<   2017年 03月 ( 31 )   > この月の画像一覧

ナノナイフの期限切れ


ナノナイフの治療は、もう終了です。
ナノナイフの有効期間は切れてしまいました。



タイトルをどうしようか。。。
ナノナイフは、もう終わったし。。。



でも、ブログのきっかけは、ナノナイフだったわけで。
母のがん治療を加速させたのは、ナノナイフなわけで。
まだ情報の少ない治療で、私がナノナイフの情報源となりたかったわけで。

何よりも ”希望の最新治療” であることに間違いはないんだし。

だから、タイトルはこのままで進んでみようと思います。
今後ともよろしくお願い致します


   ↓ いつもありがとうございます!いつも力を頂いています!
にほんブログ村 病気ブログ すい臓がんへ
にほんブログ村

[PR]

by roll1822 | 2017-03-21 21:52 | 膵臓がん | Comments(4)

なんだ!ナノナイフ駄目だっけのが!


なんだ!ナノナイフ駄目だっけのが!
(なんだ!ナノナイフ駄目だったのか!)

・・・身内に言われて、微妙に腹が立ったセリフ。。。



ナノナイフは失敗だったのか?
と考えたのですが、決してそんな事はありません。


ナノナイフの初診、2016年10月、
母は山王病院で余命宣告されました。
6ヶ月”と。

そして、腫瘍が大きすぎる為に、
ナノナイフが出来ても余命が2倍になるだけです、
と初めから言われていました。
初めから、腫瘍が無くなる事なんて想定外だったわけで、、、
小さくなる事に期待はしていたものの
現時点で大きくなっているのは
少しのレベル(12月からは変化なし)であって、、、
転移はなし。


でも、さすがにちょっとクヨクヨしている私に、夫が一言。

「下りのエスカレータを上っていたんだよ。歩いて。」

なるほど。。。
余命6ヶ月と言われながらも、この5ヶ月間は
ほぼ足踏み状態だったと言える。
悪い方向には全く動いていない。

しかも、ナノナイフに出会わなければ
M先生に出会えなったのは間違いない。
いま、そしてこれからもM先生に診察してもらえるだけでも
有り難い。

~ナノナイフの結論
 ナノナイフは駄目ではない。

 可能性があるのは間違いない。
 希望の最新治療であることに違いはない



   ↓ いつもありがとうございます!いつも力を頂いています!
にほんブログ村 病気ブログ すい臓がんへ
にほんブログ村

[PR]

by roll1822 | 2017-03-20 12:15 | Comments(4)

主治医の手紙


主治医からのお手紙とCTデータ、血液検査データを持って、山王病院に行ったわけですが。。。

私は視力が良いのです。

M先生が主治医からのお手紙を読んでいる時、私は、目を皿のようにしてジーっと手紙を見つめていたのです。
何が書いてあるのか、気になるもので。。。

内容は、
●腫瘍増大と腫瘍マーカー上昇の結果が得られており、次の治療はどのように進めれば良いでしょうか?
●このままアブラキサンを継続して良いものか悩んでいます。
●時間が経ちましたので、TS-1に戻る事が可能です。
●もしくは、ここでフォリフィリノックスを選択しても良いものでしょうか。
●ご指示頂きたくよろしくお願い致します。

無難な内容でした。
そして、母の主治医は、M先生をとても頼りにしている事が伝わって来ました。

東京に行く前、
主治医:「東京の先生は、この分野の専門の先生だから、何か良いアドバイスをしてくれるかもしれないし。」
と、M先生をとても認めていた事を思い出します。

口数の少ない、母には何一つ良い事を言わないあの主治医が、他人を誉めたのですから。

M先生は偉大です!
(知ってましたけど)

このまま地元で主治医の治療を受けるより、M先生に診て頂き、主治医にはM先生の指示に従って頂きたい、それが私の希望です。

母も同じ考えだったようで、帰り際、
母:「あの~。またM先生に診て頂きたいのですが。。。」

ナノナイフが終了となれば、本来、山王病院へ来る必要もなくなったのでしょうが。。。

M先生:「あ~そうですね。3ヶ月後に予約を取りましょう。」

ありがとうございます!

M先生の診察が受けられること、母にとっては何よりの薬のようです。


   ↓ いつもありがとうございます!いつも力を頂いています!
にほんブログ村 病気ブログ すい臓がんへ
にほんブログ村

[PR]

by roll1822 | 2017-03-19 17:28 | 膵臓がん | Comments(0)

日本人向けのFOLFIRINOX療法?


山王病院で言われた”日本人向けのフォリフィリノックス”。
調べたところ、「mFOLFIRINOX」というものらしく・・・。

私は知りませんでした・・・。

皆さんが受けられているFOLFIRINOXは、「mFOLFIRINOX」の事だったのでしょうか?


まず、FOLFIRINOX療法とは、
 ①オキサリプラチン(L-OHP:商品名エルプラット)
 ②イリノテカン塩酸塩水和物(CPT-11:商品名カンプト、トポテシン)
 ③レボホリナートカルシウム(l-LV:商品名アイソボリン他)
 ④フルオロウラシル(5-FU:商品名5-FU)
の4剤併用療法。
適応は「治癒切除不能な膵癌」であり、FOLFIRINOX療法での用法・用量は「2週間を1サイクルとして、L-OHP 85mg/m2、CPT-11 180 mg/m2、l-LV 200 mg/m2、5-FU 400 mg/m2をボーラス投与するとともに、5-FU 2400 mg/m2を46時間かけて持続静注」となっています。

一方、mFOLFIRINOXとは、
オリジナルのレジメンを改良したmodified FOLFIRINOX(mFOLFIRINOX)のこと。
有効性を保ちつつ、より安全な治療法であることを確認するため、全国のがん診療拠点病院39施設と共同で臨床試験を進めている。(←古い情報なのかな?)
mFOLFIRINOXでは、1日目のイリノテカンの用量を180mg/m2から150mg/m2に減量し、5-FUの急速静注を割愛する。


FOLFIRINOXは、4期の膵臓癌に対する初回治療としての標準レジメンとされていますが、副作用が強いことが課題とされています。
転移を有する膵臓癌に対して、FOLIRINOXレジメンを一部改変したmFOLFIRINOXレジメンが、日本人患者において効果を維持したまま安全性プロファイルを改善できることが明らかとなっているそうです。



知らなかった。。。



”m”を付ける事を省略されているだけなのかもしれませんが、母の主治医は、「FOLFIRINOX」しか頭になかったと思うんですけど。。。
M先生に指示を出さなければ、多分、"m"じゃなかったのかな・・・なんて考えてしまします。

”m”でも、副作用は強いみたいですけどね。。。



   ↓ いつもありがとうございます!いつも力を頂いています!
にほんブログ村 病気ブログ すい臓がんへ
にほんブログ村

[PR]

by roll1822 | 2017-03-19 00:38 | 膵臓がん | Comments(4)

ナノナイフの結論。そして、これからどうする?


山王病院での診察の続きです。

ナノナイフの結果は今一歩であったこと。
アブラキサンの効果も見込めないこと。
フォリフィリノックスに切り替えた方が良いこと。

・・・分かりました。

でも・・・

roll:「重粒子線を受けたいのです。でも、腫瘍の大きさが変わらないのであれば、多分また適応外ですよね?」

M先生:「あぁ、重粒子線を受けたかったんだねぇ。。。」

roll:「重粒子線の前に、HIFUを受けられませんか?」

少し驚いた様子で、
M先生:「あぁ・・・受けられるだろうなぁ。。。」

ここで、思いました。
頼りのM先生も、自分から次の治療法は提案してくれないんだ!
患者から言われた事に対しては協力してくれるけど!

そして、
M先生:「一昨日の日経新聞でさ~・・・(説明)」

4月から始まる新しい治験の話をされました。
12例の枠です。

もしや、この話は、かっちゃんさんに教えてもらった治療法では?・・・
12例って、随分厳しい枠ですが。

roll:「その治験に申し込みたいです。治験の条件に入らなければ通常のHIFUで良いです。」

M先生:「んじゃ、東京医大のS先生に紹介状を書きましょう。私の弟子なんです。」

ですよね。
M先生は、もともとHIFUの専門ですもんね。
だから、M先生に話をしたかったのです。

M先生は、東京医大の先生と、地元の主治医の2人にお手紙を書いて下さいました。
予約時間は延び延びです。
私達も30分ずれましたが、次の方は1時間ずれたみたい。。。すみません。

何でも良い。
効くか効かないかなんて分からない。
無駄な事かもしれない。


待合室で母が言いました。
「rollが色々やってくれたから、ここまで来れたんだな。。。ここまで来たんだ。もっと生きたいな!」と。

何が起こるかは分からない。
少しでも可能性があるなら進んでみようと思います。
フォリフィリノックスは、相当不安ですが、まずは東京医科大に行って来ます!



   ↓ いつもありがとうございます!いつも力を頂いています!
にほんブログ村 病気ブログ すい臓がんへ
にほんブログ村






[PR]

by roll1822 | 2017-03-18 00:45 | 膵臓がん | Comments(2)

ナノナイフの結論。


山王病院に行って来ました。
地元の病院での検査結果を持参して。
データを見て結果は既に知っていましたが、ちょっとだけの希望を持って。。。

東京は、暖かい。

058.gif058.gif058.gif

今日は、その場でエコーを見るくらいで、その他の検査は何も行いませんでした。
主治医からのお手紙と検査結果を見て、これからの話を。

結論をまとめると、
 ●癌細胞の勢いを抗がん剤が抑える事が出来なかった。
 ●ナノナイフを指した部分のみ正常状態だが、周りは全て癌細胞のまま。
 ●腫瘍の大きさは、12月からほぼ変わらない(縮小が認められない。)。
 ●ナノナイフの効果は3ヶ月までしか期待出来ない。

次の治療については、
 ●このままアブラキサンを続けても効果は見込めないだろう。
 ●FOLFIRINOXに切り替えようか。
 ●日本人向けに、副作用が少なめのものがあるので、それを使ってみては。


・・・ですよね。
私の希望とは異なる、想像通りの結論でした。

やっぱりか。。。

頑張らなくちゃ、FOLFIRINOX。


(ここまでは、黙って聞きました。)
私は後悔しないよう、相談したい事を全て話して来ましたので、続きは次回。
今日は、なんだか疲れました。


   ↓ いつもありがとうございます!いつも力を頂いています!
にほんブログ村 病気ブログ すい臓がんへ
にほんブログ村






[PR]

by roll1822 | 2017-03-16 19:36 | 膵臓がん | Comments(0)

次の希望を持って、母を支えます!


皆様から、コメントをたくさん頂いています。
すごくすごく良い情報ばかり教えてもらっています。
大変有り難いです。

ナノナイフの効果が無かった事を知り、ここ6ヶ月間の希望が”無”となり、状況を受け入れられない自分が居ましたが、まだまだ希望があると、今やる気に満ちています!
皆様のコメントを見て、私の知識はまだまだであり、希望の治療はまだまだある事を知りました。

皆さん、たくさん勉強されていますね。
ブログは、情報共有の場として、もっともっと閲覧されるべきですね。
何もしてくれない主治医や、下手なセカンドオピニオンより、ずっとずっと有効です!

顔も見れないからこそ、正直な気持ちで話が出来るのかもしれません。

山王病院に行ってM先生に会ったら、HIFUの話を聞いてみたいと思います。
そして、カテーテル治療を調べます。

次の希望を持って、母を支えます!

大丈夫だよ、お母さん。



   ↓ いつもありがとうございます!いつも力を頂いています!
にほんブログ村 病気ブログ すい臓がんへ
にほんブログ村






[PR]

by roll1822 | 2017-03-15 19:54 | 膵臓がん | Comments(2)

ハイパーサーミアは安らぎの場所なのです。


今週も、母は、ハイパーサーミアに出掛けました。

ハイパーサーミアに通い始めて、まる2年。
いろんな代替療法を試しましたが、ずっと続けているのはこれだけです。

保険適応だから、費用が安く済むのが一番の理由ですが、何よりも安心感があるようです。

病院の一室は、みんなやっているという安心感と、仲間が居るという安心感。
それから、地元の主治医とは違って何でも話を聞いてくれる先生や看護師さんの安心感。
いつの間にか増えていく癌友達。
そう、、、母にとって、ハイパーサーミアは安らぎの場所なのです。

効いているかどうかが重要なのではなく、もう趣味の世界。
習い事のようなものなのだと思います。
母のリフレッシュの場所。
それだけで、免疫力UPですよ。


主治医には、内緒で通っています。



   ↓ いつもありがとうございます!いつも力を頂いています!
にほんブログ村 病気ブログ すい臓がんへ
にほんブログ村






[PR]

by roll1822 | 2017-03-14 23:00 | 膵臓がん | Comments(4)

白血球って増やせるの?


母は、いつも白血球が減少し、抗がん剤を続けられません。

TS-1は問題なかったのですが、アブラキサンに変更した途端、2週目もしくは3週目で、一回休みを挟まなければなりません。

白血球を増やす注射ってありますよね?
白血球を増やせる薬があるなんて知りませんでした!

これは、抗がん剤と併用する事も出来ると思うのですが、使ってまで抗がん剤を続けるか否かは、医者次第なのでしょうか?

母の主治医は提案すらしてくれませんので、私は母に、
「バナナ食べてみる?」なんて、バナナに期待してみるくらいしか出来ず。。。

やはり、抗がん剤の種類同様、無理矢理抗がん剤を使うか否かは、医者の好き好きなのでしょうか?

一方で、母の癌友は、白血球が増えるという理由で、タウリンとマルチビタミンのサプリメントを飲んでいるそうです。
母の通っていた高濃度ビタミンC点滴静注が出来るクリニックでは、いつも大量のサプリメントを薦めてくるのです。
母も、1ヶ月数万円もするサプリメントを買おうかと迷っていたので止めました。
高濃度ビタミンC点滴が出来る貴重なクリニックでしたので、2年間も通っていましたが、如何なる商売か・・・と甚だ疑問な内科医です。

母は、抗がん剤を受けたいのです。
でも、体がついてきません。
無理矢理、白血球を増やしてまで、抗がん剤を打つべきなのか・・・。
そして、白血球って、薬で増やせるんだ・・・?


   ↓ いつもありがとうございます!いつも力を頂いています!
にほんブログ村 病気ブログ すい臓がんへ
にほんブログ村






[PR]

by roll1822 | 2017-03-13 21:06 | 膵臓がん | Comments(8)

もう治療法はありません・・・どうして?


2014年2月から、TS-1開始。
・・・その間、様々な民間療法を試していたので、何が良かったのかは分かりませんが、とても順調な2年間でした。

2016年5月から、ジェムザール開始。
・・・ジェムザールは、全く効き目なし。

2016年9月に、ジェムザール中止。
・・・この時の主治医のセリフ
 「このままジェムザールを投与することは意味がありません。」
 「他に治療法はありません。」

膵臓癌の抗がん剤って、少ないですけど、まだあるじゃないですか?
●TS-1(テガフール・ギメラシル・オテラシルカリウム)
●ジェムザール(塩酸ゲムシタビン)
●タルセバ(エルロチニブ塩酸塩)
●5-FU(フルオロウラシル)
●FOLFIRINOX(フルオロウラシル、レボホリナートカルシウム、イリノテカン、オキサリプラチン)
●アブラキサン(パクリタキセル)+ゲムシタビン

どうしてだろう。
どうしてなんだろう。

今、考えても、どうしてもこの時の主治医のセリフが理解できません。

主治医に「他に抗がん剤はないのですか?」と聞いたとき、
「もうありません。効かないと分かっているものを選択できません。ガイドライン上決まってるんです。」と答えました。
家に帰ってガイドラインを見ましたが、私には分からないんです。

実際に、2016年10月から山王病院でお世話になっており、森安先生は、ナノナイフと同時にアブラキサンを薦めてくれましたし。


私と母は、ジェムザールが母に効いていない事は理解していたので、どんなに副作用が強くても他の抗がん剤を受け入れるつもりで、当日主治医に会ったのです。
まさか、ここで、主治医に匙を投げられるとは想定もしておらず、今思い出しても辛い出来事でした。
父と母は座ったまま立ち上がらないし、私は一人会社に行こうと車に乗るものの我慢していた涙が止まらなくて車で大泣き。
7階もある大きな立体駐車場なのに、なぜか父と母の車は偶然にも私の車の迎側に停められていて、私の号泣を見られるし、で。

どうして、あの時、主治医は、他の抗がん剤を母に出してくれなかったのだろう。
母は、元気でした。
痩せたわけでもないし、体力が無いわけでもないし、副作用が強いからという理由で適応外になったとも考えられません。

あの日以来、ますます主治医を嫌いになったわけですが、理由が気になります。

生きちゃダメですか?と考えてしまいます。



   ↓ いつもありがとうございます!いつも力を頂いています!
にほんブログ村 病気ブログ すい臓がんへ
にほんブログ村






[PR]

by roll1822 | 2017-03-12 15:45 | 膵臓がん | Comments(14)