<   2017年 05月 ( 21 )   > この月の画像一覧

これです!長生きの秘訣は。


長男の小学校の運動会がありました。
長男は6年生なので、小学校最後の運動会。
今年は、青組の組頭を務めました。

次男と二人で、100M走を見ていると、後ろから突然、父と母が現れた!
行くとか来るとか予告もなく、突然来るもんだ!
電話くらいしてくれれば良いのに・・・。
大勢の人の中、よく私達を見付けたものです。

学校付近は駐車禁止なので、ちょっと離れたホームセンターに車を置き、歩いて来たらしい。
そして、長男の100M走 2位に満足すると、今度は高校3年の孫の陸上記録会の応援に向かいました。



アクティブ!!



フラ~っと突然現れて、あっという間に居なくなる・・・。
ゆっくり見物もせず、次は別の孫の応援へ・・・。



これです!長生きの秘訣は。



(・・・とは言っても、癌になってしまいましたけど・・・)

約束はしないんです。
誰の手間もかけずに、やりたい時にやりたい事をやる!
見たい時に見たいものを見る!

母は、忙しい人生を送って来ましたが、癌になった今もなお忙しい。
でも、きっとそれが母の生き方なのでしょう。
いつもそれに振り回される父。



それが二人の元気の源です。




   ↓ いつも力を頂いています!たくさんの情報があります!

にほんブログ村


[PR]

by roll1822 | 2017-05-30 22:04 | 膵臓がん | Comments(0)

がんとの闘い 筋肉が大事


本日、新聞で見付けたちょっとした話題です。

がんとの闘い 筋肉が大事

患者ががんと闘うためには、栄養状態十分な筋肉量がとても大切であることが分かってきた。筋肉が減ると、手術後の合併症が増えたり、抗がん剤の副作用が強まって治療の中断を余儀なくされたりすることが、研究から明らかになっている。専門の医師や管理栄養士は「がんだから痩せるのは仕方がない」と諦めず、専門家の指導を受けて体重維持に努めることを強く勧めている。 

■エネルギー生む 
がん治療と栄養状態の関係に詳しく、がん研究会有明病院(東京)で栄養管理部長も兼ねる比企直樹・胃外科部長によると、肥満は手術の難しさにつながり術後に悪い影響があると考えられていたが、実際は逆だという。「がん手術後の生存率は、体格指数(BMI)25以上で肥満と判定される人の方が良好だった。栄養状態が良いことが関係していると考えられる」と比企さん。どのような手術でも、術後は回復のエネルギーを生み出すために筋肉が分解されて体重が減りやすい。肝心なのは脂肪を除いた筋肉が十分にあることで、手術に耐え、速やかに回復する余力が生まれる。患者自身ができることは何か。比企さんは「食べて動いて、筋肉の貯金をつくりましょう。筋肉は休めるとすぐ衰える半面、鍛えれば維持できる。高齢者には散歩を勧めている。効果が高く、体への負担は小さい」と話す。運動の際、分岐鎖アミノ酸(BCAA)という栄養をスポーツドリンクなどで補うと回復が早まり、筋肉が維持されやすいという。 

■副作用にも影響 
栄養が不足して筋肉が減ると、術後の補助化学療法の副作用が強くなるという研究結果も相次いで報告されている。胃がんなどの手術後の補助化学療法として使われる「S―1」「5FU」などの抗がん剤は、再発を防ぎ、治る率を高めることが確かめられている。ただそのためには、一定の期間投与し続けることが必要だ。口内炎や下痢、白血球減少やそれに伴う感染症などの強い副作用が現れると、投薬の休止を余儀なくされ、ひいては十分な効果が望めなくなる。これまでの研究では、筋肉量が5%以上減少すると重い副作用が増え、抗がん剤を続けられる割合が大幅に減ることが分かっている。比企さんは「手術の後は痛みがあったり、だるかったりするが、筋肉維持の重要性が分かっているのに動かないのはもったいない。ふだん運動をしない患者は特に動かなくなる傾向が強まるが、そこが頑張りどころです」と励ます。
 
■指導を受けて 
ただ、特に消化器がんの手術では、おなかの調子や味覚が変わり、以前と同じ食欲を取り戻すのは簡単ではない。退院するには病院食の少なくとも7、8割は食べられないといけないが、病状によっては難しい。有明病院では管理栄養士が病棟に常駐し、患者の栄養状態を観察。治療と栄養状態の関係、より良い指導の方法を研究し、成果を論文発表するなどしている。同病院の管理栄養士の望月宏美さんは、退院直後と1カ月後の栄養指導を強めることが患者の体重維持に有効と考えて実践し、効果を確かめているところだ。「手術前は、食べられれば普通の食事でいい。特にタンパク質をしっかり取ってほしい」と望月さん。食べられない患者には、吸収の良い栄養補助剤を勧めたり、食べやすいレシピを紹介したりしている。「いったん痩せてしまうと戻すのはなかなか大変。栄養を補う方法はたくさんあり、早めに医師か管理栄養士に相談して、維持を目指すのが大事です」と話した。


分かってはいた内容だけど、記事にされると説得力があります。

元気な時に筋肉の貯金を作らなければなりませんね。

でも、抗がん剤で食欲が出ないわけで・・・
そんな簡単にはいかないよなぁ。
そういう体調も管理して下さる病院なら良いのだろうけど。

最近太り気味の私に、母は言います。

 「痩せるのは簡単だ。太る方が難しい。」


・・・


   ↓ いつも力を頂いています!たくさんの情報があります!

にほんブログ村


[PR]

by roll1822 | 2017-05-29 23:04 | 膵臓がん | Comments(2)

ランドセルを早く買おう!と焦る母


長男は小学6年生、次男は保育園年長です。

次男のランドセルを買うのを楽しみにしている母。
最後の孫(男ばかり5人目)だし、仕事ばかりでランドセルを見に行った事などないし。

今年は、土屋鞄で買ってもらう事に決まっています。


母は、急いでいます。

早くランドセルを買いに行こう、と。
6月には行きたい、と。
だんだん忙しくなるから、と。


焦らないで、お母さん!まだまだ元気の予定だから。


いつも、先の楽しみを考えていて欲しいと思います。

 桜はいつ頃咲くかな・・・とか、
 さくらんぼの手伝いに行こうかな・・・とか、
 お盆はバーベキューしようかな・・・とか、
 芋煮はの里芋はどこで買おうかな・・・とか、

いつもいつも先の事を考えて下さい。

それが、きっと励みになります。
それが、元気の源です。


ワクワクのランドセル、楽しみは早めないで、、、と思うのです。


でも、最近は、ランドセルを夏には買うのが当たり前みたい。
来月には予約しに行かなくちゃ、かな。


   ↓ いつも力を頂いています!たくさんの情報があります!

にほんブログ村


[PR]

by roll1822 | 2017-05-26 22:21 | 膵臓がん | Comments(4)

「ティーエスワン」のジェネリック


本日会社で回覧の記事。
製薬企業3社 「ティーエスワン」の後発品、適応不一致が解消

製薬企業3社は24日、大鵬薬品の「ティーエスワン」の後発品で追加承認を取得したと発表した。結腸・直腸がん、非小細胞肺がん、手術不能または再発乳がん、膵がん、胆道がんの適応が認められ、先発品との適応の不一致が解消された。この日発表したのは、沢井製薬の「エスエーワン」、MeijiSeika ファルマの「エスワンメイジ」、小林化工の「エスワンケーケー」。




ジェネリック医薬品が使えます。
薬価は約半分です。

ジェネリックは先発品と比べて、服薬のし易さ等の工夫は勿論のこと、品質面でも優れている場合があります。
近年のジェネリックは、先発の欠点を改善しているとも言われます。

でも、、、

なんとなく、抗がん剤の場合は、他の薬剤と違って、先発品から切り替える気がしないような・・・。

気の持ちようなんですけどね。
安価なのは助かるし。
国もすすめたいわけで。



   ↓ いつも力を頂いています!たくさんの情報があります!

にほんブログ村


[PR]

by roll1822 | 2017-05-25 22:08 | 膵臓がん | Comments(0)

”がん患者”、”がん患者”とうるさいです。


昨日、今日と、大西議員の受動喫煙の問題発言ニュースを、よく耳にするのですが。。。


”がん患者”、”がん患者”とうるさいです。


そもそも、受動喫煙に関しては、がん患者向けの対策ではないですよね?
健常人に対しても子供に対しても、みんなに必要な対策なのです。
がん患者の就労以前の問題ではないですか?


がん患者の就労は、ほんの一部の話に過ぎません。


我が家は、喫煙可能な場所で食事はしません。
子供を連れて行きたくありませんし、不快なだけです。
迷惑です。



受動喫煙を問題視するのは、がん患者だけではない事を忘れないで下さい。
本質からズレています。

受動喫煙を完全否定出来ない世の中に疑問を感じます。




「がん患者は働かなければいい」発言を一通り騒いだのですから、本質に戻って、しっかりした仕事をして下さい。


仲間の悪口、上げ足取りになると急に盛り上がる政治家達、何が仕事か分かりません。



  ↓ いつも力を頂いています!たくさんの情報があります!

にほんブログ村


[PR]

by roll1822 | 2017-05-24 22:46 | 膵臓がん | Comments(0)

重粒子線がん治療事業 赤字48億円


山形大が推進する「重粒子線がん治療事業」(2019年度診療開始予定)について、27年度までに単独の累積赤字が最大計48億8200万円に達するとの試算があることが16日、同大関係者への取材で分かった。同施設を運営する同大医学部付属病院の収支全体も赤字に転落する見込み。同事業は国、県が支援する先端事業だが、見直しを迫られる可能性がある。 毎日新聞が入手した試算資料などによると、同施設の収支は19年度の診療開始後、継続的に赤字を計上。23年度にフル稼働するが、27年度までの各単年度で3億8200万~5億8900万円の赤字となる。 27年度の同施設の収支を除いた同付属病院の累積収支は7億100万円の黒字。同施設の累積赤字は48億8200万円となり、全体では41億9100万円の赤字となる。同付属病院の収支を同施設が圧迫する構図となっている。 試算は群馬県の施設を先行事例とし、算出した。同県ではフル稼働の13年度に患者496人が治療を受けているとし、都道府県別のがんの罹患(りかん)者数などを勘案し、山大ではフル稼働の23年度の患者数を271人と算出したという。 この数字は山大がこれまでに想定していた「600人」に比べると半分以下となる。治療による収入が想定以下となる可能性が高いうえ、装置・建物保守維持費に年間6億4300万円が必要となるなどし、収支を圧迫するとみられる。 山大は佐賀県の先行事例でも、試算を実施。想定されるフル稼働時の患者数は440人に増加するが、27年度までの同施設単独の累積赤字は計8億9300万円で、黒字化は厳しいとみられる。広報担当者は毎日新聞の取材に「議論の最中であり、コメントできない」としている。 重粒子線がん治療は放射線治療の一種。特殊な装置が必要で、16年9月現在、国内では計5カ所で稼働中という。山大は15年度に治療装置の開発に着手した。建物・装置の整備に必要な事業費は15~18年度約150億円とされる。


大変な事業である事は分かっています。
でも、待っています!

東北は、誇れる治療が無いのです。
地元から脱出する勇気がなく、治療を諦める人が多いのです。

頑張れ、山形!

  ↓ いつも力を頂いています!たくさんの情報があります!

にほんブログ村


[PR]

by roll1822 | 2017-05-23 23:46 | 膵臓がん | Comments(0)

がん患者「働かなければいいんだ」


がん患者「働かなければいいんだ」 大西議員が発言謝罪

受動喫煙防止対策の強化策を議論した15日の自民党厚生労働部会で、大西英男衆院議員が「(がん患者は)働かなければいいんだよ」と発言していたことがわかった。大西議員は22日、取材に「がん患者や元がん患者の皆様のお気持ちを傷つけたことをおわび申し上げます」と謝罪した。 部会は非公開。朝日新聞の取材によると、飲食店の客や従業員の受動喫煙をどう防ぐかを議論する流れで、三原じゅん子参院議員が「患者側は店や仕事場を選べない。弱い立場のことをぜひ知ってほしい」などと述べた。それらに対し、「働かなければいいんだよ」というヤジのような発言があった。 大西議員は、発言が自身のものと認めたうえで「私は限定的に小規模飲食店の喫煙を認める考え。『働かなくていいのではないか』というのは、ごくごく少数の喫煙可能の店でのことについてだ。がん患者が働かなくてもいいという趣旨ではない」と主張した。発言の撤回はしないという。


発現の撤回はしないのか・・・。

確かに、「がん患者は働かなければいい」と言ったつもりはないのでしょう。
でも、どのように言いたかったのだとしても、納得出来る方向性はありませんよ。


時々酷い事を思う時がある・・・「癌になれ」・・・。


3年半前、母のセカンドオピニオンで、国立Gに行った時、
「もし私の家族が癌になったのなら・・・」という例え話をされた事がありました。
重粒子線も樹状細胞も全て否定されたのです。
やんわりと否定する為に、「自分の家族が癌だったら、そんな治療は選択しないよ」と。

私は、その時、その先生の話を信じてしまったのです。
国立Gですもの、きっと間違いない意見なんだと。


後悔。

・・・すごく後悔。


癌になってみないと、癌患者の気持ちなんて分かるわけがない。
身近な人が癌にならないと、癌患者の家族の気持ちなんて分かるわけがない。


分からないなら発言するな。
余計な事を言うな。


受動喫煙防止だけを必死に取り組めば良い。
受動喫煙を肯定する理由など何一つない。



   ↓ いつも力を頂いています!たくさんの情報があります!

にほんブログ村


[PR]

by roll1822 | 2017-05-22 23:01 | 膵臓がん | Comments(2)

TS-1と言えば、冷やし中華


昨日、母は夫さんとハイパーサーミアへ。

毎週、治療が終わると、二人で食事をして帰って来ます。
いつも同じ食堂に行きます。
中華も洋食もあって、好きなものを選べるランチありの居酒屋です。
オレンジジュースはオレンジを絞ってくれる洒落たお店で、長男も気に入っています。因みに長男は、いつも牛タン定食を食べるのを楽しみにしています。
約2年間通っている事を考えると驚きます。

いつもはトンカツなどお肉を選ぶ母ですが、昨日は冷やし中華。


あっ!冷やし中華!
TS-1と言えば、冷やし中華なのです。

3年前、TS-1の副作用で食欲が落ちた時、母がよく食べていたのが冷やし中華。
食欲が無くとも、冷やし中華なら何とか食べられる、と。

3年前、抗がん剤が始まって一緒に外食に行った時、母のあまりの食欲の無さに愕然とした事を思い出します。

あれから3年目の夏、またTS-1に戻り、今年もまた冷やし中華を食べています。

いよいよ夏の始まりですね。


   ↓ いつも力を頂いています!たくさんの情報があります!

にほんブログ村


[PR]

by roll1822 | 2017-05-21 14:06 | 膵臓がん | Comments(2)

母の主治医を褒め称える名医


そういえば、富士見市のM先生の初診で、、、

「すごいですね~、3年半も。。。さぞかし抗がん剤が体に合ったんでしょうね~。主治医の先生がとても良く対応して下さったんでしょうね~。」

「ここまで元気なのは、主治医の先生のお陰ですね~。主治医の先生に感謝しなければなりませんね~。」

「ここで治療を受ける事になっても、主治医の先生は信頼し続けて良いですよ~。」


褒める、褒める・・・!



母の主治医は、何のお陰にもなっていませんよ。
母にストレスをくれただけ。

既に1年前に、完全に匙を投げた主治医。
もう治療法は無いと言い放った主治医。


当然、M先生の仰る事を、黙って頷いて聞いていましたが、部屋を出た途端、母と二人で、、、

 「主治医は、な~んにもしてねよな。。。」


医者は、医者を褒めるのでしょうね。
M先生ほどの名医でも。。。



ま、良いんですけどね・・・




   ↓ いつも力を頂いています!たくさんの情報があります!

にほんブログ村


[PR]

by roll1822 | 2017-05-19 21:28 | 膵臓がん | Comments(6)

「笑い」はがん治療に効果あるのか?


今日、NHKを見ていたら、面白いニュースが。



「笑い」は本当にがん治療に効果あるのか? 検証研究スタート

「笑い」には免疫力を高めるなどの効果があるとされますが、がんで治療中の患者に漫才や落語などを見せて、よい影響があるかを科学的に検証する研究が大阪で始まり、落語家の桂文枝さんらが患者らを前に演目を披露しました。この研究は大阪府立病院機構の「大阪国際がんセンター」と芸能事務所の吉本興業、松竹芸能、それに米朝事務所が始めました。
がんで治療中の患者を2つのグループに分けて、ことし8月までに隔週で8回行われるお笑いの舞台のうち、すべてを見るグループと、半分だけ見るグループで体の免疫の機能などに違いが出るかを調べます。
初日の18日は通院中の患者40人が参加し、がんセンターのホールで、桂文枝さんと弟子2人の合わせて3人が落語を披露しました。文枝さんは居酒屋の客が、歯の治療をうけた際の体験や妻とのやり取りをユーモラスにぼやく創作落語を披露し、参加した患者らは声を上げて笑いながら楽しんでいました。
がんセンターによりますと、舞台には、プロの落語家や漫才師が参加するということで、結果は科学論文にまとめて発表するということです。


がん治療としては、明るい話題ですね。
「大阪国際がんセンター」が好きになりました。



そういえば、父も母も、あまりよく笑わないような・・・
私も笑わないかも・・・
子供の時は、よく笑ったものですけどね。

笑う努力をしてみましょうか。


   ↓ いつも力を頂いています!たくさんの情報があります!

にほんブログ村


[PR]

by roll1822 | 2017-05-18 22:20 | 膵臓がん | Comments(0)