<   2017年 03月 ( 31 )   > この月の画像一覧

腫瘍は4cm。胃まで5mm。それでも転移しない?


ナノナイフの成果が得られなかったショックが大きすぎて、喜ぶのを忘れていました。

今回も、

 ” 転移なし ”

それだけでも、喜ぶべきことなんだと思う・・・。

ナノナイフの手術前である昨年9月、腫瘍の大きさは 4×2.5cm でした。
ナノナイフが有効なのは3.5cm程度までです。
癌細胞の完全消滅は困難である事を承知で、ナノナイフを受けました。

ナノナイフがやっつけた癌細胞の死骸を、良い細胞達が再生してくれます。
術後3,4ヶ月かけて。
それよりも、ナノナイフが殺しきれなかった残った癌細胞の勢いの方が強ければ、腫瘍は小さくなりません。
つまり、母の場合は、良い細胞達よりも悪い細胞達の方が勢いがあった、という事なのでしょう。

そう考えると、よく転移しないな・・・。

母は重粒子線治療、適応外です。
重粒子線の場合、胃や腸から5mm以上離れていなければならず、母の場合は胃に近すぎました。
腫瘍が4cmに対して、あと5mm以内で胃に到達してしまうわけです。
そこまで接近していても、腫瘍は膵臓で留まってくれているというわけで・・・。

それだけでも、奇跡ですね。。。



2013年10月に癌発覚。
もうすぐ3年半になります。


癌細胞に寿命があれば良いのになぁ、といつも思います。

癌くん:
「オレ、ここに居るの、もう疲れちゃったなぁ」
みたいな・・・。



   ↓ いつもありがとうございます!いつも力を頂いています!
にほんブログ村 病気ブログ すい臓がんへ
にほんブログ村






[PR]

by roll1822 | 2017-03-11 14:11 | 膵臓がん | Comments(0)

皆様のお役に立ちたいなんて滅相もありませんでした!


ブログを書く事が習慣となり、毎日起こった事や感じた事を文章にする事で、自分自身の気持ちの整理が出来ます。

嫌な事はブログに書いて、すっきりリセット。
嬉しい事は高まる気持ちを文章にして、更なる幸せ。

私がブログを始めた理由、、、
 私の母は、膵臓癌ステージⅣaでも元気に生きています!
 そして、転移なく、最新治療のナノナイフを受けられる事になりました!
 どんどん良い治療が広まって欲しい!

・・・少しでも皆様のお役に立てたら、と思ったのです。


でも、、、
違ったんです。

ブログは元気をあげる場所ではなく、元気をもらう場所。。。

皆様と会った事もないのに、コメントを頂いたり、毎日ブログを読ませて頂いたり・・・。
自分の事のように喜んだり、落胆したり、涙したり・・・
こういうお付き合いってあるのだな、と母の病気を通じて知りました。

ブログで、皆様のお役に立ちたいなんて滅相もありませんでした!

皆様、、、
元気を、勇気を、希望を、いつもありがとうございます。


 ↓ いつもありがとうございます!いつも力を頂いています!
にほんブログ村 病気ブログ すい臓がんへ
にほんブログ村

[PR]

by roll1822 | 2017-03-10 23:01 | 膵臓がん | Comments(2)

どうしても希望が捨てられない・・・。


母の主治医はいつも嫌なヤツなのに、今回ばかりは優しかった。

「東京の先生は、東京医科大に居た専門の方だから、何か良い方法を見付けてくれるかもしれないよ。」

・・・

そうか、M先生のこと、調べたんだね・・・。
ちょっと、見直した。

主治医が、初めて母に希望を与えてくれた!
母が、主治医の言った事をどこまで信じたかは分かりません。
でも、絶望の中、母が落ち着いていられたのは、多分このセリフのおかげです。

ありがとう、主治医。


002.gif002.gif002.gif


今日一日、ナノナイフの成績を考えていました。

CTが全ての結果なのに、山王病院でM先生の診断に期待している自分が居ます。

★機械は”腫瘍増大”と言ったけれど、実はナノナイフが機械の判断出来ないレベルで、内部の腫瘍をやっつけてる!・・・とか。

★腫瘍は増大していても、少し位置がずれていて、胃から離れた為に重粒子線が出来ると!・・・とか。

★3~4ヶ月では、まだ小さくならない場合もあるんだよ!もう少し待ってみようよ!・・・とか。


・・・良いセリフばかりを期待してしまいます。

期待すると、悪い結果が待っている。
期待しない方が、良い結果になる。
・・・子供の時からそう考えて来ました。
逆の事を考えた方が良いって。



だから、

 期待するな・・・
 希望を持つな・・・
 期待するな・・・
 希望を持つな・・・



なのに、
 どうしても希望が捨てられない・・・。



 ↓ いつもありがとうございます!いつも力を頂いています!
にほんブログ村 病気ブログ すい臓がんへ
にほんブログ村

[PR]

by roll1822 | 2017-03-09 19:42 | 膵臓がん | Comments(8)

久しぶりの絶望感。。。


来週は、ナノナイフの4ヶ月後検診。
山王病院に行ってきます。

今日は、地元の病院でCTと血液検査。
そのデータを持って山王病院に行く事になっています。

059.gif059.gif059.gif

会社が終わると、すぐに母から電話が来ました。

本日の結果・・・
 ●CTの結果:9月時点と比較して腫瘍増大
 ●血液検査の結果:腫瘍マーカーの数値上昇


ナノナイフで効果が最も出るのは3~4ヶ月後。
つまり、今日が合格発表だったのです。

落ちたという事か。。。

母はガッカリしているので、私はガッカリ出来ませんでした。

「まだ、森安先生が、なんて言うか分からないよ!」
と言ってみました。


・・・が、

データはデータなんですよね。
分かってます。
医師の個人的な感覚で結果が伝えられたわけではありません。
CTも腫瘍マーカーも、揺らぐことない実測値です。


ダメだったかぁ。ナノナイフ。。。。
また、いろいろ調べる日々に戻るのか・・・と考える私。
半年ぶりの絶望感。。。

このブログをご覧になった母の知り合いの方、本日のブログについては、まだ母に触れないで下さい。
どうかよろしくお願いします。


 ↓ いつもありがとうございます!いつも力を頂いています!
にほんブログ村 病気ブログ すい臓がんへ
にほんブログ村

[PR]

by roll1822 | 2017-03-08 19:23 | 膵臓がん | Comments(2)

祖父の命日に赤飯!?


日曜日、次男の病名が不明だった為に、母に病気が移る事のないよう、今週は実家に帰らないよ!と電話しました。

「イチゴ買ってだんだ!赤飯もあっから、お前だけでも来い!」と母。

面倒だなぁと思いながらも、1人で実家へ。
天気も良いし、ま、いっか。。。

058.gif058.gif058.gif

私:「ところで、なんで赤飯?」

母:「じいちゃんの命日だからよ~。」

私:「今日、5日だよ。」

母:「んっ!!!」

・・・そう、母はじいちゃんの命日を一週間間違えた。
というより、日にちの感覚が一週間ずれてた。

私と母:「ま、いっか。早い分には。」

011.gif011.gif011.gif

家に帰って、みんなで美味しく赤飯を頂きました。

が・・・、

なんで、命日に赤飯?おかしくない?

調べてみると・・・

田舎ではよくあるらしい。
赤飯を炊く理由は、『お浄土へ還っていかれた』。
あくまでも「仏教的な考え」による「真摯な姿勢」での赤飯の振る舞いであり、地域によってはそういった慣習が存続している、とのこと。

へぇ、と思いました。

田舎は、何かって言うと赤飯が出てきます。
私も炊き方を覚えなくちゃ・・・。


 ↓ いつもありがとうございます!いつも力を頂いています!
にほんブログ村 病気ブログ すい臓がんへ
にほんブログ村

[PR]

by roll1822 | 2017-03-07 23:33 | 膵臓がん | Comments(0)

ムカつく医者ばかり!


ようやく次男の熱が下がりました。
一週間続きました。

土曜のam3:00、「あつい・・・」と呟く次男の声で目が覚めました。
体が熱くてビックリ。
ようやく熱が下がったと思い安心していたのに、夜になるとどうしても高熱が出ます。
40℃でした。

坐薬を入れて、何とか寝せたものの、一週間繰り返す高熱とは何なんだろう・・・と不安で不安で朝を迎えました。

朝、早速いつもの小児科に電話すると、
「本日はお休みです。」と留守電。。。

あぁ。またかぁ。。。
この医者は休みが多い。

しかも完全予約制で、なかなか電話が繋がらない。
やっと繋がったかと思うと、「本日の予約は終了しました。」と留守電。

夕方予約を取ると、
「4時50分までは必ず来て下さいね。遅れると診察出来ないんで。」



・・・嫌な医者。


もともとは、長男次男共に、違う医者にお世話になっていたのですが、一昨年突然亡くなってしまったのです。
膵臓癌という噂でした。


医者にとって産婦人科と小児科は人気がないと聞いた事があります。
大変だから。。。

私の嫌いな医者は、大変だから、大変じゃないレベルで働いているのかも。


022.gif022.gif022.gif


結局、隣の市の小児科に電話。
「すぐ来て下さい。」

そして、肺炎を疑われ、レントゲンと血液検査を行ってくれました。
抗生物質をもらい、熱が下がらなければ再度検査が必要でしたが、今日は元気で一安心。

完全予約制の小児科っておかしいと思います。
病状を診て、判断してもらえませんか?
救急に行け!という割り切りですか?

母の主治医といい、ムカつく医者ばかりです。


 ↓ いつもありがとうございます!いつも力を頂いています!
にほんブログ村 病気ブログ すい臓がんへ
にほんブログ村

[PR]

by roll1822 | 2017-03-06 23:39 | 膵臓がん | Comments(0)

東北の希望 山形大の重粒子線


山形大が導入する次世代型重粒子線がん治療装置を開発する東芝(東京)とマッチングを目指す県内企業を対象にした見学会が3日、山形市の同大医学部内にある重粒子線がん治療装置研究棟で開かれました。

治療施設は東北・北海道で初めて導入され、今春に着工予定。2019年度の治療開始を目指しています。
平成28年度から30年度にかけて、装置製作・建物施工工事を完了させ、装置の調整、消防・医療法等の官公庁許認可を経て、平成31年10月頃の治療開始を目指しています。

山形大学の装置は、これまで重粒子がん治療の空白地域だった東北地域で初めての画期的なものとなります。
本装置においては、超伝導回転ガントリーの導入により、360°の任意の方向からの重粒子線の照射が可能となりました。超伝導ガントリーの導入は、放射線医学総合研究所に次ぎ世界で2番目のものとなります。
これにより、従来型装置の固定方向照射方式に比べて、患者さんの身体的負担が軽減され、患部のがんへのより正確な治療が可能となります。

027.gif027.gif027.gif

2019年10月から診療開始予定です。
まだまだ先の話だなぁと思っていましたが、いよいよあと2年後です。

東北の希望です。
関東までは行けずに治療を諦める人がたくさん居ますから。

母の場合は、腫瘍が消化器に近かった為に重粒子不適でしたが、膵臓癌でも受けられる場合があります!
胃がんや大腸がんなどの蠕動運動を伴う臓器の疾患、白血病などの全身に広がった癌には難しいものですが、それでも対象となる癌はたくさんあります!
e0362686_12015211.jpg



























治療の選択肢が増えるのは良い事です。
ただ、費用が高価である為、保険(先進医療特約)には入っておかないと!
結果的に、母の場合は、先進医療特約が無駄になっていますけど・・・。

保険は、やっぱり保険ですね・・・。

 ↓ いつもありがとうございます!いつも力を頂いています!
にほんブログ村 病気ブログ すい臓がんへ
にほんブログ村

[PR]

by roll1822 | 2017-03-05 12:16 | 膵臓がん | Comments(0)

”熱さまシート” のお世話になる


次男の発熱が続いています。
インフルエンザは陰性でした。
夜になると熱が高くなります。
食欲もあるし、元気も良いので、きっと大丈夫だと思うのですが、念のために今日はレントゲンと血液検査をしてきました。
”異常なし” でしたので、まずは一安心。

抗生物質を飲んで、今晩は熱が出ない事を願います。

023.gif023.gif023.gif

ところで・・・いつもお世話になっている ”熱さまシート” ですが、今回はパパに買い物をお願いした所、2種類の ”熱さまシート” を買って来たのです。

コレが、いつもの ”熱さまシート” 。
(大人サイズの方が使い易いのです。)
e0362686_22440193.jpg



























そして、これが今回初めて見た ”熱さまシート” 。
e0362686_22440692.jpg



























こんな物があるのですね。
なんか、かわいい。。。

006.gif006.gif006.gif

今回は熱が高かったので、早速脇の下に使わせてもらいました。

この2種類は、大きさが違うだけではなく、冷感成分配合の有無や着色剤の有無など、そもそもが違う物でした。
使う人の事を考えているなぁ、と小林製薬さんに感心します。

 ↓ いつもありがとうございます!いつも力を頂いています!
にほんブログ村 病気ブログ すい臓がんへ
にほんブログ村

[PR]

by roll1822 | 2017-03-04 22:59 | 膵臓がん | Comments(0)

カロリーって、こんなにてきめん出るんだ!!


母は、1日3回、インスリンを自己注射しています。

外食の時は、食事がテーブルに運ばれてから、トイレで注射してきます。

最近は、とても手付きが良く、すんなり注射出来るようになりました。
以前は、都度手書きの説明書を見ながらオドオドと注射していましたが。

 「これは、頭がしっかりしてねど、さんねな。」
  (頭がしっかりしていないと、出来ないな。)

・・・ちょっと偉そうです。


インスリンを始めて、カロリーと糖質を制限したところ、体重が46kg→43kgにあっという間に減ってしまいましたが、momoさんからアドバイス頂き、早速、糖の専門医に相談してみました。

結果、カロリーの制限量を上げる事になりました。
具体的に、ご飯の量が少し増えたのかな。。。

⇛ なんと、体重は45kgまで戻りました。現状、45kg維持です。

カロリーって、こんなにてきめん出るんだ!!

母は、よく「カロリーが・・・」と気にしています。
母の口から”カロリー”なんて言葉を耳にする日が来るなんて・・・。
いつもズボラな母、、、”カロリー”なんて言葉には無縁でしたよ。
何でもテキトーな人ですから。

そんな母が、カロリーにシビアになっています。
生きたいと思う力ですよ。

そんな思いを支えてあげたいと思うのです。


 ↓ いつもありがとうございます!いつも力を頂いています!
にほんブログ村 病気ブログ すい臓がんへ
にほんブログ村

[PR]

by roll1822 | 2017-03-03 23:11 | 膵臓がん | Comments(6)

唾液で癌を発見できるの?

会社で回覧の記事です。

emoticon-0126-nerd.gifemoticon-0126-nerd.gifemoticon-0126-nerd.gif

唾液には、①侵襲性がない、②採取に場所を問わない、③複数回採取可能であること、④経時的検討に向いている、⑤臨床でも応用できる、という特徴があるため唾液を用いた検査・診断に注目が集まっている。血液の代わりに唾液で疾患の検査や診断が可能となれば、検査医療にイノベーションをもたらす可能性が高い。また、がんは極めて身近な疾患であり、2人に1人ががんで死亡する時代が目前に迫っている。医療費拡大の抑制のためにも早期診断が重要であり、がんの検査も、何時でも気軽にできる唾液を用い、ヘルスモニタリングできるようになることは、今後の新しい健康産業の課題と思われる。

エクソソームとは細胞から放出される小さな小胞(脂質二重膜に包まれた粒子)の集団を意味し、しばしば細胞外分泌小胞とも呼ばれる。エクソソームにはそれを放出した親細胞由来の生体高分子(タンパク質や核酸)が含まれていることから、体液中のエクソソームを分離・解析して診断情報を引き出そうという試みが、現在さかんにおこなわれている。

027.gif027.gif027.gif

がん早期診断技術の開発が、あちこちで行われているようです。
上記記事は、歯科大学の唾液腺健康医学分野とかん研究所の方々の講演内容です。

”がんは身近な疾患、2人に1人” ← そうなんでしょうけど。

最近、新聞でお悔やみ欄が気になります(田舎の新聞にはあるのです。)。
80台、90台で亡くなっている事が多く、つまり、この方達の半分近くが癌だということ?
やっぱり長生きするからこその割合?
・・・なんて考える日々です。

唾液で癌が分かったら、そんな簡単な事はないですよね?
そんなんで分かるの!と驚きです。

反対に、腫瘍の存在感、腫瘍が如何に身体にとって強力なものか、如何に一部の異常細胞が身体全体を侵そうとしているのかが想像出来ます。

いつの日か、妊娠検査薬みたいに、がん検査薬が薬局で売られる時代が来たりして。
「この検査薬は、簡易的な検査であり、全ての癌の発見に役立つものではありません」・・・みたいな注意書きがされるのでしょうけど。

 ↓ いつもありがとうございます!いつも力を頂いています!
にほんブログ村 病気ブログ すい臓がんへ
にほんブログ村


[PR]

by roll1822 | 2017-03-02 13:58 | 膵臓がん | Comments(0)