<   2017年 01月 ( 30 )   > この月の画像一覧

小林麻央さんはお母さん。


058.gif058.gif058.gif

今朝、めざましテレビをつけると、
小林麻央さんの退院の話題。

056.gif056.gif056.gif

弁当を作る手を止めて、ついテレビに釘付けです。


子供たちは、どんなに喜んでいるだろう。

そして、麻央さんは、子供達と一緒に生活出来ること、どんなに幸福を感じていることだろう。



母が癌になってから、病院付き添いで、泊まりで家を空ける事があります。
一晩でも、子供と会えないと物足りない。
忙しくないと、、、口うるさくしていないと、、、自分が自分ではないみたい。

なんだろう。。。手持ち無沙汰な感じ。
いつも私の側で、ベタベタ、ウロウロしている部品がない。

お腹にいる時から、ずっと一緒です。
いつも守ってあげるし、守ってくれる。
離れられません。


そんな事を考えるから、朝から涙が出ました。


生きて欲しいです。
どうか、大切なものを奪わないで欲しいです。



   ↓ いつもありがとうございます!いつも力を頂いています!
にほんブログ村 病気ブログ すい臓がんへ
にほんブログ村




[PR]

by roll1822 | 2017-01-31 22:42 | 膵臓がん | Comments(0)

言われたらムカつくこと。


実家に帰った時に、知り合いに、

 「お母さん、元気で良いねぇ。」

と言われました。



私は、すかさずナノナイフの話をしました。

まだ経験者も少なく、治療効果は分からないこと、でもすごく希望があること、期待していること。。。。




すると、その知り合いは、一言。。。



 「でも、高いんだべ?」

・・・

なぜ、ここで他人に費用の話をされなければならないのか!


あぁ・・・この人は、本心で母の事を心配しているんじゃないんだな、と思いました。


命をお金で語る事は出来ない。

何が高くて何が安いのかなんて分からない。

言えるのは、費用対効果が全く未知な代替療法の費用に関し、他人から触れられたくないということ。



何も分からないくせに。。。



   ↓ いつもありがとうございます!いつも力を頂いています!
にほんブログ村 病気ブログ すい臓がんへ
にほんブログ村




[PR]

by roll1822 | 2017-01-30 21:52 | 膵臓がん | Comments(0)

アブラキサンの副作用はビリビリ。


年末年始は、病院の休みと、膀胱炎で高熱が出たのが重なり、約1ヶ月間アブラキサン(+ジェムザール)を休みました。

その間、せっかくナノナイフで細胞が死んでいる最中なのに、他の元気な細胞を抑えられないじゃないか!と思い、ソワソワして仕方ありませんでした。



ようやくアブラキサン3クール目が開始され、今週で2回目の点滴です。

毎回、抗がん剤は水曜日。
そして、土曜日に温熱療法(ハイパーサーミア)に通っています。

翌日の日曜日には、毎回、体中のビリビリが始まります。

だから、しばらくハイパーサーミアの電力を低くしてもらっています。

ハイパーサーミアのせいではないのでしょうが、いつも日曜日に辛くなるので、なんとなく。。。

これは、アブラキサンの副作用なんですね。

肩も痛いし・・・とにかくビリビリ。

007.gif007.gif007.gif


痛いのも辛いですよね。


でも、母は、TS-1より楽だと言います。

ご飯が美味しく食べられますから。



副作用は大変ですが、効いているんだ!と思うようにしています。

耐性が得られていないからこその副作用。



頑張れ!アブラキサン!癌細胞をやっつけてくれ!!


副作用は大変ですが、頑張らねばなりません。



   ↓ いつもありがとうございます!いつも力を頂いています!
にほんブログ村 病気ブログ すい臓がんへ
にほんブログ村




[PR]

by roll1822 | 2017-01-29 11:10 | 膵臓がん | Comments(2)

偽薬なんて!信用出来ない薬剤師!(怒)


「C型肝炎治療薬「ハーボニー配合錠」の偽造品について」

厚生労働省は1月17日、奈良県のある薬局チェーンで、ギリアド・サイエンシズのC型肝炎治療薬「ハーボニー配合錠」の偽造品が見つかったと発表しました。
患者が服用前に異変を感じ、薬局に問い合わせしたことで発覚。

本物の「ハーボニー」は、ひし形のだいだい色の錠剤で、その表面に「GSI」、反対面に「7985」の刻印があり、1ボトル28錠入り。
一方、偽造品は、まだら模様の薄い黄色の錠剤が入ったボトルや、薄い紫色の錠剤が入ったボトルなど、これまでに4つの種類が確認されています。



とても腹立たしいニュースです。

こんなに分かりやすい偽薬を、どうして薬剤師が気づかなかったのか!!

患者が、インターネットで購入した海外薬剤ならまだしも、医療機関を受診し調剤薬局で受け取った薬剤に、偽薬なんて!



ハーボニーの薬価は、1錠 5万4796.9円、超高価な薬剤です(昨年、8万円から改定されたのですね)。

2015年9月1日に発売された、抗ウイルス薬レジパスビル/ソホスブビル(商品名ハーボニー配合錠)。
適応は「セログループ1(ジェノタイプ1)のC型慢性肝炎またはC型代償性肝硬変におけるウイルス血症の改善」で、1日1回1錠を12週間経口投与。



薬局が正規ルートではない業者から、安く買ったのですよね?

しかも、箱にも入っていない、添付文書も同梱されていないような、開ける前から外観で一発偽物と分かるような薬剤を購入し、錠剤の色も形も明らかに異なる薬剤を平気で患者に処方した。

きっと、騙す方は、こんなんで引っかかるなんて!と笑っちゃうくらい不真面目に錠剤を作ったのだと思いますよ。

偽物でも、もっとうまく作れる!と社内で話題になりました。


引っかかる方がバカだ!

気付かなったとは思えない!患者をバカにしているとしか思えない!



今回は、有害事象など服薬した患者への健康被害は確認されていないそうですが、そういう問題ではない!

有効成分が入っていなければ、それだけで命に関わる薬はたくさんあるのですよ!

”偽物”などと笑い話では済まない”人殺し”ですよ。



真面目な薬剤師さん方、ごめんなさい。

でも、一部の薬局でこういった事件を起こすと、薬剤師のイメージダウンは避けられません。

勉強以前に、やるべき事はやる・・・薬剤師の役割を認識すべきです。


抗がん剤でも起こり得ります。
どうか勘弁してください。








   ↓ いつもありがとうございます!いつも力を頂いています!
にほんブログ村 病気ブログ すい臓がんへ
にほんブログ村




[PR]

by roll1822 | 2017-01-28 10:38 | 膵臓がん | Comments(0)

”3.14”って神じゃね?


長男は、只今10歳、5年生。

塾の帰り、車の中で楽しそうに言うのです。


  「”3.14 ”って、神じゃね?」


えっ!”3.14”? 円周率か?


今日は、学校の予習で円周率を習ったそうなのです。

車の中で、時々、フフッ♪と笑うのです。


  「神だね!それで、円の計算が出来るんだよ!」


いつになく、算数の公式に食いついています。


  「しかも、”3.1415・・・”って、まだ数値は決まってないんだって!」


楽しそう♫ 算数!


大人にとっては当たり前の「円周率」。

子供には新鮮だったようです。

子供は、小さな事にも感動を覚えて良いですね。

056.gif056.gif056.gif




   ↓ いつもありがとうございます!いつも力を頂いています!
にほんブログ村 病気ブログ すい臓がんへ
にほんブログ村




[PR]

by roll1822 | 2017-01-28 09:34 | 膵臓がん | Comments(0)

癌告知から半年目の母とチャーチャの写真。


夫が、母の為にチャーチャの過去の写真を探してくれました。

これは、母が喜ぶぞ!
e0362686_22555891.jpg


















012.gif012.gif012.gif

かわいい!かわいすぎる!!

そして、TS-1を飲んで4ヶ月目の母と一緒の写真。

e0362686_22555391.jpg
















当時の母の手は、もう皮膚が黒ずんでました。

皮膚がカチコチでした。

今思うと、TS-1の副作用が一番キツかったなぁと、母と話してます。
(TS-1→ジェムザール→アブラキサン)

今は、髪の毛が無くなりましたが、食欲があるのが良いところ。
体重は46kgを維持です。


チャーチャが懐かしい。
帰ってこないかなぁ。。。待ってるよ。




   ↓ いつもありがとうございます!いつも力を頂いています!
にほんブログ村 病気ブログ すい臓がんへ
にほんブログ村




[PR]

by roll1822 | 2017-01-27 23:05 | 膵臓がん | Comments(0)

安倍内閣「治療と職業生活の両立」、2人に1人が癌の時代。


今日、会社で回覧されたマガジンの記事です。


1月20日から国会が開かれていますが、安倍内閣の最重要政策の一つに働き方改革があり、その項目の一つとして、「治療と職業生活の両立」があります。
昨年2月には「事業場における治療と職業生活の両立支援のためのガイドライン」が公表され、当センターにおいても「がん」を中心に両立支援事業を展開しています。 私もはじめは「がんになった人を無理に働かせるのか、仕事を辞めてゆっくり養生させるべきではないか」と思っていました。
しかし、がんは日本人の2人に1人が生涯にかかる疾患だが、治療技術の進歩により必ずしも命に係わる病気ではなくなっている、高齢労働者の増加によりがんに罹る労働者が増えていく、仕事を持つことはその方の生き甲斐にもつながっている、等のことを知り、がんについての偏ったイメージを持っていたことがわかりました。 
当センターでは両立支援のための事業として、「ガイドライン」の解説や両立の取り組み方についての研修会を開催しています。



時代は、変わっています。

癌患者でも働きやすい環境が築かれ、周囲のイメージも変わりつつあるのですね。。。

”癌は2人に1人”・・・

50%の確率です。

私の家族は、父、母、祖父(父方)、祖父(母方)、祖母(父方)、祖母(母方)、兄、私 の8人と考えた時、父、母、祖父(父方)、祖父(母方)、祖母(母方)の6人が癌です。
発ガン率75%・・・。



う~ん、、、

今日も、青汁飲まなくちゃ!!



   ↓ いつもありがとうございます!いつも力を頂いています!
にほんブログ村 病気ブログ すい臓がんへ
にほんブログ村




[PR]

by roll1822 | 2017-01-26 22:18 | 膵臓がん | Comments(0)

癌のスペシャリストと呼ばれて【電話編】


母には癌友がたくさん居ます。

病院で、すぐに人に声を掛けるし、母の人柄を知ってる方々に、よく癌仲間を紹介されるのです。

日々、着々と癌友の輪が広がっています・・・。



そして、先日のインスリン教育入院で、新しく友達になった糖尿病のインスリン友。

そのインスリン友に、膵臓癌患者を紹介されたというのです。

ご主人を亡くしたばかりの62歳。膵臓癌が発覚した時には手術不可能。娘さんが号泣して大変だった、と。



インスリン友は、母に言うのです。

「癌のスペシャリストを紹介するって言ったんだ!電話してみでけろ!」



母が、”癌のスペシャリスト”?



40台で乳がん。右胸を切除し完治。
50台で甲状腺がん。切除し完治。
60台で膵臓がん。ステージⅣaだが、3年元気。

この経歴が、”スペシャリスト”という言葉を産んだのでしょう。



・・・なんだ?褒められているのか?




そして、
電話で何をしゃべったのか。。。

●とりあえず、今の生活について世間話。
●旦那さんが亡くなった事。
●お嫁に行った娘さんと一緒に暮らす事に決めたこと。
●ショック過ぎて、ステージが何かは覚えていない。
●抗がん剤を始めたが、薬剤名は覚えていない。新しい薬で効きが強い、髪の毛が抜けると言われたこと。

・・・まだ、何も考えなれない、、、と。

とにかく、膵臓癌初診者なので、話を聞いてあげたそうです。




以前から、母に言っています。
「治療法を、人に薦めたらダメだよ」と。

だから、母は一言。
「最終的にどの治療を選ぶかは自分で決めるんだよ。」と。



母は3年間元気ですが、いろいろ試しすぎて、何が良いのか分かりません。
しかも、結構な費用がかかっています。
しかもしかも、膵臓癌は健在。。。



”スペシャリスト”と言われても、立派なアドバイスは出来ないのですよ。

完治出来たら、威張れるかなぁ。



ただ、お話するのは大得意です。
人の話を聞くのもベテランです。

お話をすること、それだけで救われる事ってありますよね、きっと。


早速、お会いする約束をしたそうです。
ふたりで、免疫力UP出来ると良いな。



   ↓ いつもありがとうございます!いつも力を頂いています!
にほんブログ村 病気ブログ すい臓がんへ
にほんブログ村




[PR]

by roll1822 | 2017-01-25 22:16 | 膵臓がん | Comments(0)

芸能人が亡くなった時に感じる疑問。


最近、芸能人が亡くなったニュースを見ると、つくづく思うのです。

知っている芸能人が多いなぁ・・・と。

私が歳を取った証拠なんですよね。。。

以前は、知らない方が多かったのに、最近は知っている方ばかり。。。

だから、衝撃が大きい!

テレビで見るだけの方々なのに、寂しい気持ち。




そして、思うのです。

・・・癌ばっかり!



更に、思うのです。

・・・お金もコネもたくさんあるだろうに、どうして長く生きられなかったのだろう。



もちろん、初めから治療を選択しない方も居ます。
でも、もっと生きたいと思う方のほうが圧倒的に多いはず。



樹木希林さんの全身癌(?)では、鹿児島の「四次元ピンポイント照射治療」が有名になりました。

四次元?鹿児島?高価な上に、私にとってはかなりの旅です。
手は出せない治療だなぁと思って来ました。



もっともっと最新の治療はありますよね?

「凍結療法」とか、「光線力学的療法」とか、「遺伝子治療」とか、もちろん「ナノナイフ」も。

試したいけれど、高額過ぎて手を出せない治療、芸能人なら出来るのでは?と疑問に思うのですが、そんな朗報を聞く事がありません。

「神の手」を持つ外科医だって、コネとかありそうじゃないですか。



延命もしくは助かった芸能人の話が目立たないだけで、実は最新の治療を受けられている方々はたくさん居るのでしょうか?



それとも、お金があっても癌には勝てないの?・・・



あと数年だ!医学は刻々を進歩しています。




   ↓ いつもありがとうございます!いつも力を頂いています!
にほんブログ村 病気ブログ すい臓がんへ
にほんブログ村




[PR]

by roll1822 | 2017-01-24 22:10 | 膵臓がん | Comments(0)

稀勢の里「努力で天才に勝つ」


19年ぶりに日本出身横綱が誕生。
稀勢の里さん、おめでとうございます!



一方・・・

佐渡ヶ嶽部屋力士を応援している近所のスーパーでは、、、

「今場所での佐渡ヶ嶽部屋力士の取組成績に至る結果に対し、ご声援・ご期待に応えることが出来ず誠に申し訳ありませんでした。」
と広告でお詫び。

そして、本日なんと「15%引」!!
もやしなんて、1袋9円でしたよ。

来場所は、頑張れ!!



・・・と言っても、私は相撲に詳しくないのですが。



本日気になったニュース・・・

稀勢の里さんが、学の卒業文集で、書き綴っていた言葉。

「天才は生まれつきです。もうなれません。努力で天才に勝ちます」



すごい!

すごい中学生です!


稀勢の里さんは、天才だったという事で理解しました。


希望を捨てないこと、それが大事なんですね、きっと!!


   ↓ いつもありがとうございます!いつも力を頂いています!
にほんブログ村 病気ブログ すい臓がんへ
にほんブログ村




[PR]

by roll1822 | 2017-01-23 22:52 | 膵臓がん | Comments(2)