転院希望。在宅医療も出来ますか?


昨日、病院に、転院の相談をしました。
治療が無くなった今、近くの病院に居て欲しいからです。
毎日顔を見たいからです。

我が家から数分の病院。
長男の通学路の途中にあるほど近くの病院です。
実家からは車で15分くらいだし、母の実家からは車で5分くらい。
評判は悪い病院ですが、改装したばかりで綺麗だし。

今の病院からの転院には不安もあるでしょうが、母は分かってくれました。
今の病状を母には話していないので、うまくうまく説明して、前向きな転院って事に。

まだ、受け入れ可能か、回答待ちなのですが。。。



その間、皆様からのコメントで「在宅医療」を教えて頂きまして。。。

そういえば!
この病院が今月から「在宅医療」を宣伝し始めた事を思い出したのです。
先週、地元の情報誌で見つけて、いつかお世話になるかと思い、ちょうど切り抜き壁に貼っていたのです。

今日、早速、看護師さんに電話をしてI先生に相談してもらいました。

すでに難しい状況かもしれませんので、まずは可能性をI先生に相談したい、との事。

母は、14日に軽い気持ちで病院に来たのです。
朝、仏壇の前のメロンを見て
「帰って来たら食べたいから、取ってでけろな。」と叔母に言ったくらい。

それなのに、当日入院。家に帰る事なく、・・・これからも帰れないなんて。
こんな事なら、当日入院ではなく、明日からお願いします!って言えば良かった。

家に帰してあげたい。どうしても。


でも、母の病状は想像以上に悪いと思います。

転院か。在宅医療か。
いずれにしても、まだ元気でいてね。



   ↓ いつも力を頂いています!たくさんの情報があります!

にほんブログ村


[PR]
# by roll1822 | 2017-08-19 20:43 | 膵臓がん | Comments(7)

いきなりの腹膜転移と肝臓転移


一ヶ月前は、何ともなかったのです。
転移もなかったし、腹水も無かった。
ただ、動注を始めてからはずっと、食事が出来なくなっていました。
これは、5-FUの副作用だとしか思っていませんでしたので、いずれ治まるだろうと思っていました。


7月中旬にM病院から退院した母は、食欲が無いからと近所の町医者で点滴を繰り返していたのです。
ご飯が食べられない時は、点滴をしてもらって!とM病院の看護師さんに言われていたのです。
後から考えれば、体の弱っている母に大量の輸液はかなりの負担だったと思います。
血管が処理出来なかったのではないか?
これが腹水の原因ではないか?と思っていたのです。


7月末、退院から1週間しか経っていないのに、急な体調不良でM病院に急遽入院。
重度の貧血で輸血をしました。
その辺りから、お腹は膨らみ始めていたのです。
つまり、お腹の膨らみに気付いてから、まだ一ヶ月も経っていないという事です。

その後食欲は回復しないものの、M病院にてCTと胃カメラで出血の有無を確認後、一時的な出血だったのであろうという事で、8月9日に退院。
8月13日に母と会い、お腹の膨らみに驚き、14日に急遽主治医のいる地元の病院に行きました。
当日入院し、まだ5日しか経過していませんが。。。

日に日に悪くなっていきます。


M病院では、どうして腹水を放置されたのでしょうか。
こんなになるまで放ったらかしにされて・・・。
何度も何度も相談したのに、明確な返事はもらえず・・・。
動注だけが専門だとしても、何かアドバイスがあっても良かったのに・・・と考えてしまいます。


昨日、現在の病院で、腹水の成分を調べた結果、「癌」によるものである事が明確になりました。
つまり、腹膜転移です。
赤色で、ものすごくドロドロしている腹水だったそうです。
かなり進行していると言われました。

そして、肝臓にも転移していると言われました。

CARTの相談もしてみたのですが、あまりにドロドロしすぎて、分取出来る成分は極わずかだろう、と。
腹水だけが問題ではないので、すぐに諦めました。。。


●腫瘍の血管への巻き込みも大きくなってきている為、今後血管が詰まる可能性もあるし、腸閉塞の可能性もある。

●腹水は、いきなり抜きすぎる事は出来ないので、苦痛でない程度に少しづつ週単位で抜く対処法しか術がない。

●出血の原因は分からない。
 M病院で調べてくれたが、胃カメラの届かない場所であった可能性もあるし、何より今検査をするのは危険なこと。


母は食事が出来ない所が、歩く事も出来なくなりました。

少しずつ痛みも出て来ているようです。
一番辛いのは、お腹の張りだそうですが。


13日は、実家の庭でバーベキューをしました。
お墓参りにも行って花火もしました。
お肉が足りなくなって、私と二人でお肉を買いに行きました。
母は、毎年恒例の芋煮を作ってくれました。
辛そうでしたが、歩けたし、食べられました。

まだ5日です。
こんなに急に命は消えようとするのですか?



   ↓ いつも力を頂いています!たくさんの情報があります!

にほんブログ村


[PR]
# by roll1822 | 2017-08-18 22:27 | 膵臓がん | Comments(15)

もう家には帰れません


今日、病院から呼ばれました。
夜、兄と二人で担当医に会って来ました。
腹水の検査結果と、今の状況、これからの話です。

悪い悪い話でした。

もう家には帰れないみたいです。

利尿剤は効果がなく、今日は腹水を1L抜きました。
特に楽にはならないみたいです。
もう食事は一口も出来ません。

でも、よくしゃべります。
家の事が気になるようです。


もう一度だけ、家に帰してあげたいです。


   ↓ いつも力を頂いています!たくさんの情報があります!

にほんブログ村


[PR]
# by roll1822 | 2017-08-17 21:06 | 膵臓がん | Comments(10)

どんだけの覚悟が必要なのか



母に、自宅の寝室を変える提案をしました。
母の寝室はずっと2階でした。
でも、そろそろ無理ですよね?
一人で寝かせておくのも不安だし。。。

 roll:「1階のばあちゃんの部屋に引っ越そうよ。」

母は、きちんと分かってくれました。

 母:「タンスとか運ぶのは難しいべなぁ。鏡台は捨てでも良いは。。。」

 roll:「タンスは置き場所あるから、なんとか運べんじゃない?
    その方が良いべ?」


私は寂しくて寂しくて、一つ一つの覚悟が辛いです。

今日から会社が始まりました。
気を抜くと、どうしても辛いです。



主治医は、まだ休暇中。
担当のI先生が治療してくれています。

母は、昨日から、利尿剤を注射してもらっています。
I先生は悩んだ末、利尿剤の使用を考えてくれたようです。

更に昨日は、お腹に麻酔をして腹水の成分検査の為に水を少し抜きました。
検査結果に一週間くらいかかるとか。。。



母が、昨日から便が黒かった、と不安がっていました。
昨日入院してから、自分の薬を全部薬剤部に預けたため、いつもの薬が飲めていません。
その中に止血剤を入っていたのですが、1日飲まないだけで出血するなんて考えられないのですが。
母は、薬を戻してもらうように希望を出しました。
経口は辛いだろうと、今日から止血剤の点滴が開始されたようです。
でも、腹水に点滴は良くないのにな・・・。
私は錠剤が良い・・・。

やっぱり、どこかから出血しているんだな。
どこだろう。

腹水だけが悩みではありませんでした。

この病院では原因究明を行ってくれるのか・・・。
でも、原因が分かった所で治療はしてくれるのか・・・。
多分、それは無いし。。。

それに、何より、既に母が弱っていくのを感じています。




   ↓ いつも力を頂いています!たくさんの情報があります!

にほんブログ村


[PR]
# by roll1822 | 2017-08-16 21:12 | 膵臓がん | Comments(8)

二つ目の覚悟


T医科大学病院やM病院は、前向きに治療をしてくれます。
でも、地元の病院では、そういうわけには行かない事を覚悟していました。

1年前、
TS-1とジェムザールの後は、出来る抗がん剤が無い、それが現在のガイドラインだ、と言われましたので。

主治医のもとに戻った以上、もう何の治療も出来ないであろうと覚悟はしていました。

さすがに、次はここに行きたいなんて希望を言えば、相当呆れられるでしょうし、何より母の病状がそれどころではないわけで・・・。



本日、母が検査に行っている間、私一人が診察室に呼ばれました。

母の前では言わない方が良いかと思い気を使って下さったようです。
お心遣い、ありがとうございます。

内容は、CT画像を見ながらの説明。
●想像以上に腹水が多い。以前のCT画像とは全く違うから、急に進行したのだろう。
●肝臓に転移した可能性もある。もともと肝臓に水疱があったが、今回のは様子が違う。
●腹水の原因は検査してみないと分からないが、きっと癌性腹水だろう。
●癌性腹水の場合は、利尿剤は効かない事が多い。むしろ腎臓に負担をかけて症状が悪化する場合もある。
●腹水は完全には抜けないし、抜いてもすぐに繰り返すだろう。
●今後は抗がん剤は考えずに、どうやって痛みを取るかを考えて行こう。
●もう動注をすることはないだろう。
●最終的には、どこで治療したいか?→roll:地元です。
●緩和治療で放射線なども出来るから、放射線科の先生とも相談していこう。

すごく優しい言い方で、しっかり私の目を見て説明して下さいましたので、落ち着いて聞けました。
突かれたら、涙が溢れそうで、呼吸をひたすら整えました。

ポートが入っているから、フラッシュの為にM病院に毎週行かないといけないのかもしれない、と相談しました。
詳細はこちらから連絡を取って治療の内容を聞きます。
フラッシュくらいなら、ここでも出来ますし。
最悪、ポートを抜かなければならないかもしれない。


痛い思いをしてポートを入れたのに・・・。
一発で、“効果無し”の判定が出たので、継続しても意味が無いのでしょう。
HIFUは?
→HIFUは抗がん剤があってのHIFUだから、ダメでしょうね、きっと。。。


治療終了。


3年10ヵ月に渡る癌治療、私の治療探しは終了の時が来たようです。


今日、何人もの看護師さんに話しかけられました。
母は、この病院でたくさん助けてもらっていたのです。
母が落ち着いて待合室に座っているのをひしひしと感じました。
乳がんになった44歳から、ずっと通っている病院ですから、落ち着いて当然ですよね。
ここに戻って来て良かった、と思えました。


そして、看護師さん達は、私にも話しかけるのです、会う人会う人。

「お母さん、頑張りたいって言ってるんですよ!」

・・・お願いだから話しかけないで、と思いました。
こういった状況には慣れていたはずでしたが、今回は、しんどかったです。

いつもなら、ダメでも次の治療があるから!って次々選択肢を考えて来たのですが、今回はもう次の準備をしていません。

私が頑張るほど母が辛そうですし。
結局、医師は嫌いでも、この病院は好きみたい。



   ↓ いつも力を頂いています!たくさんの情報があります!

にほんブログ村


[PR]
# by roll1822 | 2017-08-15 13:24 | 膵臓がん | Comments(2)

2013年10月、母の膵臓癌が発覚。ステージⅣaですが、3年間元気に生きています。最新治療ナノナイフの経過を記録していきます。


by roll1822
プロフィールを見る
画像一覧