<   2017年 02月 ( 23 )   > この月の画像一覧

母の顔が白くなった

私は、毎週日曜日に、実家に遊びに行きます。
母の顔を見に。
(父は、私が行くとよく出掛けます・・・避けられている予感。)。

emoticon-0138-thinking.gifemoticon-0138-thinking.gifemoticon-0138-thinking.gif


最近、すごく思うこと。

 母の顔が白くなった。

TS-1を2年半続けた結果、顔も手足も浅黒くなっていました。
皮膚がガサガサだし、手足は角質がすごく、よく水ぶくれも出来ていました(水ぶくれは、相当酷いものでした。)。

TS-1を止めて、もうすぐ1年。
ようやく、皮膚の色が戻り始めました。
(手は、まだガサガサですが。)

色黒である事を気にしていたので、良かったような。。。
でも、その分、今度はアブラキサンで髪の毛を失ったわけで。。。

結局、良い抗がん剤なんて無いですね。
・・・失う物は大きい。
でも、やめられないです・・・。
受けて欲しくて、止めて欲しくなくて、たまらないです・・・。


 ↓ いつもありがとうございます!いつも力を頂いています!
にほんブログ村 病気ブログ すい臓がんへ
にほんブログ村


[PR]

by roll1822 | 2017-02-28 21:58 | 膵臓がん | Comments(0)

アブラキサンで脱毛。良いカツラに出会えた幸せ。


母は、アブラキサンを始める前、何よりも”脱毛”を心配していました。

私は、母を励ます為に、いろいろと調べましたが、、、

 ・・・きっと、髪の毛は無くなるんだ・・・という結論


そして、調べ始めた ”カツラ” ・・・いや ”ウィッグ”。

当然、価格は様々・・・安いのは安い!高いのは高い!
何が良いのか分からないです。

近くのデパートに行ってみようか、と話しながらも、インターネットで見つけた”スヴェンソン”!
主人も長男も知っていた”スヴェンソン”。
CMでよく見かける名前だそうですが、私も母も知らないメーカーでした・・。

車で1時間半の場所に、店舗があったので、早速電話予約をしました。
高そうだけど、見るだけ見て来ようね・・・という気軽な気持ちで。
この時、母はまだアブラキサンを始めていませんでしたし。


ビルの地下にある”スヴェンソン”、目立つ看板もなく、とても地味な店構え。
個室で、母と私と店員さんの3人だけ。
店員さんは、丁寧に丁寧に説明してくれました。

いろいろな毛質を肌で確認し、毛のグレードを決めた後に、カラーとヘアスタイル選び。
軽い気持ちで店に来たのに、母は初めから買うつもりだったようです。
毛質のグレードは、4種類あって、母は上から2番目の質(価格も)を選びました。
やっぱり、価格に比例して、違和感のない仕上がりになります。

母は、アブラキサンを始める前からウィッグ選びを始めた為、いつもと同じようなヘアスタイルに調節することが出来ました。

色もパーマの長さも、母好みの仕上がりです。

安くはないけれど・・・

「1年分の美容院代って考えれば、さっぱり高くなんかないよ!」

・・・頼もしい母。


emoticon-0158-time.gifemoticon-0158-time.gifemoticon-0158-time.gif

今は、髪の毛はもうほとんどありません。産毛程度。

今日の母、
 「来週、スヴェンソン行って来っかな。もみあげが気になるんだず。」

そして、
 「シャンプーとトリートメントもして来っかな!」


なんだ!髪の毛なくても、ヘアスタイルを楽しんでるじゃないか!

e0362686_23293041.jpg





























もうすぐ購入してから6か月。

スヴェンソン”は、アフターケアも親切です。


今のウィッグに大満足です。

おしゃれして、免疫力UPです!

因みに、都道府県によっては、カツラ助成金が出ます。
母は、診断書を提出して、2万円の助成を受けました。
有難い制度です。



 ↓ いつもありがとうございます!いつも力を頂いています!
にほんブログ村 病気ブログ すい臓がんへ
にほんブログ村


[PR]

by roll1822 | 2017-02-27 22:41 | 膵臓がん | Comments(2)

ばあちゃんの命日。


2月24日は、ばあちゃんの命日でした。
東日本大震災の2週間前でした。

あの停電の時、もし祖母が生きていたら・・・と思うと、さぞかし大変だったろうと想い返す時があります。

私のお腹の中には、次男がいました。

・・・次男は今年6歳。
・・・東日本大震災から6年。
・・・祖母が亡くなってから6年・・・。

激しい揺れの中、会社の3階で必死にお腹を押さえ、信号が止まってわけのわからない渋滞の中、保育園で待つ長男を迎えに行きました。

車の中でラジオを聞き、事態の大変さを知り。
大学の友達から、大丈夫か?とメールが来たのを思い出します。。。

そして、昨日ケンタッキーでチキンを食べながら、長男が、

 「ケンタッキー食べてると、おっきいばあちゃんと一緒に食べた事を思い出すよ。」

なんて、いつになくしおらしい事を言っていました。

当時、5歳の長男、今は11歳になりました。
6年は、あっという間でした。。。



emoticon-0158-time.gifemoticon-0158-time.gifemoticon-0158-time.gif


そんな事を考えながら、私は次男と二人で、道明寺とうぐいす餅を買って、実家に遊びに行きました。

emoticon-0157-sun.gif emoticon-0157-sun.gif emoticon-0157-sun.gif

良い天気です。

実家は、まだまだ雪があります。
e0362686_22350265.jpg















e0362686_22352300.jpg



















でも、春は近い感じ。

母は、今日も元気です。

仏壇で、次男とナムナムしていると、森安先生の本が置いてあるのに気づきました・・・。

なんだ?
じいちゃんとばあちゃんに、ナノナイフの本を読んで欲しいのか?

emoticon-0155-flower.gifemoticon-0155-flower.gifemoticon-0155-flower.gif

もうすぐ2月が終わりますね。
3月は、忙しそうです。



 ↓ いつもありがとうございます!いつも力を頂いています!
にほんブログ村 病気ブログ すい臓がんへ
にほんブログ村


[PR]

by roll1822 | 2017-02-26 23:02 | 膵臓がん | Comments(0)

癌封じのお参り


2014年1月、母の癌が発覚して、まず行ったのが”癌封じ”。

近場にお参りする所がないか探し、”癌封じ”が叶いそうなお寺、
宮城県「大満寺」に行ってみました。

もちろん、真面目にご祈祷してもらいました。


癌が治るように・・・


そして、3年経過しました。

母はとても元気です。

困った時の神頼み。



神様と、亡くなったじいちゃんとばあちゃんには、いつもお参りしています。


どうか、この時間が長く続きますように・・・。


母は、今日も温熱療法です。




 ↓ いつもありがとうございます!いつも力を頂いています!
にほんブログ村 病気ブログ すい臓がんへ
にほんブログ村


[PR]

by roll1822 | 2017-02-25 16:09 | 膵臓がん | Comments(0)

NHK放送で「物議」、糖尿病に睡眠薬


会社で回覧の記事です。

emoticon-0126-nerd.gifemoticon-0126-nerd.gifemoticon-0126-nerd.gif

~糖尿病に睡眠薬、NHK放送で「物議」
ベルソムラが「血糖値下げる/気軽に飲んで」、現場は合点いかず

NHKが22日夜の生活情報番組「ガッテン!」で、14年に発売されたMSDの 不眠症治療薬「ベルソムラ」(一般名=スボレキサント)が、糖尿病患者の「血糖値を下げる」「発症予防になる」などと放送したことで、興味をもった患者が薬局や医療機関に押しかける騒動が起きている。

同剤の使用で、熟睡時に出る脳波「デルタ波」の量を増やし、結果として血糖改善効果につながることを専門医が解説する内容だった。
しかし、ベルソムラを糖尿病の適応で処方するのは当然「適応外使用」となるほか、番組内で「新薬だから安全性が高い」といった発言が飛び出したため、医療関係者が 問題視。
医師、薬剤師らがSNSなどを通じて反論する事態となっている。

番組では、ベルソムラの製品名は示さず「オレキシン受容体拮抗薬」として紹介。

糖尿病患者は「血糖値が上昇→交感神経が働く→熟睡できない→脳がストレスホルモンを出す→血糖値が上がる」という悪循環にあるとし、デルタ波を増やすベルソムラの「デルタパワー」によって熟睡を促すことで「サイクルが いい方向に変わる」との見方を示した。

また、新薬であり「副作用の心配はなくなっている」「糖尿病の患者もわりと気軽に飲んでいただいていい」といった持論を展開。
睡眠障害の患者は「糖尿病の発症率が2倍になる」とし、「睡眠薬の使用で糖尿病の発症予防にもなる」と述べた。

さらに、番組は糖尿病の72歳男性が、ベルソムラ投与1週間で血糖値が140(mg /dl )台から112に下がったと説明。
「デルタパワーを増やして血糖値を下げるこの 新しい薬、こんなに効くんですねぇ」とのナレーションまで添えてアピールした。

ただ、ベルソムラの糖尿病への使用は適応外使用。
安全性面でも、一定数の重篤な副作用が報告されている。
それだけに、番組内容が「あまりにも安易。患者をよからぬ方向に誘導しかねない」「誇張が著しい」と医療関係者の不評を買っている。

すでに医療現場に影響が出ている。
関西のある薬局では、23日に3~4人の中高年の糖尿病患者が「NHKで紹介していた薬を飲んでみたい」と申し出た。
応対した 薬剤師は、適応外使用への違和感を持ちつつ「主治医に相談を」と答えたという。

MSDは本紙に、同社が番組内容に関与していたことはないとし、ベルソムラは「糖尿病治療薬ではない。使用についてはかかりつけ医に相談を」とコメントした。

emoticon-0126-nerd.gifemoticon-0126-nerd.gifemoticon-0126-nerd.gif

なかなか難しい問題です。
テレビで放送されたら誰もが興味を持ちますよ。
ナノナイフだって、そうでしたし。

何だって、こうなりますよ。

良いと言われるなりの理由があるのだろうし、少しでも可能性に期待出来るのならば、厚労省が認めていなくても、エビデンスがなくても使ってみたい・・・生きたいのですから。


 ↓ いつもありがとうございます!いつも力を頂いています!
にほんブログ村 病気ブログ すい臓がんへ
にほんブログ村


[PR]

by roll1822 | 2017-02-24 21:42 | 膵臓がん | Comments(0)

TS-1 OD錠の味、まずくないですか?


今日、オロパタジンOD錠を見ていて、ふとTS-1の事を思い出しました。


母が2年半お世話になっていた「ティーエスワン配合OD錠」。

OD錠の発売は2013年6月、それまではカプセル剤だったのですね。
母は2014年1月から、OD錠をお世話になっていました。


思い出したのは、母が味について不満を言っていたこと。


 「まずいんだず。このピーチ味が、余計まずくしてる!」


OD錠でも水で飲めば、味はそんなに感じないのでしょうが。。。
母は、面倒くさがりなので、そのまま飲んでいたのでしょう。
いつも不満を言って飲んでいました。


ピーチ味 ⇛ 少し明るい気持ちになるからですかね?


確かに、不味いものをピーチ味にしたら、ますます不味くなる気がします(さすがに味見はしてませんが)。


違う味の方が良かったのではないですか?・・・



 ↓ いつもありがとうございます!いつも力を頂いています!
にほんブログ村 病気ブログ すい臓がんへ
にほんブログ村


[PR]

by roll1822 | 2017-02-23 22:35 | 膵臓がん | Comments(0)

父と共に~アブラキサン4クール目~


アブラキサン4クール目が始まりました。

前回から含量を減らしたので、今回は3週連続出来るかな。。。



母は父と共に、朝7時半に家を出発。
8時半に病院受付。
血液検査の後、診察は11時。
その後3時間の点滴。
家に帰ると4時半です。

抗がん剤の日は1日がかりです。


emoticon-0108-speechless.gifemoticon-0108-speechless.gifemoticon-0108-speechless.gif


父は、ずっと車の中で待ってるそうです。

何もしない父。
何も出来ない父。

・・・それで良いです。

母が抗がん剤を終えて車に戻ると、父が待ってる。

・・・それで良いです。


emoticon-0155-flower.gifemoticon-0155-flower.gifemoticon-0155-flower.gif


今日は順調。
声も元気です。
問題は3日目くらいから・・・。

どうなるかなぁ。


 ↓ いつもありがとうございます!いつも力を頂いています!
にほんブログ村 病気ブログ すい臓がんへ
にほんブログ村


[PR]

by roll1822 | 2017-02-22 22:50 | 膵臓がん | Comments(2)

新薬が続々!免疫チェックポイント阻害剤


会社で回覧の記事です。


中外製薬は17日、抗PD-L1抗体「アテゾリズマブ」(一般名)を国内申請したと発表した。適応は非小細胞肺がんの2次治療で、承認されれば抗PD-1抗体の「オプジーボ」(ニボルマブ)や「キイトルーダ」(ペムブロリズマブ)に続き3剤目の免疫チェックポイント阻害剤になる見通し。

ただ、PD-L1抗体の申請はこの適応に限らず日本初と見られる。異なる標的に結合することによる抗PD-1抗体と抗PD-L1抗体を比較した有効性や安全性の違いは科学的には証明されていない。

アテゾリズマブの申請は1225例が参加した国際第3相試験「OAK」に基づくもの。

主要評価項目である全生存期間(OS)は対照薬の「ドセタキセル」群が9.6ヶ月に対し、アテゾリズマブ群は13.8ヶ月で、有意な延長が見られた。
米国では膀胱がんの適応でも承認されている。

年内に尿路上皮がんの申請も行う予定。来年は乳がん、腎細胞がんの申請を計画している。


emoticon-0126-nerd.gifemoticon-0126-nerd.gifemoticon-0126-nerd.gif


ここで、抗PD-1抗体と抗PD-L1抗体は、以下の図で説明できます。

e0362686_20524794.jpg


























T細胞が、がん細胞を攻撃する。しかし、ここにがん細胞による免疫抑制が起こると、この一連の流れが止まってしまう。その妨害経路の一つが「PD-1/PD-L1経路」だ。この経路を遮断するために開発された薬剤が、「抗PD-1抗体」や「抗PD-L1抗体」で、これを投与すると、図に示したように、Y字型の抗体と呼ばれる物質が経路を遮断し、免疫抑制の信号をブロックする。



医学ってすごいなぁ・・・とつくづく思います。

これまでの、ひたすら癌細胞を狙い撃ちするだけの毒とは違うのですよ。

しかも、この免疫チェックポイント阻害剤は、3つ目なのです。
「オプジーボ」で騒がれたと思ったら、続々と新薬が登場するではありませんか!?

すごく嬉しい事です!


業界ニュースは、癌に関するニュースが絶えません。

抗がん剤だけでも確実に延命できる!
癌との共存は目前に迫っている!
・・・きっともうすぐ!期待してしまう自分います。



 ↓ いつもありがとうございます!いつも力を頂いています!
にほんブログ村 病気ブログ すい臓がんへ
にほんブログ村


[PR]

by roll1822 | 2017-02-21 20:25 | 膵臓がん | Comments(2)

オプジーボ、5つ目の適応追加


会社で回覧の記事です。


厚生労働省は、「オプジーボ点滴静注20mg」「同100mg」の対象疾患に「頭頸部がん」を加えると報告する。

オプジーボに適応は、悪性黒色腫非小細胞肺がん腎細胞がんホジキンリンパ腫に次ぐ5つ目。

3月3日に部会にて審議される内容のようです。


頑張れ、オプジーボ!

 ↓ いつもありがとうございます!いつも力を頂いています!
にほんブログ村 病気ブログ すい臓がんへ
にほんブログ村

[PR]

by roll1822 | 2017-02-20 20:33 | 膵臓がん | Comments(2)

ニセ薬が分からない薬剤師


会社で見つけた記事です。

厚生労働省医薬・生活衛生局は16日、C型肝炎治療薬「ハーボニー配合錠」の偽造品発見を受けて、改めて医薬品卸売販売業者や薬局に記録・管理の徹底を注意喚起する通知と、監視指導を強化することを謳った通知を出した。

通知には、譲渡人の身分証明書を求めての本人確認のほか、譲り受けた際に、本来の容器包装に収められているか、その状態(未開封か、薬局などでは添付文書が同梱されているか)を確認することの徹底を盛り込んだ。

薬局薬剤師に対しては、調剤しようとする医薬品の状態を観察し、通常と異なると認められる場合は、調剤せず、異常のない医薬品を用いて改めて調剤すると共に、管理薬剤師に報告するなどの対応を求めた。



・・・おバカな通知です。

薬剤師バカにしているような通知ですけど・・・。
こんな通知が必要なのでしょうか?

薬を作る側(製薬会社)にとっては、言うまでもない当然なこと。
どれだけ包装形態を徹底していることか。

発売された医薬品に少しでも問題が生じたら大変!
添付文書が入っていなくても封緘テープが貼られていなくても回収騒ぎです!

製薬会社は、当然の事として取り組んでいます。

製薬会社と患者を仲介する役目の薬局、薬剤師、、、
ただの販売員ではない事を理解すべきです。

今後、高価な医薬品がどんどん出てきます。
安いからと言っておかしな偽物に騙されないで下さい。

ただ、奈良県内の信用出来ない薬局さんのおかげで、業界が見直されたのは良かった事だと思います。


 ↓ いつもありがとうございます!いつも力を頂いています!
にほんブログ村 病気ブログ すい臓がんへ
にほんブログ村

[PR]

by roll1822 | 2017-02-19 22:55 | 膵臓がん | Comments(0)