カテゴリ:膵臓がん( 251 )

ハイパーサーミア卒業


毎週土曜は、ハイパーサーミアの日なのですが。。。


やめる事にしました。


2年2か月、お世話になりました。
効いているかは、もはや分からなかったのですが、何となくやめ時が分からなくて。。。

2年2か月前、初めてハイパーサーミアを受けに行った時の喜びは忘れられません。
主治医は前向きな話を全くしてくれず、何をして良いか分からなかった時、ハイパーサーミアのY田先生と出会い、とても晴れやかな気持ちで帰った事を思い出します。
とてもよく話を聞いて下さり、まだ希望はあるのかもと明るい気持ちになれました。

今思えば、2年2か月前から、母と私の癌との共存作戦が始まったわけです。

主治医の話をじっと聞いているだけでは長く生きられない。
自分で調べて行動することにも、きっと正解があるのかもしれないと感じた瞬間であったと思います。

そこの病院で、癌友さん達もたくさん出来ました。
母は、いつも楽しそうに宮城に行きましたよ。
それだけでも、母には良い治療だったのだと思います。


今、誰よりも寂しがっているのは、2年2か月間、ほぼ毎週、母の送迎を担当してくれた私の夫さん。

 「もう行かないかと思うと、寂しいなぁ。」

・・・1日、何をして良いか分からないようです。


因みに、ハイパーサーミアをやめる理由は、単に ” 忙しいから ” 。

T医科大学病院とM院の入院が、それぞれ2~3か月毎に繰り返される為に、いつどういうスケジュールになるか分からず、ハイパーサーミアの予約を入れる事が出来ないのです。

これまで何度も、一つ一つ治療を切り替えて来ました。
ハイパーサーミアには、長くお世話になりました。

やめたくない気持ちもあったのかもしれませんが、母の決断した結果です。
次の治療に本気で挑む為に。




   ↓ いつも力を頂いています!たくさんの情報があります!

にほんブログ村


[PR]
by roll1822 | 2017-07-15 21:29 | 膵臓がん | Comments(6)

キイトルーダ、「固形がん」で国内申請か


本日、社内で回覧の記事。

キイトルーダ、「固形がん」で国内申請か
~国がん東病院・吉野氏「大腸がん以外が重要」、バイオマーカーで選別~
MSDが抗PD-1 抗体「キイトルーダ」(一般名=ペムブロリズマブ)を、特定のバイオマーカーで選別された固形がんの適応で国内申請する可能性が出てきた。実現すればがん種を問わない「固形がん」治療薬は国内初となる。キイトルーダの大腸がん適応の治験責任者を務めた国立がん研究センター東病院消化管内科長の吉野孝之氏は本紙取材に、「医学等専門家として申請に立ち会う予定」と述べ、固形がん治療薬としてのキイトルーダの国内申請を、MSDに促す意向を示した。特定のバイオマーカーとは、「マイクロサテライト不安定性を高頻度に認める(MSI-H)またはミスマッチ修復欠損(dMMR)」のこと。米国食品医薬品局(FDA)は今年5月23日、キイトルーダに対し、このバイオマーカーで選別された大腸がんを含め、世界で初めて「固形がん」の適応で承認をした。DNAの複製エラーを修復する機構に異常が発生したときに見られるMSI-HまたはdMMRの患者は、約80%が大腸がんを発症すると報告されている。米メルクは日本を含む国際共同治験で、この遺伝子変異をバイオマーカーとして、大腸がんを中心にした開発を進めていた。しかし、この遺伝子変異は、大腸がんのほかにも少数ながら子宮内膜がんや卵巣がん、胃がんの発症にも関わっていることから、メルクは大腸がん以外の適応はまとめて「固形がん」として開発を実施。国際第Ⅱ相試験「KEYNOTE-158」では完全奏効を含む奏効率28%との結果が得られた。キイトルーダが、日本でも固形がんの適応で承認されれば、従来のがん種別の治療体系から新たな第一歩を踏み出すことになる。医薬品医療機器総合機構(PMDA)との協議も必要で、MSDは「申請の可能性を含め検討中」と明言は避けたが、吉野氏はあくまで固形がんでの承認取得を達成したい考えだ。MSI-HまたはdMMRの遺伝子変異のある患者では、「大腸がんよりもそれ以外のがん種は予後が悪いが、キイトルーダで完全奏効を含む有効性が得られたのはインパクトが大きい」と述べ、むしろ大腸がん以外の固形がんで治療の重要性が高いと指摘する。一方で、国内での遺伝子検査の体制が承認の障壁になる可能性もある。診断のためのMSI検査は大腸がん以外の固形がんの場合は必ずしも基盤が整っていないという。現状は、がん種別に診断方法なども異なり、吉野氏は「固形がんとして横串を指すのは難しい。医療者の意識を高めないといけない」との課題も示した。


私と母にとっては、まだまだ遠い将来の話ですけど。
しかも、膵臓がんには、ダメかな?とも思いますし。

でも、治療の選択肢は、どんどん増えて欲しいものです。

   ↓ いつも力を頂いています!たくさんの情報があります!

にほんブログ村


[PR]
by roll1822 | 2017-07-14 21:13 | 膵臓がん | Comments(0)

病院探し


動注の週一の治療を受け入れてくれる病院を探し中。

とても対応が良かったのが、Y大学付属病院とT大学病院。
どちらも、看護師さんが対応して下さったので、抗がん剤の種類も治療の内容もすぐに理解してくれました。
すぐに専門の医師に確認し、折り返しの返答を下さいました。

驚く程、気持ちの良い対応でした!

今の所、T大学病院のみ可能性が無くは無い、という状況。

 ”すい臓がんに動注治療を行った事はない。”
 ”普通のすい臓がん患者に動注治療は実施出来ない。”

普通のすい臓がん患者?

母は、ポートを埋め込んだすい臓がん患者ですけど・・・?



 roll:「これまで実施した事が無いという事は分かりました。
   今後実施出来ないという事ではないですよね?」

 看護師さん:「そう思いますよね!紹介状を書いてもらって、
    一度セカンドオピニオンを受けられた方が良いかと思います。」


そうします!

T大学病院なら、バスで一時間程度です。
何とかなります!


   ↓ いつも力を頂いています!たくさんの情報があります!

にほんブログ村


[PR]
by roll1822 | 2017-07-13 20:58 | 膵臓がん | Comments(4)

手足症候群も楽ではない


退院後もまだ苦しんでいる副作用が、”手足症候群”

TS-1の時もひどかったですが、やっぱり5-FUも同じ。

手足がガサガサ、カチカチ、出血もあります。
過去に三度程、ものすごい水膨れになった事もありました。
足全部が水膨れでパンパンなのです。
驚きました。

台所仕事は、手袋をしています。
出掛ける時もおしゃれ手袋をします。
足は、なるべく緩めの靴を。
近場に出掛ける時は、ナースサンダルを履いています。

髪の毛が生えて来たなと思ったら、今度は手足。

消化器系や血液にあらわれる副作用より良いじゃん!と言いたい所ですが、歩けなくなる恐怖もあるので、楽ではありません。

やっぱり抗がん剤の副作用は、どれもキツイ。
どれが良い、なんて無いんだな。

唯一何とも無かったジェムザールは、効果ゼロだったし。
効いているから、副作用が強いんだ!と思いたい。。。



   ↓ いつも力を頂いています!たくさんの情報があります!

にほんブログ村


[PR]
by roll1822 | 2017-07-12 23:51 | 膵臓がん | Comments(2)

多分駄目だったんだと思う


母は、本日自宅に帰って来ましたが、私はまだ会っていません。
会えるのは週末です。

昨日の母との電話で感じた ”違和感” 。。。

『腫瘍マーカーもCTの結果も、悪くはなってない。現状維持。』と言われたよ。と母。



・・・ずっと、引っかかっていたのです。


今日、叔母にも聞いてみました。
病院からもらってきた書類に、現在のデータが記載してあったそうです。
腫瘍マーカーは上がっていた。腫瘍の縮小は認められないと書いてあったよ、と。
でも、先生は、まだ治療が始まったばかりだから、と言っていた、と。

昨日、母も同じ事を言っていました。



HIFUの後で抗がん剤が効きやすい状態に、休みなしに抗がん剤を3週間続けたのです。
本当であれば、今が一番効果が出る時期ではないですか?
これまでの3年9か月の経験から、抗がん剤が効く場合は、初めの1ヶ月から効果が見え始めていました。
効かなかったジェムザールは、あっという間に切り上げましたし。

・・・きっと、効いてない。
多分駄目だったんだと思う。
そんな気がとてもする・・・。



母を駆け足させている私。
私も共に駆け足しています。
私たちにとって、”現状維持” は、残酷な現実。

今の状態で現状維持を続ける事が理想なのか。。。
3年9か月かけて、母の腫瘍は相当頑固になっています。



   ↓ いつも力を頂いています!たくさんの情報があります!

にほんブログ村


[PR]
by roll1822 | 2017-07-11 22:44 | 膵臓がん | Comments(0)

退院延期を拒否


朝から、母から電話が来ました。

明日、無事に退院するよ、と。
手術から約3週間、入院日から約1ヵ月間、の入院生活でした。

本当は、食欲が落ちて抗がん剤を休薬した為に、退院は延期することになったそうです。

でも、

 「ここに居ても食欲出ないから、退院したいって言ったんだ!」 

と強きな母。


あぁ、そうですか。
さすがに、一ヶ月は長かったですね。
こちらからの要望で、退院させてくれるのは有難いです。

さぞかし明日が待ち遠しい事でしょう。



外は、相当暑いですけどね。。。



   ↓ いつも力を頂いています!たくさんの情報があります!

にほんブログ村


[PR]
by roll1822 | 2017-07-09 20:23 | 膵臓がん | Comments(0)

5-FUとマイコマイシンCを動注してくれる病院は東北にあるのか


これからの治療は、

一週間~10日間隔で、
●ヘパリンと生食を動注。(血液凝固を防ぐ目的)
●抗がん剤、5-FUとマイコマイシンCを動注。

これを、M病院に通わず、近くの病院で出来るかどうか。。。
結構、難題かも。。。

まず、動注を受け入れてくれるものか。



もし、実施してくれそうな医療機関が見つかれば、その医師宛てに院長からお手紙を出してくれるそうです。
やり方を説明してくれるのでしょうね。


母は、やっぱり埼玉に通うのが一番安心だと言います。
私もそう思います。

でも、まずは探してみます。
そして、治療のリスクと通院のリスク、両方を踏まえてどちらを選択するか決めたいと思います。


   ↓ いつも力を頂いています!たくさんの情報があります!

にほんブログ村


[PR]
by roll1822 | 2017-07-08 21:44 | 膵臓がん | Comments(4)

母より先に父が死ぬのではないか


昨晩、父に電話をしたんです。
20時前くらい。


・・・出ないんですよ、電話に。
もう20時なのに、どうして?

慌てて携帯に電話しました。

 「はいはい。」

いや、はいはいじゃなくて、今どこに居るの?

 「家に着いた。本家に行って来たんだ。親戚の電話番号を教えてもらいたくってよ・・・。」



・・・嘘だな。

こんな時間に本家に行くはずがない。
電話番号を聞くくらいなら、電話で十分でしょ!

と、思いながらも、
お母さんの病院に言って来たよ。
さくらんぼ届けたよ。
元気だったよ。
・・・と穏やかに話をしました。


・・・多分タバコですよ、父は。


家族に内緒で吸っているタバコ、いつも外に出て家の陰で吸っているんです。
家族は、み~んな知ってるんですけど。

危険なんですよ。
外で倒れてた事もあるし。
貧血持ちで不健康な体の弱い父。

家の中で吸いたくないと思ってくれるのは有難いですが、隠れてまで吸いたいものですか?
18年前、胃癌の手術をした時に、せっかく禁煙に成功したのに。。。

好きな物しか食べないし、お酒は大好き、タバコ吸うし。。。
最近、父までもが糖尿病と診断されました。
すい臓がんではないですよね?とビクビクですよ・・・。
母が父に糖尿病の大変さを語っていました・・・。



母より先に父が死ぬのではないかと思う時があります。



親は大事ですよ。
私が子供達の親であるように、父と母は私の親である。
つまり、私の子供達に対する感情と同じ感情が、私の両親にもあるのだろうと考えると、無条件に親を慕いたくなります。



長生きしてもらいたいなぁ、とつくづく思うのです。

お母さんは、生きたい!と前を見て頑張っている。
母の前でタバコは吸って欲しくない。
・・・だけど、隠れて吸われるのも心配です。

母が居なくて家に一人。
外で倒れていても誰にも気付かれません。
時々具合悪くなる人なので、いつかそんな時が来るのではないかと胸騒ぎ。



   ↓ いつも力を頂いています!たくさんの情報があります!

にほんブログ村


[PR]
by roll1822 | 2017-07-07 21:21 | 膵臓がん | Comments(4)

残念


埼玉の叔母から、草加煎餅がたくさん送られて来ました。
お礼の電話をすると、、、

「お母さん、退院後は2週間おきに埼玉に通院することにしたらしいよ。地元じゃ出来る病院無いらしいよ。」

えっ?
話と違うよ・・・?

出たよ、母の勝手な判断!!!

昨日、院長にお手紙を書いてもらって、処置の種類さえ分かれば、私が地元で病院を探すから、って言ったのに。
院長の回診時に、きちんとお願いしてね、って言ったのに。

入院前の説明で、退院後一ヶ月は一週間~10日おきに、通院しなければならない。
でも、遠方の人は地元で病院を探しても良いですよ。
ただし、こちらで病院の紹介はしませんから。
・・・と説明を受けました。

母は、その日に早速主治医に電話をし、確認していたのです。
何の処置を行わなければならないかも知らないのに、「動注出来ますか?」って。
そんな、出来るわけがない・・・。
出来るなら埼玉に来ていませんよ。
そもそも動注療法をどこまでご存知ですか?

私は働いているので、そんなに休みは取れません。
毎週など、とてもとても通えません。
母は、一人で通うから大丈夫!と。
なに、馬鹿なことを。。。
どうしても、M病院でしか処置出来ないなら仕方が無い。
しかも、遠方の人は他に病院を探しても良いって、病院から言ってくれているんだから、まずは探すべきでしょう!
県内が無理なら、宮城だって通える!

一人で新幹線に乗るのだって不安なのに、乗り換え乗り換えで知らない土地を歩けるわけがない!
しかも、癌患者!!!



早速、母に電話をし、明日、院長にお願いするように!と釘を差しました。
もう時間が無いのです。
明日が、最後の診察の日。

時々、私の話を無視して勝手な判断をします。
勘弁して欲しい。。。


そして、いよいよ食欲が無くてツライから、抗がん剤をストップしてもらうことにしたって・・・。
残念。。。
昨日は、お稲荷さんが食べたいって叔母に買ってきてもらってたじゃないか・・・。


明日、退院前の説明を、母一人で聞くのです。
仕方ないのです。

どうか、母の思い込みがありませんように。。。



もうすぐ退院なのに、ここに来て残念だ。。。




   ↓ いつも力を頂いています!たくさんの情報があります!

にほんブログ村


[PR]
by roll1822 | 2017-07-06 22:59 | 膵臓がん | Comments(4)

お見舞い


今日は東京出張。
朝5時半に家を出発し、母の病院経由で出張先に向かいました。

八重洲で12時から会議があった為、母との面会時間は実質30分。。。
遠いなぁ、富士見市。

出張で私が病院に行くと知った母は、早速、私にさくらんぼの配達依頼を。

今朝から、1kgのさくらんぼを抱えて、私は新幹線に乗りましたよ。
右手にさくらんぼ。
左手にノートパソコン。

何を考えているんだと呆れたものの、まぁ、喜んでくれたから良かった。
早速同じ部屋の癌友さんに渡していました。

6人部屋は、みんな退院した後で、2人っきりの寂しい部屋になっていました。

母は元気です。
まだ食欲が無いとは言っていましたが、ゲッソリ痩せたなぁ、という印象はありません。
母の明るさから来るものだと思います。

あと5日程度で退院出来るそうです。
血液検査の問題もなく、3週間休みなく抗がん剤を続けられました。

退院したら、一ヶ月間は毎週病院に来なければなりません。
看護師さんに相談すると、遠方の患者さんは、院長からお手紙を書いて頂いて、地元で病院を探しても良いとのこと。
具体的に何をするのかは、まだ分かりませんが、血液が固まらない為の処置だとか。

途中看護師さんとの話もあった為、30分とは言っても、母と話した時間はほんのわずか。
でも、ほんわかした気分で帰りのバスに乗れました。

帰り際、同じ部屋の癌友さんに、挨拶しました。
  「すみませんね、いつも賑やかな母で。うるさくて。」

  「いえいえ。いつも助かってますよ。」と、癌友さん。
ありがとうございます。



  roll:「髪の毛、良い感じんね?
     そういう人いるよ。ちょっと白いけど。」

  母:「誰かにも言われたなぁ。。。」

そんな会話をしながら別れました。
何事もなければ予定通り退院出来るはずです。

みんな待ってます(特に父)。


   ↓ いつも力を頂いています!たくさんの情報があります!

にほんブログ村


[PR]
by roll1822 | 2017-07-05 23:25 | 膵臓がん | Comments(4)

2013年10月、母の膵臓癌が発覚。ステージⅣaですが、3年間元気に生きています。最新治療ナノナイフの経過を記録していきます。


by roll1822
プロフィールを見る
画像一覧