一つ目の覚悟


今日は、M病院からお手紙を持って、自宅から車で1時間強の病院に向かいました。

M病院からのお手紙を書いてもらっていたのです。
何かあったら、地元の病院に通えるように。
これまでの経緯を、宛先無しで。


結論から言うと、そこの病院では診てもらえませんでした。

●関東の病院に行く前に、こちらで治療していた病院があるのですから、
 そこに戻るのが普通でしょう、と。
●病院を転々としていて、それぞれの経緯が分かりません、と。
●どうして手術出来なかったのか等、初期の情報を持っているのは、
 元の病院でしょう?せめてそちらの病院からの紹介状、それから、
 S王病院、T医科大学病院、全ての医師から経緯を説明してもらわないと、
 こちらで治療は出来ません、と。
●腹水の治療なんて、どこでも出来ますよ。うちの病院だからって、
 特別に出来る事はないですよ、と。

若い先生で、言いたい事を散々言われました。
仰る事は、もっともです。
私だって分かっています。
でも、それでも主治医の元には帰りたくなかったのです。
T医科大学病院にもM病院にも、主治医からの紹介状は持って行きませんでしたから、どこか甘い考えもあったのです。
理屈ではなくて、私の賭けだったのですよ。

正直、ここまで来たら、これまでの治療経緯なんて関係無いじゃないか!というのが正直な気持ちです。


ズバズバ言われましたが、キツくたって事実だし、何も教えてくれない主治医よりはマシだろうと思い、主治医から紹介状を書いてもらう(イコール)一時だけ我慢する、という選択肢を考えました。

でも、主治医は、紹介状一つ書くにも数日かかります。
このまま腹水を放置することは出来ません。
主治医のもとに帰るしか選択肢は無い事に気付いたのです。



そして、私の賭けは惨敗で終わりました。


会計待ちをしながら、母と話し合いました。


 やっぱり、主治医の所に帰ろうか・・・。



そして、本日2軒め、主治医の元へ。

なんと、主治医は休暇中(一週間不在だそうです)。
別の消化器内科の先生が診て下さいました。

とても説明が詳しくこちらの不安点も全て聞いて下さる先生でした。
ここに、こんなステキな先生が居たんだ!
私と母は顔を見合わせた程です。
当然、主治医の代理扱いですので、基本的に担当にはなり得ませんが。。。

そして、またまた急遽入院。
(いつもいきなりです。)


今日はCTを撮り、血液検査、レントゲン、エコーを済ませ、夕方には腹水を採取し腹水の原因を調べてくれるそうです。
若い先生ですが、身軽で丁寧、患者の為に一生懸命な先生です。

どうか、このまま良い医者で居て下さい!と心から思いました。


   ↓ いつも力を頂いています!たくさんの情報があります!

にほんブログ村


[PR]
# by roll1822 | 2017-08-14 20:41 | 膵臓がん | Comments(10)

病院に行けなくなりました


明日は、T医科大学病院の予約の日だったのです。
午前の予約なので、午後はM病院にフラッシュに行こうと思っていました。
結局、フラッシュは週一で来て欲しいと言われたので(M先生とT先生で意見が異なります)。

でも、今日母に会いに行くと、行きたくない様子。
行ける自信が無いのだと。

とてもだるい日々が続いているようです。

明日日帰りで、新幹線の切符を二人分予約していたのですが、即キャンセルしました。

もう少し落ち着かないと行けません。
やっぱり病院が遠いと億劫ですね。。。



そして、妊婦のようなお腹にビックリしました。
昨日から今日にかけて急激にお腹が大きくなったようです。

明日は、地元の病院に行く事にします。
紹介状も何も無いので、初診で行きます。

どうか良い病院でありますように。
良い先生と巡り会えますように。
何か治療方針が見つかりますように。



   ↓ いつも力を頂いています!たくさんの情報があります!

にほんブログ村


[PR]
# by roll1822 | 2017-08-13 22:28 | 膵臓がん | Comments(6)

癌難民です


3年10ヵ月、色々な治療を転々とした今、方法論は自分で決めるしかなくなってしまいました。

それぞれの治療の結果が見えているうちは頑張れたのです。
でも、そろそろどうすべきかを悩んできてしました。


治療を諦めるか、
主治医の言う通りにするか、
私のように自分の判断で病院を転々とするか、、、
・・・正解なんて無いんですけどね。。。


私と母は今、癌難民です。


ちょうど1年前、主治医から「もう出来る事はない。」と、痛くもないのに緩和ケアを紹介され・・・。

いや、
そもそも癌が発覚した頃に、抗がん剤以外の治療を受けようと紹介状をお願いしたところ、「無駄だと思う。」と言われ、
・・・あの時から既に私達は主治医から逃げたかったのです。


主治医という位置づけが何なのかすら分からなくなってきました。
癌発覚~3年分の治療の経緯を知っているのは地元の主治医でしたが、ここ数ヶ月、地元の主治医はもう母の事を診ていません。



主治医の意見は聞かずに、ここまで生きた結果です。


色々な先生にお世話になりました。
今お世話になっているのはHIFUの先生と、動注の先生。
それらの治療の経緯を、地元の主治医は知らないわけで、、、
それでも、主治医は、主治医なんですよね。

悩んだ事を相談する相手はたくさん居ますが、結局、オールマイティーに判断出来るのは主治医であるべきのようです。
それが医師の世界である事をよく知りました。


これからどうしようか・・・。



でも、後悔はしていないんです、癌難民でも。
難民でも意志はしっかり持ち続けます。

次は、紹介状を持たずに、新しい病院に行ってみる計画中です。
母が苦痛を感じない距離の範囲で。


   ↓ いつも力を頂いています!たくさんの情報があります!

にほんブログ村


[PR]
# by roll1822 | 2017-08-12 22:59 | Comments(6)

「今生きていること」が希望なんです


人様のブログネタで大変申し訳ありません。

「何の希望があり、生きるのですか?」



実は、私もずっと引っかかっていました。


私の場合、
癌なのは私自身ではなく、母です。
だから、私が「母の為」と思ってやっている事が正しい事なのか、時々分からなくなるのです。

母は、実は色々な治療を受けたくないんじゃないか。
ゆっくり家で休養したいんじゃないか。
実は、ものすごく辛いんじゃないか。
・・・私が母を振り回しているんだろうか。。。

だから、
「何の希望があり、生きるのですか?」
という問いにすごくつまづいたのです。


希望・・・
希望はありました。4年前からずっと。
治るかもしれない、絶対治してやる!と、ずっと奇跡を信じて最新治療を探し求めて来ました。

でも、
やっぱり癌は曲者です。強敵です。
完治は難しい。。。


「何の希望があり、生きるのですか?」
・・・私も他人に言われたら、何と答えよう。


ちょっと考えたら、すぐに答えが見つかりました。
私の答え。

” 今生きていること” が希望そのものなんです。

希望は、”今生きていること ” なんです。

今、話が出来ること
今、顔が見れること
今、ここに居ること

生きてくれている ”今” が、希望そのものです。

日本語がおかしいですね。

でも、未来だけが希望じゃない。

私は、今、母と話が出来る事がうれしい。
母は、今、普通に生きられている事がうれしいはず。

「何の」も何もない。
生きて欲しいのです。
側に居て欲しいのです。

母が、生きたいと思う限り希望はあります。
私は、生きたいと思う母を支え続けます。


昨日、母に電話をしたら、
「今から、チャーシュー麺食べに行ってくっからよ。力つけないとよ!」
と、ニンニクたっぷりの「くるまや」に、ラーメンを食べに行きました。

夜電話をしたら、
「チャーシューを4枚食べられた!」
と嬉しそうでした。
母は、驚くほどに頑張っています。


今日は、私が仕事だったので、次男のお世話を実家にお願いしました。
「ばあちゃんが、筋子おにぎり作ってくれたんだよ!」と嬉しそうに次男が教えてくれました。

日々の小さな事が嬉しいです。
私も母も、家族みんなが嬉しい。

小さな事が、幸せです。
それら全てが、希望です。



   ↓ いつも力を頂いています!たくさんの情報があります!

にほんブログ村


[PR]
# by roll1822 | 2017-08-11 22:00 | 膵臓がん | Comments(4)

嬉しくない退院


本日、母は無事に退院しました。

大宮駅までは、叔父が送ってくれました。
仕事中なのに、いつもありがとうございます。

新幹線は、母ひとり。

駅までは父が迎えに行きました(多分ホームまで)。

駅に着くと、早速母から電話が来ました。

  母:「大宮駅が、かなりこわかったなぁ・・・」

方言で、”つらかった”という意味です。



もう以前のようには歩けないんだね・・・。



  母:「腹水の事、T先生に相談したらよ、
      抜くしかないって言われたんだ。」


つまり、M病院では、腹水の処置は全く考えてくれないようです。
動注は動注、その他の治療をする場所ではない、という事でしょうか。。。



どうしたら良いか、とても悩んでいます。

宮城のハイパーサーミアのY田先生に相談してみようか、T医科大学病院のS尻先生に相談してみようか、それとも主治医かな・・・。


とりあえず、来週、T医科大学病院に行く予定ですので、まずはS尻先生に相談してみます。

でも、T医科大学病院は、HIFU治験の為の病院だから、それ以上の治療やアドバイスは期待出来ないのかもしれません・・・。

早いところ、M病院から宮城のT大学病院への紹介状を書いてもらえないかとも考えています。

もうすぐ4年、、、
約4年間、母と二人で走り続けて来ました。

ペースダウンです。
母が疲れきってしまう前に。


   ↓ いつも力を頂いています!たくさんの情報があります!

にほんブログ村


[PR]
# by roll1822 | 2017-08-09 22:59 | 膵臓がん | Comments(11)

2013年10月、母の膵臓癌が発覚。ステージⅣaですが、3年間元気に生きています。最新治療ナノナイフの経過を記録していきます。


by roll1822
プロフィールを見る
画像一覧