兄の電話で暗い気持ちに。。。


珍しく兄から電話が来ました。

私と兄は二人兄弟で、兄は母の隣りに住んでいますが、自営業であり、休みも不規則な為に、滅多に会う事はありません。

でも、やっぱり兄弟なので、母の病状や治療については、ポイントポイントで二人で語り合います。
兄の言葉に助けられる事もしばしば。。。
・・・というより、自信が無くなる私をいつも励ましてくれるのは、兄。

”俺はお母さんの近くに居る、毎日顔を見ているから分かるんだ!”と言い張って、母は大丈夫だといつも励ましてくれるんです。

母の治療を悩んでいる私には、「俺もrollと同じ考えだ。」と言って後押ししてくれるんです。



そんな兄が、いつになく不安そうに電話をしてきたのです。

 「なんだか、母の顔がゲッソリしている。」と。
 「いきなり痩せた気がする。」と。

私が先週会った時はいつも通りだったけど。。。



今週の血液検査で、腫瘍マーカーが上昇した事が、相当ショックだったらしいのです。
兄は、励ましの言葉が見つからないと。
いつになく、兄らしくなく。

 「来週から新しい治療を受けるんだから期待するしかないよ。」と言ってみたものの、、、

兄も相当不安なようです。

 「三度目の癌だし、、、今回も治ると思ってた。」と。


兄が暗い事を言うもので、私も暗い気持ちになってしまいました。



まだ希望を持って、東京に行ってみたいと思うのです。


   ↓ いつも力を頂いています!たくさんの情報があります!

にほんブログ村


[PR]

# by roll1822 | 2017-04-14 23:46 | 膵臓がん | Comments(7)

この先どうしたら良いんだろう。


悩みます。
この先どうしたら良いんだろう。

腫瘍マーカーは、3年半ずっと凸凹を繰り返し、何とか維持してきました。
でも、今回の上昇の傾きはハンパないんです。

どうしたものか。。。

来週から、HIFUを始めるものの、HIFUだけに頼るわけにはいかないんです。

①抗がん剤は、このままアブラキンで良いのか?
 HIFUを始めれば、効果は異なるかもしれないけど。
 ここでフォリフィリノックスを始めるべきか?
 でも、もう後がない。使いたくない。
 いっそ、TS-1に戻ってみるか?

②新しい治療を試すか?試せるのか?
 治験を試したい。
 ナノキャリア(NC-6004)は受けられるのか?
 最近先進医療となったナブパクリタキセルとパクリタキセル腹腔内投与は受けられるのか?

③自由診療も考える?
 問題は、どこで何を受けられるのか?
 費用は、どの程度かかるのか?

④転院するか?
 今の病院は、将来性ゼロ。
 白血球を増やす為にグランを打って欲しいと言ったら、「うちには無い」と。


なんだか考える事がたくさんで、頭がいっぱいです。
なんとかしなくちゃ・・・。


母は、玄米ごはんを始めました。
腫瘍マーカーの上昇を少しでも抑える為に。。。




   ↓ いつも力を頂いています!たくさんの情報があります!

にほんブログ村


[PR]

# by roll1822 | 2017-04-13 23:06 | 膵臓がん | Comments(10)

腫瘍マーカーが、倍、倍、倍・・・参りました。


母から、がっかりの電話。

本日の腫瘍マーカー。

【CA19-9】 
 2017/01/11: 707.6 U/mL 
 2017/02/01:1409.3 U/mL 
 2017/03/07:2462.0 U/mL
 2017/04/12:5145.0 U/mL

【CEA】 
 2017/01/11:10.6 ng/mL 
 2017/02/01:15.6 ng/mL 
 2017/03/07:18.1 ng/mL
 2017/04/12:34.1 ng/mL



・・・すごい。
こんなに増えなくても・・・。

キレイに、倍、倍、倍です。
来月は、1万越えちゃうな。。。

参りました・・・。



今日は、アブラキサン&ジェムザール。
3月は1回しか受けていません。
久々の抗がん剤。
だけど、もう効かないんだろうな。。。



   ↓ いつも力を頂いています!たくさんの情報があります!

にほんブログ村


[PR]

# by roll1822 | 2017-04-12 21:44 | 膵臓がん | Comments(10)

高濃度ビタミンC注の不安


ビタミンCの大量摂取は、『尿管結石に影響する事もある』とのコメントを頂きました。
おそらく経口投与で大量に摂取すると影響が大きいのではないかと思います。
サプリメントをたくさん飲まれている方はご注意下さい(主に男性ですけね?)。



高濃度ビタミンC点滴静注は、ハイパーサーミアの医師含め、否定的な医師達が多いのが現実です。
母の主治医も、きっと鼻で笑うと思いますので、内緒で受けています。
東京の大きな病院では、あれは良いかも、と認めた医師もいますので、考え方は様々なようです。



母は、高濃度ビタミンC注後に血糖値が500mg/dlなった事を非常に不安視しています。
抗がん剤を受けた後も高血糖になる為、同じ週に両方受けるのは怖いと言います。

今日、病院で看護師さんに相談したところ、
ビタミンC注にブドウ糖が入っているんじゃない?と言われたとのこと。

確かに、注射剤の場合、等張化剤としてブドウ糖を用いる事がありますが、ビタミンC治療に糖を用いるわけがありません。
ビタミンC治療は、糖分を敵としていますから。

どうしても疑問に思ったので、母の使っている血糖値測定メーカーに電話してみました。
コールセンターです。

結論・・・
●ビタミンCが測定値に影響を与える可能性がある事が分かっている。
●まして高濃度となれば、正しい数値を測れていない可能性がある。

因みに、測定原理・・・
本品は、血液中のグルコース濃度を酵素電極法により測定するための測定器である。血液は専用センサーの先端から毛細管現象により吸引され、全血中のグルコースが、センサーの試薬部分に含まれるグルコースオキシダーゼ(GOD)と特異的に反応してフェリシアン化カリウムを還元し、血液中のグルコース濃度に応じた量のフェロシアン化カリウムを生成する。このフェロシアン化カリウムが電気化学的に酸化することによって生ずる電流を測定することにより、グルコース濃度を求める。



・・・私はスッキリしましたが、やはりメーカーでは、最終的に医療機関に相談して下さいと言います。



思わず、
 「そういった測定機器の特性を、医療機関はご存知なんでしょうか?」と聞いてしまいました。

オペレーターさんは、
 「えっ、ご存知だと思いますが・・・。」


・・・知らないと思いますけど。。。


調査の結果、アスコルビン酸(ビタミン C)、アセトアミノフェン、サリチル酸塩、尿酸等の還元物質は、血中に高濃度で存在すると、数値に影響を与える場合があるようです。

ただ、日常的に、自分で血糖値を測定するインスリン患者にとっては、測定値が高い事は不安極まりありませんので、そういった状態にならない事が望ましいと思います。
必ずしも、測定器の問題ではない場合がありますので。

結局、母と話した結果、抗がん剤とビタミンCは血糖値の観点から、同時期には投薬しない事としました。




   ↓ いつも力を頂いています!たくさんの情報があります!

にほんブログ村


[PR]

# by roll1822 | 2017-04-11 22:04 | 膵臓がん | Comments(6)

高濃度ビタミンC注の効果を感じる


土曜日は、高濃度ビタミンC点滴静注とハイパーサーミアの組み合わせ治療を行いました。
いつもは、ハイパーサーミアを週一で行っているのみで、ビタミンCは二年前に一年くらい続けたっきり、継続はしていませんでした。
何せお金が続かなくて・・・。

しばらく抗がん剤を休んでしたので、なんとなく久々にビタミンCとの組み合わせを行ってみたのです。

日曜日に母と会うと、

  「ビタミンC注したらよ~、体が楽なんだず。」


アブラキサンが残っていると、足元がふらつくんだという話は前から聞いていました。
ところが、ビタミンC注を受けた次の日は、朝からしっかり歩けるんだと。
しかも、体がキシキシしないんだと。

そして、何より、体があったかい。体温は、36.8℃。

  「ビタミンC、たまにしてみっかな。」

継続していた時は、良さを感じる事が無かったビタミンC注。
久しぶりに注射してみたら、明らかに効果を感じるというのです。

プラセボ効果?
でも、体温が上がったのは事実。

やっぱり良いと思うんです。高濃度ビタミンC点滴静注は。

ただ、土曜の昼過ぎに血糖値を測ったら、高い数値を示してビックリ。
夜には、自然と戻ったそうですが。
ブドウ糖とビタミンCの構造が類似している為に、酵素と反応してしまったのかな?という素人の推測です。
測定機構の問題なのかなと。

たかがビタミンC、されどビタミンC。

因みにサプリメント好きの医者には、経口のビタミンCも薦められますが、購入していません。

高濃度ビタミンC注の良い所は、静脈注射であることです。




   ↓ いつも力を頂いています!たくさんの情報があります!

にほんブログ村


[PR]

# by roll1822 | 2017-04-10 20:06 | 膵臓がん | Comments(4)