カテゴリ:膵臓がん( 169 )

癌との共存は、休憩している余裕がないです。


(昨日の続きです。)

治験を受けられなかった事は想定外でしたが、他の医師達と相談の結果・・・
と言われましたので、まぁ仕方がない。
それ以上、聞く気もしませんでした。

ただ、、、
母が、明らかにしょんぼりしています。


私は、すぐに切り替えました。

  「それなら、通常HIFUを受けたいです。」


CT画像を見ながらの説明です。

  「胃に近い所がありますので、ここは気を付けないといけないですね。」

そして、資料を見ながらHIFUの説明をされました。
実は、あまり詳しい事は知らなかったのです。
疑問点は質問させて頂きました。

きちんと顔を見て、目を見て話して下さる先生、すごく感じが良いです。
丁寧に教えて下さいます。
さずが、M先生のお弟子さんです!


結論・・・

急遽、2週間後に入院が決定しました。
6日間の入院です。
その間、HIFUを2回照射します。

患者への負担が少なそうな、温熱療法のような治療です。

あくまで臨床試験。費用は研究費から頂けます。
入院費用(個室料金)のみの支払いで済むそうです。
2~3ヶ月毎にHIFUを行い、数回繰り返すうちに効果(縮小)が現れる(かもしれない)とのこと。
臨床試験データを見せて頂いた限りでは、これもまた2倍の延命効果・・・。

抗がん剤と併用します。
今回は時間がないので、アブラキサン&ジェムザールを継続します。

既に効かなくなった抗がん剤ですが、HIFUを受ける事で、抗がん剤が浸透しやすくなる為に有効性には期待出来るかもしれないと言われました。

DDSの治験にはすごく興味があったのですが、HIFUを受けられるだけでも良しとします。
次の治療が見つかり、とりあえずホッとしています。

また、次の方法論を探します。
延命を繰り返します。
3年半元気に暮らしている母ですが、更にプラス1年半!
⇛5年間の癌との共存を目標にします!

それまでに、もっともっと医学が進歩することを願います。祈ります。
癌との共存は、休憩している余裕がないです。。。


   ↓ いつも力を頂いています!たくさんの情報があります!

にほんブログ村


[PR]

by roll1822 | 2017-04-06 22:50 | 膵臓がん | Comments(5)

駄目でした。。。(-_-)


DDSの臨床試験を希望していました。
山王病院のM先生から東京医科大学病院に紹介状を書いてもらっていたのです。

受けられると思っていました。



・・・でも、駄目だったんです。

最終審査で、『受けられない』との結論が出たそうです。
理由は、ナノナイフを受けたから・・・だって。
この間は、3ヶ月経過しているから大丈夫だって言ってたじゃないか!


ふぅ。。。


きっと、人数多かったから、ナノナイフを理由にされたんですね?

まぁ、良いんです。
癌との共存、、、期待が外れる事には慣れました。。。


今日は暖かくて良い天気でした。
桜を見る事を楽しみにしていたのに。
東京駅から地下鉄で一本だったので、外にはほとんど出ていません。

帰りの新幹線で母と・・・

 「桜、見れなかったね。。。」



   ↓ いつも力を頂いています!たくさんの情報があります!

にほんブログ村


[PR]

by roll1822 | 2017-04-05 23:28 | 膵臓がん | Comments(7)

お金で命を買えるのかな。


お金があれば、延命出来るのにな・・・って思った事ありませんか?

癌との共存は、お金がかかるなぁ。。。
受けたい治療、気になる治療はあっても、費用を見ると手が出せません。

治療全部が保険適応になれば、余命はもっと伸びますよ。
標準治療ばかりが良いのではありません。
民間療法にも良い治療はたくさんあります。

たくさん調べて、頭が膵臓癌でいっぱいになっても、受けられる治療は限られているのです、費用が高すぎて。

お金があれば、治療の選択肢が増えるのではないか・・・。
私は、いつもそう考えています。

ハイパーサーミアが人気な理由は、保険適応だから。
高濃度ビタミンC注は、自由診療で1回あたり17,500円!
繰り返し投薬する事が必要なのに、費用面で長く継続する事が苦しい。
樹状細胞だって、費用対効果が分からないから試せない!
ナノナイフだって、命が2倍になるなら、また受けたい!
気軽に試せる漢方だって高いし!

お金が幾らあっても足りません・・・。


お金持ちは、延命できるのかな・・・という私の疑問・・・。
つまり、お金で命を買えるのかな・・・。



   ↓ いつも力を頂いています!たくさんの情報があります!

にほんブログ村


[PR]

by roll1822 | 2017-04-04 21:59 | 膵臓がん | Comments(6)

ナノナイフ前後の腫瘍マーカー。余命が2倍の効果?


ナノナイフ前後の腫瘍マーカーをまとめてみました。

【CA19-9】
 2016/10/12:1055.3 U/mL
  ~11月ナノナイフ~
  2016/12/06:1309.8 U/mL
  2017/01/11: 707.6 U/mL
  2017/02/01:1409.3 U/mL
  2017/03/07:2462.0 U/mL

【CEA】
 2016/10/12:17.5 ng/mL
  ~11月ナノナイフ~
  2016/12/06:15.4 ng/mL
  2017/01/11:10.6 ng/mL
  2017/02/01:15.6 ng/mL
  2017/03/07:18.1 ng/mL


改めて見てみると・・・
11月にナノナイフを受けて、2ヶ月後にガクンと下がり、3ヶ月経過の後また上昇。

ジグザグみたいに、下がって上がって・・・。
下がった分、寿命が伸びたということか・・・。

母の余命は半年でした。
今月が、半年目にあたります。

母の場合は、腫瘍の大きさがナノナイフの適応範囲を超える大きさだった為、期待できる効果としては ” 余命の2倍程度の延命 ”

つまり、半年が1年に伸びた。
半年経った今、命があと半年残っているということ。


余命半年と言われたのに、3年半前と何ら変わらず元気に生活出来ています・・・。

本当に、2倍だけの効果なの?


   ↓ いつも力を頂いています!たくさんの情報があります!

にほんブログ村


[PR]

by roll1822 | 2017-04-03 20:59 | 膵臓がん | Comments(7)

治療法は自分で決める!


昨日は、ハイパーサーミアでした。

4月は、新しい治験の準備期間として、1ヶ月間抗がん剤を受けられません。
そこで、考えたこと。

 ハイパーサーミアの直前に、高濃度ビタミンC注
 もしくは、高濃度丸山ワクチン(アンサー20注)を受けてみよう。


静脈注射の場合は、経口投与の錠剤と違って、あっという間にCmax(血中最高濃度)を迎えるため、すぐに排泄されて、血液中に留まる時間なんて限られています。

私の母は、2年前から、ビタミンCの効果に期待して、ハイパーサーミアの直前に高濃度ビタミンC注を注射していました。

血液中にビタミンCが多く残っている状態。。。

ビタミンCは、自らが酸化されることによって発生する大量の過酸化水素が、それを代謝する酵素であるカタラーゼをほとんど持たないがん細胞だけを攻撃するわけですので、何となくビタミンCとハイパーサーミアの併用は良いような気がしたのです。

膵臓癌の腫瘍には血管がほとんと無いと言われますので、あまり意味がないのかもしれないのですが、あくまで ”感覚的に” 実践していました。

今回も、その同日治療を行おうと考えていましたが、何せハイパーサーミアの人気があって希望時間に予約を取る事が出来ないのです。

そこで、同日の組み合わせ予約が困難な週は、アンサー20注をハイパーサーミアの直前に投与する事にしてみました。
アンサー20注は、人の免疫組織の活性を促す薬剤ですので、ビタミンCとは作用が異なるものです。
従って、アンサー20注の場合は、腫瘍を攻撃するという意味ではなく、全身の免疫力を更にUPさせる事に期待します。

良いかどうかなんて分かりません。
でも、悪い事はないだろうし、良いかもしれない・・・そんな感覚。

エビデンスはありません。。。

でも、治療法は自分で決めるしかないんです!


   ↓ いつも力を頂いています!たくさんの情報があります!

にほんブログ村


[PR]

by roll1822 | 2017-04-02 09:14 | 膵臓がん | Comments(8)

最後のアブラキサン&ジェムザール


アブラキサン&ジェムザール

 最後の投薬が、終わりました。



初めてのTS-1は、効果が長かった。
次の、ジェムザールは全く効かなかった。
その次の、アブラキサン+ジェムザールは、始めだけグッと腫瘍マーカーが下がった。
でも、その後は少しづつ上がり続け・・・、もうストップ。
まる5ヶ月でした。
その間、受けられた回数は、TOTAL 10回もありません。
血小板と白血球が減りすぎて、受けられない日が多すぎて。
(でも、その他の副作用は大した事ありませんでした。)

次は、フォリフィリノックス。
もう最後の抗がん剤かなと思っています。
3年経過しても変わらず元気だから、3年経ったこれからでも、
フォリフィリノックスが受けられるのです。

TS-1に戻ろうかなとも考えています。
止めてから1年経過しましたので、また効いてくれる事に期待して。
フォリフィリノックスは、出来れば受けたくなくて。。。


抗がん剤の切り替えは、つらい。。。
カウントダウンされるみたいな気分になります。


   ↓ いつも力を頂いています!たくさんの情報があります!

にほんブログ村


[PR]

by roll1822 | 2017-04-01 13:12 | 膵臓がん | Comments(3)

長く長く、穏やかな日々が続きますように。。。


3月が終わりますね。
3月は、母と私の誕生日。

私の歳はどうでも良いとして、母は、66歳になりました。

母が、年齢を重ねられる事が嬉しい。。。


母の母が63歳で亡くなり、母は62歳で癌が発覚した為、きっと母自身も63歳で亡くなるんだろうと、勝手に運命を恨んだ日がありました。

2014年の正月は真っ暗で、次のお盆を迎えたい、次のお正月を迎えたい、
次のお盆を、次のお正月を・・・と、ずっと目標を立てて来る間に、
いつの間にか66歳になることが出来ました。

今思うと、母の癌が発覚した時、次男は2歳だったんだ!と思うと、
月日が経つスピードにとても驚きます。

もうすぐ春ですね。
春は大好きです。

長く長く、穏やかな日々が続きますように。。。



   ↓ いつも力を頂いています!たくさんの情報があります!

にほんブログ村


[PR]

by roll1822 | 2017-03-31 23:01 | 膵臓がん | Comments(0)

酸素カプセルって癌に良いの?


兄から電話が来ました。

  「酸素カプセルってどうなんだ?」

・・・兄も色々調べているようです。


酸素?


酸素は悪いイメージしかありません。
当然人間にとって酸素は必要ですが、
あらゆる物質を分解させるイメージが強くて。。。
私の仕事でもいつも酸化に悩まされてるし。。。

酸素カプセルが、傷や炎症の治癒促進や肉体疲労の回復に用いられているのは知っていました。
きっと、元気な細胞には良いんでしょうね。

でも、癌にはどうなの?

ましてビタミンC点滴を受けようとしている中、ビタミンCに酸素なんて!
ビタミンCが壊れてしまうじゃないですか!

でも、ネット上では、癌に良いとされる書き込みもあります。
癌は、熱と酸素に弱いとか・・・。

『癌は大きくなる程、内部のがん細胞が変性して酸素欠乏の状態となり、多量の抗酸化酵素を含む状態となります。
放射線治療・抗がん剤治療・ビタミンC大量点滴は、いずれ癌組織で活性酸素(フリーラジカル)を発生させ癌を壊します。
癌が抗酸化酵素を持つようになると活性酸素を中和してしまうため治療効果が著しく効果が低下します。国内のある大学では、癌組織にオキシドールを注入して酸素を送り込むことにより、放射線感受性が高まる事を利用して治療効率を上げていますが、酸素カプセルでも同様の効果が期待されます。
特に、ビタミンC大量点滴 抗がん剤 放射線治療前に集中して受けることが大切だと思います。放射線 抗がん剤治療を受けている方は、直前に酸素カプセルを使用することで効果が非常に高まります。癌組織の酸素濃度を上げることにより、癌周辺の正常組織の活性をあげて防御機能を高め、還元型マクロファージを増やし免疫を高めると同時に、癌細胞の酸素不足を解消させ解糖系の活動速度を低下させることができれば、悪性から正常細胞への分化誘導を促せる可能性があります。しかし、一方では連日の使用は癌の増殖を促す危険性もあり、経過を見ながらの使用が必要です。』

へぇ~。
適度な酸素なら良いという事か。

酸素カプセルは、高価ではありません。
近所にもあるし。

でも、本当に良いのかなぁ・・・と疑問で、兄に回答出来ません。

まぁ、民間療法の場合、何が良くて何が悪かったかなんて、
答えの出ようもないのですけどね。



   ↓ いつも力を頂いています!たくさんの情報があります!

にほんブログ村


[PR]

by roll1822 | 2017-03-30 22:58 | 膵臓がん | Comments(0)

生きていると追い越される事もある


母が膵臓癌が発覚してから、3年5ヶ月が経過しました。

最近、母からよく聞く・・・

  「あの人、亡くなったんだど(亡くなったんだって)・・・」



3年前は何ともなくて、母に頑張れって言ってくれた人、
この3年間に大腸癌になってあっという間に亡くなったみたい・・・。

病院でたくさん話をした癌友も・・・。

親戚も・・・。


母の周りは大腸癌が多いそうです。



  「お母さんは、癌の王様なのにね・・・追い越されたね。」


仲良い人が亡くなるショックは大きいと思います。
母は、どんな事を考えているのだろう、と思います。
私は、何と返せば良いのか分かりません。



   ↓ いつも力を頂いています!たくさんの情報があります!

にほんブログ村


[PR]

by roll1822 | 2017-03-29 23:09 | 膵臓がん | Comments(0)

高濃度の丸山ワクチンを再開します


母は、しばらく高濃度の丸山ワクチンを注射していました。


高濃度の丸山ワクチンとは、「アンサー皮下注20μg」のこと。

そして、アンサー皮下注20μgとは・・・
『1981年に丸山ワクチンの承認を取ることに失敗したゼリア新薬工業は、申請の作戦を変えて「丸山ワクチン」ではなく「アンサー20注」の認可を求め、1991年に承認を取ることに成功しました。
丸山ワクチンは広くがん全般の治療を対象とした薬として認可を求めたのですが 「アンサー20注」は 放射線治療時に起こる白血球減少を抑える薬ということで 承認を取ったのです。』

母の母(私の祖母)が30年以上前に、胃がんで丸山ワクチンを
使っていましたので、母にとって丸山ワクチンは、
とても身近な薬剤だったのです。

2年前、主治医ではなく(当然!)、別の病院で丸山ワクチンの
相談をした所、
  「アンサー20注」を使ってみては?
と医師にアドバイスされたのです。

本来、膵臓癌に「アンサー20注」は適応なりませんので、
保険も適応外です。

でも、1回の注射は、1万円程度。

医薬品の添付文書からは全く読み取れませんが、
2週間に1回くらいでOKとの医師の判断。←適当か?

良いかどうかは分からないけれど、かけられる程度の費用でしたので、
早速注射してもらいました。

ナノナイフを受けてから、しばらく、「アンサー20注」は
止めていましたが。。。



今週から、再開します!
治験を始めるまで。

費用次第で、出来るものは何でもやろう!
何かが効くかもしれないし!!



   ↓ いつも力を頂いています!たくさんの情報があります!

にほんブログ村


[PR]

by roll1822 | 2017-03-28 20:39 | 膵臓がん | Comments(0)