とうとう体重が減り始めた・・・


膵臓癌が発覚してから、まる3年、、、
母の体重は46kgを維持していましたが、とうとう減り始めました。

現在は、43kg。

TS-1の時は、食欲がない中、なんとか無理矢理食べていました。
今は、美味しくご飯が食べられているはずです。



 私:「なんでかなぁ。」

 母:「カロリー制限してるからだべ。」



確かに、インスリンを始めてからカロリー制限していますが、、、

太っている人なら覿面効くと思いますが、痩せている人はもっと痩せるものなのですか?

そうなのかなぁ・・・仕方ないのかなぁ・・・。

糖制限をしている限りは、痩せ続けるものなのでしょうか?

インスリン&糖制限を始めてから、まる2ヶ月。3kg減。

母は、しょっちゅう体重計にのっています。



私は増える一方なんですが・・・。

015.gif015.gif015.gif


   ↓ いつもありがとうございます!いつも力を頂いています!
にほんブログ村 病気ブログ すい臓がんへ
にほんブログ村

[PR]

# by roll1822 | 2017-02-15 23:03 | 膵臓がん | Comments(8)

「薬のやめどき」教えます。


週刊誌で見つけた記事、、、

 027.gif「薬のやめどき」教えます027.gif


その中で提唱される「薬のやめどき」の例

★抗がん剤
・治療開始から2週間後に体力が落ちた
・体重が治療前より15%減少した
・うつ状態が疑われるとき
・1回治療を休んだら楽になった

★降圧剤
・75歳以上で糖尿病があり血圧が120未満
・時々上の血圧が100を下回る
・食後、排尿後に低血圧でふらついて転んだ
・むくみや徐脈などの副作用が目立つ

★コレステロール値
・70歳過ぎて筋肉痛、筋力低下が気になる
・年齢と共に自然に
・コレステロール値が下がった
・ダイエットが目標値まで成功した

★糖尿病薬
・低血糖/低血糖発作が起きた
・75歳以上でHbA1cが6%未満
・服薬管理ができなくなった


生活習慣病と抗がん剤が並べられる事に若干の違和感を感じますが、結局の所、”ずっと飲み続けるもの”という観点では、同じ取扱いになってしまうのですね。

当たり前・・・と言わざるを得ないものもありますが、”薬をやめる覚悟”って、結構な勇気です。
副作用に耐えられない時が「やめどき」・・・そう考えるのが、最も単純です。

膵臓癌との共存、、、何が効いているのか分からない今、サプリメントすらやめられないのが現状ですよ。


   ↓ いつもありがとうございます!いつも力を頂いています!
にほんブログ村 病気ブログ すい臓がんへ
にほんブログ村

[PR]

# by roll1822 | 2017-02-14 22:47 | 膵臓がん | Comments(0)

腫瘍マーカーは成績発表。長い長い受験生。


ナノナイフ治療を受けて、3ヶ月が経過しようとしています。

その後、インスリンと、アブラキサン+ジェムザールを継続中。。。

アブラキサンの副作用が強い為に、休み休み抗がん剤を繰り返しています。



先々週、血小板の数値が極端に下がった時、腫瘍マーカー:CA19-9は、1400まで上がりました。



普段、滅多に口を開かない感じの悪い主治医が、

  「少し痛むんじゃない?」

と、いつになく的確な質問。



母は、少しの間、膵臓に痛みを感じていたのです。

  「東京の治療のせいかなぁ。。。」



なんだ・・・主治医!
少しは、ナノナイフの事を考えてくれていたのか・・・?
久々に、主治医を少し見直しました。




その後一週間経過し、先週からまた無事にアブラキサンが再開しました。


こんな日常の繰り返し・・・。

腫瘍マーカーの検査結果で、一喜一憂。

学校の成績みたい。。。

長い長い受験生。。。

   ↓ いつもありがとうございます!いつも力を頂いています!
にほんブログ村 病気ブログ すい臓がんへ
にほんブログ村

[PR]

# by roll1822 | 2017-02-13 20:45 | 膵臓がん | Comments(2)

「オプジーボ」のライバル。


2014年に日本で承認され、一部の末期癌にも効果があり「夢の新薬」と言われた小野薬品工業の「オプジーボ」。

そして昨年、「オプジーボ」と同じ悪性黒色腫(皮膚癌の一種)と肺癌に対する効能で承認を取得した米メルク社の「キイトルーダ」。

癌細胞を攻撃するこれまでの抗がん剤とは異なり、患者の免疫機能を高める事で癌細胞を縮小させる点では、「オプジーボ」と同じ。

つまり、ライバル

キイトルーダ」は、個別の癌細胞を狙い撃ちするだけではなく、体内の免疫細胞に作用する為、発症部位に関係なく様々な癌に効く”汎用性”の点で、「オプジーボ」を上回る可能性があるとのこと。

現在は、胃がん、大腸がん、食道がん、肝臓がん、前立腺がん等を対象とした臨床試験が国内で進められている。

気になるのは薬価。
製薬業界では薬価が話題になっています。

キイトルーダ」の薬価は、「オプジーボ」と同額程度ではないかということ。
オプジーボ」は昨年の薬価問題で半額まで下がり、年間3500万円(体重60kgの患者)から1750万円に。
それでも、相当高いですけど・・・。

良い薬剤が増えてくれば、価格競争で薬価も下がります。
きっと、新薬が次々と出てきますよ。



手術、抗がん剤、放射線に続く「第4の治療」と呼ばれる日が近いのでは?


製薬会社は頑張っています。
承認を取得するのは容易な事ではないのです。



   ↓ いつもありがとうございます!いつも力を頂いています!
にほんブログ村 病気ブログ すい臓がんへ
にほんブログ村

[PR]

# by roll1822 | 2017-02-12 16:44 | 膵臓がん | Comments(2)

母の主治医にキムタクの爪の垢でも飲ませるか。


今期、私が見ている連続ドラマ、
 キムタク主演の『A LIFE~愛しき人~』。



世間の評判は今一歩のようですが、私は割りとハマっています。


キムタクは医者の役。

・・・医者というより、キムタクの役・・・?。


でも、それで良い。
格好良いです、キムタクは。

別にファンではないんですけど。。。


キムタクは世界的に腕の良い外科医。



  ”俺の大丈夫には根拠がある!”



前々回の放送で、キムタクが言ったセリフ、母の主治医に爪の垢でも飲ませたい・・・。
ぜひ!


そして、つい独り言を言ってしまいました。

  「お母さんの癌も切ってくれないかなぁ。。。」



それを聞いていた旦那さん、、、

  「キムタクは医者じゃないからな。。。」



・・・ですよね。

・・・わかってます。ドラマですから。




   ↓ いつもありがとうございます!いつも力を頂いています!
にほんブログ村 病気ブログ すい臓がんへ
にほんブログ村




[PR]

# by roll1822 | 2017-02-09 21:04 | 膵臓がん | Comments(2)