なめに!野菜をいっぱい食うべ!」



そして、母が友達からもらった、キハダ(黄柏という漢方らしい)。
e0362686_18075031.jpg




















焼酎で抽出していました。

消化器系に良い漢方らしいのですが。。。

もはや、母には良いものなのか?

健康な人には確かに良いのでしょうが、、、


まぁ。友達が母にくれた気持ちが嬉しいらしいので、免疫力UPには間違いないかな。023.gif

周りの皆さんのお心遣いが、母を助けてくれています。
ありがとうございます!006.gif




   ↓ いつもありがとうございます!いつも力を頂いています!
にほんブログ村 病気ブログ すい臓がんへ
にほんブログ村




[PR]
by roll1822 | 2016-12-29 18:31 | 膵臓がん

父のベッドに野良ネコが!


チャーチャが居なくなり、毎日寂しく暮らす父と母。

居なくなって2箇月経ちました。

生きているのか死んでいるのか。。。

私の実家付近には、猿や熊やカモシカが、よく現れます。

茶の間から、ふと庭を見ると、猿が庭の塀を走っていたり。

庭のビオラをカモシカがごっそり食べたり。

結構な大自然の中で、私は育ちました。



チャーチャーは猪にでも殺られたのか。。。

でも、猫は逃げ足速いですし。。。

死んだ事が確認出来ない以上は、生きていると信じてます。

きっと、、、どこかで。。。



そんな状態で、チャーチャの帰りを待ち続けている両親。

お腹が空いているかもと、いつも玄関にキャットフードを置いていました。



それを、毎日食べに来る野良ネコが居ます。

クロトラのデブッチョです。

最近は、餌がないと、玄関のドアの前でおねだりする始末。



チャーチャを待っている両親は、

  「チャーチャの友達かも。」

と言って、餌をあげ続けているのです。



あげく、時々

  「チャーチャ053.gif

と話しかけているのです!

大丈夫なのか!?うちの母は・・・ 015.gif




そして、ある日、母が父の部屋に入ると、、、


ベッドの上に野良ネコが!!!


ビックリした母。005.gif005.gif005.gif

その母よりもビックリした野良ネコ。005.gif005.gif005.gif

咄嗟に部屋から飛び出し、外に逃げて行きました。070.gif070.gif070.gif



いつも、玄関の戸を開けっ放しにしておくからそうなるんですよ。

チャーチャが帰って来るかもしれないから、と。

野良ネコは、さぞかし気持ち良い一時を過ごした事でしょう。060.gif



父の隣りに、、、母の側に、、、
チャーチャが居たら、もっと心強いのになぁ。

いつも、父と母の話し相手だったから。。。



母のすい臓がんと共に我が家にやってきたチャーチャ。

チャーチャが居なくなっても、癌は無くならないよ。。。



何を考えて居なくなったのかな。。。



   ↓ いつもありがとうございます!いつも力を頂いています!
にほんブログ村 病気ブログ すい臓がんへ
にほんブログ村




[PR]
by roll1822 | 2016-12-28 22:41 | 膵臓がん

母は10年毎に癌になる。


母は、現在の膵臓癌が、人生三度目の癌です。


一度目の癌は、
母が44歳の時、、、乳癌でした。

私は高校2年生。
母に癌である事を告げられ、よくも分からず、部屋でシクシク泣いていた事を思い出します。

学校帰りに病院に立ち寄り、病院の食堂でよく母と一緒にチョコレートパフェを食べたものです。

母はこの時、右胸を完全に無くしました。

同時に子宮筋腫もあった為、子宮と卵巣も取りました。

44歳の母は、右胸と子宮と卵巣、全てを失ったのです。



二度目の癌は、
母が54歳の時、、、甲状腺癌でした。

私は、お腹の中に長男が居ました。
臨月の大きなお腹で、病院に付き添いました。
主治医の話を一緒に聞き、自分が大人になった事を実感しました。

手術は楽に終わり、回復も早い癌でした。


002.gif002.gif002.gif


本当は、この時、気づくべきだったのでしょう。

なぜ、母が二度も癌になったのか。
癌になりやすい体質なのではないか。
そうであれば、気をつけるべき事があったのではないか。。。


今、とても後悔しています。

10年前であれば、インターネットも普及していたはず。
もっと情報源があったはず。。。


002.gif002.gif002.gif


そして、
三度目の癌は、
母が62歳の時、、、膵臓癌

二度の癌を患っていたため、検査に手を抜いた事はありません。


母は、癌になってもすぐ見つかるだろう!大丈夫!!
・・・私も母も安心していたのです。


それなのに、見つかった時には、既にステージⅣa。

あんなに頻繁に検査をしたのに!
検査の為には、お金も時間も惜しんだ事がないのに!
なぜ?
なぜ、母が?
なぜ、よりによって膵臓なの?


002.gif002.gif002.gif


膵臓癌は、癌の王様。
王様には、誰も逆らえないのですか?



二度、癌になった時点で、母の生活や習慣を見直すべきだったのです。
何か出来たはずです。



54歳の時、母の体は既にサインを出してくれていたのです。
膵臓に癌を生まれさせ
てはいけなかったのです。




   ↓ いつもありがとうございます!いつも力を頂いています!
にほんブログ村 病気ブログ すい臓がんへ
にほんブログ村



[PR]
by roll1822 | 2016-12-27 20:50 | 膵臓がん

SMAPのファンではないけれど。


私は、特にSMAPのファンではありません。

小学校の頃は、光GENJIのファンだったし。。。



でも、何となく、いつも見て来ました。

いつも目に入って来ました。

SMAPの歌をよく口ずさんで来ました。



香取君は、小学5年生だったんだって。

私の息子と同じ歳。。。



28年と9箇月。。。

すごいなぁ。。。



今日は珍しくスマスマを見ました。

あまり見た事ないんだけど、最後くらいは見なきゃいけないような気がして。



時代の流れを感じます。

なんだかとても寂しいです。



私の生活が変わる事はないのだけれど、とてもとても寂しいです。



寂しいです。





   ↓ いつもありがとうございます!いつも力を頂いています!
にほんブログ村 病気ブログ すい臓がんへ
にほんブログ村


[PR]
by roll1822 | 2016-12-26 23:21 | 膵臓がん

田舎のネズミが思うこと。。。


先々週は、雪が積もりましたが、先週一週間でスッカリ消えました。

今年は雪が積もるのが早かったので、まさか正月は大雪か!と怯えていましたが、今のところは、お山が白いだけ。。。

雪が降ると大変なのです。

何より、車の運転が怖い。042.gif

何十年ここで生活していても怖いものは怖い。

道路が混むから、会社に行く時間も早めないといけないし。。。014.gif



最近、常々思うこと。

都会って良いなぁ039.gif039.gif039.gif

だって、良い病院がたくさんあるじゃないですか!!

良い先生もたくさん居る!!

最新治療が身近で試せる!!


東北では、関東に出るだけでもお金がかかるのです。

しかも、何より「東京かぁ。。。」と億劫になり、新しい治療を試すことすら諦めてしまいます。



私は、学生時代東京に住んでいましたし、東京出張も多いので抵抗はありませんが、母には相当の抵抗があったようです。



ナノナイフを受けた直後、

  「お前が居たから、ここまで来れた。
    一人だったら、東京まで来らんねがったなぁ。。。」



都会と田舎では、病院の質も違うと思うのです。

医療技術はもちろん、看護師さんを含めた病院の患者への対応の良さ、そして医師の気持ちの良さ。

053.gif患者が理解するまで、丁寧に話をしてくれること。

053.gif患者の話をじっくり聞いてくれること。

053.gif目をみて、しっかり話をしてくれること。

これが、大事です。


もちろん、田舎にも良い医師はたくさん居ますし、都会にも嫌な医師はたくさん居ると思います。

なぜこんな事を思うのか。。。



母も私も、今の主治医が好きではありません。

癌は治らない。治るわけがない、と言い放った主治医。

可能性が無いと分かっている事は試せない、と言って他の抗がん剤すら選択してくれなかった主治医。

紹介状を書いて欲しいとお願いしても嫌な顔をするから、主治医には黙って他の治療を試して来ました。

あなたの説明するCT画像では、自分の腫瘍がどこにあるのか全く分かりません。
患者には理解する必要がないと思っているのでしょう。


ナノナイフを受けた後、ナノナイフの話には触れようともしません。

興味がないのですね。
最新医療にも、担当患者の病状にも。


母の主治医は偉いのです。
偉すぎるのですよ!



膵臓癌ステージⅣaだって治りたい!

初めから諦めている主治医。

患者の気持ちが分からない医師は、医師失格です。

母は、主治医に会う事が億劫なんです。

母の免疫力を下げている主治医、私は嫌いです。

・・・

それでも、頼らなければならない・・・。

頼ってしまう自分が情けない・・・。



・・・と、病院に書き込みたい気持ちを、ブログにぶつけています。。。047.gif

ごめんなさい。057.gif




   ↓ いつもありがとうございます!いつも力を頂いています!
にほんブログ村 病気ブログ すい臓がんへ
にほんブログ村


[PR]
by roll1822 | 2016-12-26 20:39 | 膵臓がん

父の寂しさ。「二人って良いな。」


インスリンの教育入院は、約10日間でした。

その間、ずっと一人だった父。



母が退院した日、父がボソッと。


「二人って良いな。056.gif


これまた、母が笑って教えてくれましたよ。


「普段文句ばっかり言ってんのにな。。。037.gif


そして、、、


「置いていけないよな。。。025.gif


そうですね。


いつも無口な父。いつも明るい母。


二人揃って、私の両親。


お母さん、お父さんは置いて行けないよ。




   ↓ いつもありがとうございます!いつも力を頂いています!
にほんブログ村 病気ブログ すい臓がんへ
にほんブログ村




[PR]
by roll1822 | 2016-12-26 00:26 | 膵臓がん

ナノナイフ仲間に声をかけたい母。

ナノナイフ1箇月後の検査通院で、久しぶりに山王病院に行きました。

山王病院は、診療する科(先生)によって部屋が分かれており、そのドアの前で待つ為に、ある程度患者の診療する科が想定出来てしまうのです。

特に、がん局所療法センターは部屋No.10で、一部屋しかなく、M先生しか居りませんので、ナノナイフを受ける方かな?と想像出来てしまうのです。

14時の予約でしたが、これまでは予約時間より早めに診察頂いておりましたので、早めに13時から待合室で待っていました。



13時過ぎに、若いご夫婦がM先生の診察室から出てきました。

という事は、午前中の予約の方でしょう。

きっとお昼時間をはさんで診察を受けていたのでしょう。

私達も、初診の時は1時間以上、時間をかけて診察して頂きましたから。

若いご夫婦でした。

旦那さんがナノナイフ適応となったようです。

  「もし受けられるならば、○月○日に術前検査をする事になります。」

と看護師さんの説明を受けていました。

私達の2箇月前の状況だな、と分かりました。

聞いてはいけない、と思いつつも気になります。



そして、隣りの母がウズウズしているのが分かりました。

  「お母さん、声掛けちゃダメだよ!」

私は、念押ししました。

母は、誰にでも声を掛けたいのです。

サービス業であった為、そして何よりも社交的な性格である為に、人と話す事が大好き。

病院に行く度に、癌の友達を作るのです。

お互いに話せる人を求めているのでしょうね。

母から話しかけた方々とは、その後も交流を深め続けています。



  「でも、不安だと思うんだず。大丈夫です!って一言言ってけっだいなぁ。」



なんと、先輩風!008.gif

気持ちは分かるけど、余計なお世話ですよ!

きっと、今はご夫婦の時間。。。



私達も、治療法がなく、すがる思いでここまで来ました。

きっと、また断られるのだろう・・・と不安を抱きながら。。。

・・・だから、受けられますと言われた時は、何とも言えず胸がいっぱいだった。



不安・・・?

不安というよりは、希望だった。

真っ暗な世界に、少しの明かりが見えた気がした。



  「頑張りましょう!希望をもって。」



勝手ながら、なんだか親近感を持ってしまいました。

その他にも、二人のナノナイフ患者を見かけました。

どちらも、術後の検査のようでした。

お二方とも、お元気そうでした。



これまでナノナイフ体験者とお会いする事がなかった為、母は安堵感を感じたようです。



ナノナイフの有効性は、まだ分かりません。

でも、
 後悔はしていない事、
 希望を持って生きている事、


それを誰かと(or誰かに)話したくてウズウズしている母なのです。



   ↓ いつもありがとうございます!いつも力を頂いています!
にほんブログ村 病気ブログ すい臓がんへ
にほんブログ村




[PR]
by roll1822 | 2016-12-25 12:09 | 膵臓がん

ナノナイフ術後1箇月後の結果(CT)


ナノナイフ術後1箇月後の検査結果。
昨日の続きです。

腫瘍マーカーは下がったわけですが、CTで腫瘍は見てみないと!

ドキドキです。008.gif

これが、本日のCT画像(左がナノナイフ前、右がナノナイフ後)。

e0362686_09434244.jpg









線を引いたのは私ですので、かなり下手ですが、、、

言える事は、腫瘍の大きさは同じだという事。015.gif

ただ、右の画像の方が少し黒ずんでいる。

大きさは変わりませんが、癌細胞の割合は変わっていますよ。との事。




少し、残念な気持ちでしたが。。。

ナノナイフの場合は、術後3~4箇月程度で癌の縮小が見られるそうです。

その日に期待し、3箇月後に再度検査の予約をしました。017.gif



そして、その3箇月後の腫瘍の大きさ次第では、重粒子線治療を受けたい事を相談しました。

重粒子線を照射するには、動きが不規則な胃や腸とは5mm程度離れていなければならないと言います。

現在、腫瘍の胃まで距離は、2.5mm程度。

  「あと、3mmですね。」

  「可能性が、ない事はないですよ。」

  「ただ、残った癌細胞が活発であった場合は、分かりません。」


弱れ~070.gif弱れ~071.gif母の癌細胞~070.gif死んでしまえ~~~071.gif



   ↓ いつもありがとうございます!いつも力を頂いています!
にほんブログ村 病気ブログ すい臓がんへ
にほんブログ村




[PR]
by roll1822 | 2016-12-24 09:59 | 膵臓がん

ナノナイフ術後1箇月の結果(腫瘍マーカー)。


ナノナイフ手術を受けて、1箇月が経過しました。

1箇月後の検査の為に、久々に山王病院へ。



14時からの予約でしたが、今日はとても混んでいて、診察室に入ったのは15時半でした。

M先生のお顔を見ると安心します。

  「おぉ。どうですか?」

始めから、きちんと目を見て話をして下さる先生です。



母の、この1箇月間の病状や治療の話を熱心に聞いて下さいました。

インスリンの教育入院をしたこと。
アブラキサンは、2回だけ投薬、3回目は白血球が少ない為に投薬出来なかったこと。



本日受けた、血液検査の結果です。
(一番左は、本日の結果、右が術前検査の数値です。)

e0362686_09120772.jpg







CA19-9とCEAの数値は、
  ①手術2週間前   : 975.5U/mL、 30.5ng/mL
  ②入院前日     :  450.5U/mL、 21.1ng/mL
  ③術後5日目    : 2141.0U/mL、20.2ng/mL
  ④術後8日目    : 1590.0U/mL、18.9ng/mL
  ⑤術後1箇月(本日): 436.7U/mL、 12.9ng/mL



入院前日に、いきなりマーカーが下がったのは、アブラキサンを開始した為と思われます。

術後に高い数値を示すのは、ナノナイフの特徴。腫瘍マーカーが上がるのです。

ナノナイフに殺られた癌細胞が出している値なのだそうです。

術後1箇月では、殺られた癌細胞が消え始めています。

癌細胞が薄まり始めていると言われました。


その他、エコーで周りの臓器も診て下さり、合併症は起きていない事を確認してもらいました。

術後順調だそうです。

(CTの画像も掲載したかったのですが、パソコン不具合の為、次回更新します。)


   ↓ いつもありがとうございます!いつも力を頂いています!
にほんブログ村 病気ブログ すい臓がんへ
にほんブログ村






[PR]
by roll1822 | 2016-12-23 09:43 | 膵臓がん

2013年10月、母の膵臓癌が発覚。ステージⅣaですが、3年間元気に生きています。最新治療ナノナイフの経過を記録していきます。


by roll1822
プロフィールを見る
画像一覧