カテゴリ:膵臓がん( 195 )

TS-1と言えば、冷やし中華


昨日、母は夫さんとハイパーサーミアへ。

毎週、治療が終わると、二人で食事をして帰って来ます。
いつも同じ食堂に行きます。
中華も洋食もあって、好きなものを選べるランチありの居酒屋です。
オレンジジュースはオレンジを絞ってくれる洒落たお店で、長男も気に入っています。因みに長男は、いつも牛タン定食を食べるのを楽しみにしています。
約2年間通っている事を考えると驚きます。

いつもはトンカツなどお肉を選ぶ母ですが、昨日は冷やし中華。


あっ!冷やし中華!
TS-1と言えば、冷やし中華なのです。

3年前、TS-1の副作用で食欲が落ちた時、母がよく食べていたのが冷やし中華。
食欲が無くとも、冷やし中華なら何とか食べられる、と。

3年前、抗がん剤が始まって一緒に外食に行った時、母のあまりの食欲の無さに愕然とした事を思い出します。

あれから3年目の夏、またTS-1に戻り、今年もまた冷やし中華を食べています。

いよいよ夏の始まりですね。


   ↓ いつも力を頂いています!たくさんの情報があります!

にほんブログ村


[PR]

by roll1822 | 2017-05-21 14:06 | 膵臓がん | Comments(2)

母の主治医を褒め称える名医


そういえば、富士見市のM先生の初診で、、、

「すごいですね~、3年半も。。。さぞかし抗がん剤が体に合ったんでしょうね~。主治医の先生がとても良く対応して下さったんでしょうね~。」

「ここまで元気なのは、主治医の先生のお陰ですね~。主治医の先生に感謝しなければなりませんね~。」

「ここで治療を受ける事になっても、主治医の先生は信頼し続けて良いですよ~。」


褒める、褒める・・・!



母の主治医は、何のお陰にもなっていませんよ。
母にストレスをくれただけ。

既に1年前に、完全に匙を投げた主治医。
もう治療法は無いと言い放った主治医。


当然、M先生の仰る事を、黙って頷いて聞いていましたが、部屋を出た途端、母と二人で、、、

 「主治医は、な~んにもしてねよな。。。」


医者は、医者を褒めるのでしょうね。
M先生ほどの名医でも。。。



ま、良いんですけどね・・・




   ↓ いつも力を頂いています!たくさんの情報があります!

にほんブログ村


[PR]

by roll1822 | 2017-05-19 21:28 | 膵臓がん | Comments(6)

「笑い」はがん治療に効果あるのか?


今日、NHKを見ていたら、面白いニュースが。



「笑い」は本当にがん治療に効果あるのか? 検証研究スタート

「笑い」には免疫力を高めるなどの効果があるとされますが、がんで治療中の患者に漫才や落語などを見せて、よい影響があるかを科学的に検証する研究が大阪で始まり、落語家の桂文枝さんらが患者らを前に演目を披露しました。この研究は大阪府立病院機構の「大阪国際がんセンター」と芸能事務所の吉本興業、松竹芸能、それに米朝事務所が始めました。
がんで治療中の患者を2つのグループに分けて、ことし8月までに隔週で8回行われるお笑いの舞台のうち、すべてを見るグループと、半分だけ見るグループで体の免疫の機能などに違いが出るかを調べます。
初日の18日は通院中の患者40人が参加し、がんセンターのホールで、桂文枝さんと弟子2人の合わせて3人が落語を披露しました。文枝さんは居酒屋の客が、歯の治療をうけた際の体験や妻とのやり取りをユーモラスにぼやく創作落語を披露し、参加した患者らは声を上げて笑いながら楽しんでいました。
がんセンターによりますと、舞台には、プロの落語家や漫才師が参加するということで、結果は科学論文にまとめて発表するということです。


がん治療としては、明るい話題ですね。
「大阪国際がんセンター」が好きになりました。



そういえば、父も母も、あまりよく笑わないような・・・
私も笑わないかも・・・
子供の時は、よく笑ったものですけどね。

笑う努力をしてみましょうか。


   ↓ いつも力を頂いています!たくさんの情報があります!

にほんブログ村


[PR]

by roll1822 | 2017-05-18 22:20 | 膵臓がん | Comments(0)

動注化学療法を試したい理由


膵臓癌でも長生きして欲しい。
手術が出来なくとも、長く元気に生きて欲しい。
目指すは、癌との共存。



3年半、母は、痛みなく普通の生活を送る事が出来ています。
・・・でもそろそろ限界かなと感じる理由。

それは、、、

 ” 抗がん剤の種類がないから ”


薬剤に耐性が付く癌たち。
だからこそ、頻繁に抗がん剤の種類を変えなければなりません。
でも、膵臓癌の抗がん剤として標準的に用いられる抗がん剤の種類は片手以内。


” 動注化学療法 ” ← 3年前に調べた時は、昔の治療法であり、肝臓癌には効くが膵臓癌には効果あるか疑問・・・その程度の知識で、それ以上の調査は行いませんでした。

最近知った” 動注化学療法 ”で用いられる抗がん剤・・・
治療に用いる抗がん剤は、5-FU注とマイトマイシン注。
いずれも膵癌適応があるものですが、古い薬剤で薬価が非常に安価。
おそらく、他の抗がん剤の方が優れている為か(薬価が安い為とは思いたくない)、一般には使われていない薬剤だと思います。
少なくとも、母の主治医の選択肢にはありません。

古くても、安くとも、効果が弱くても、何でも良いのです。
薬の選択肢を増やしたいのです。

3年半かけて、ガチガチになった母の腫瘍。
古き良き薬剤を集中的に攻撃します。
効くか効かないか分かりませんが、試してみたい。

今なら、出来ると言われています。
問題は、T医科大学病院に行くまでの1ヶ月間、腫瘍が大人しくしてくれるかどうか・・・

出来ると良いな・・・

祈ります。


   ↓ いつも力を頂いています!たくさんの情報があります!

にほんブログ村


[PR]

by roll1822 | 2017-05-17 21:52 | 膵臓がん | Comments(2)

北朝鮮のミサイル?


今朝、保育園&会社に向かう途中、電柱の脇に立っていた鉄の棒を見つけた次男が、一言・・・

  「ママ、見て! 北朝鮮のミサイルみたい!」


あぁ、確かに・・・
ミサイルの形だ・・・

めざましテレビのおかげで、ミサイルの形を知っているようです。


ミサイル・・・勘弁して下さい。

みんな生きてます。
生きたくて生きたくて頑張っている人がたくさん居るんです。

命の尊さ、分かりませんか?


   ↓ いつも力を頂いています!たくさんの情報があります!

にほんブログ村


[PR]

by roll1822 | 2017-05-16 22:18 | 膵臓がん | Comments(0)

母に苛々する


私が、HIFUと動注化学療法の計画を立てている中、なぜか主治医に次の治療を相談する母。

何を考えているのか。。。

母は、今更主治医に何の答えを求めているのか。。。


 母:「先生、TS-1が効かなくなったら、次の治療はあるのでしょうか?」

 主治医:「フォルフィリノックスでしょうね・・・」

・・・分かりきった答えです。
そんなの知ってます。
主治医は標準治療しか知りませんから。

それに、フォルフィリノックスを薦めて来た主治医を断り、二度目のTS-1を選択したのは母でしょう。


母は、何をしたかったのか分からない。
最近、母の言動に腹立たしい時が多いのです。

動注化学療法の件、治療日が決定するまで主治医に相談するつもりはありません。
しかも、T医大の先生を絡めた話題とし、主治医の意見を求めない話し方にするつもりです。
決定した事しか話したくない。
主治医との会話が増えると、嫌な思いをするだけだから。

それでも、敢えて自分から話題を切り出す母。
情緒不安定なのかもしれませんね・・・。
私がイライラしてはいけなのだろう。

T医大病院の診察まで、あと1ヶ月。
長いなぁ。。。
それまで、悪くならないと良いけれど。


あまりイライラしないようにしないと・・・。
分かってはいるのだけれど・・・。


   ↓ いつも力を頂いています!たくさんの情報があります!

にほんブログ村


[PR]

by roll1822 | 2017-05-14 20:56 | 膵臓がん | Comments(6)

腫瘍マーカーが1万を越えなかった!


いよいよ、腫瘍マーカーが1万を超えるのか!と思っていましたが・・・

CA19-9】  
 2017/01/11: 707.6 U/mL 
 2017/02/01:1409.3 U/mL 
 2017/03/07:2462.0 U/mL
 2017/04/12:5145.0 U/mL
 2017/05/11:4481.0 U/mL !!


久々の横ばいです!
直線から外れた・・・。


ただ、CEAは上昇してました・・・。

CEA】 
 2017/01/11:10.6 ng/mL 
 2017/02/01:15.6 ng/mL 
 2017/03/07:18.1 ng/mL
 2017/04/12:34.1 ng/mL
 2017/05/11:53.0 ng/mL



昨年までの3年間、CEAには殆ど動きがなかったのに。。
今年に入ってからは、驚きの上昇傾向です。

きっと、今年に入って母の腫瘍はステップアップしたのかなと。
3年間ずっと我慢した結果、進化したのかと。

どうか悪さはしないで下さい!


   ↓ いつも力を頂いています!たくさんの情報があります!

にほんブログ村


[PR]

by roll1822 | 2017-05-12 20:37 | 膵臓がん | Comments(4)

富士見市のM病院には行かない、と言う母。


昨日の電話で、

 母:「やっぱりよ、埼玉の病院さは、行がねは・・・


はっ?
何言ってんの?

会社の更衣室で電話をしていた私は、思わずカッとなってしまいました。

 roll:「んじゃ良いよ。お母さんが決める事だから!」

そして、つい酷い事を・・・

 roll:「TS-1は、もう耐性が付いてるから効かないよ!
    その後は、フォルフィリノックスしか無いんだからね!
    フォルフィリノックスだって効かないかもしれないよ!」


電話の向こうで母がオドオドしているのが分かりました。

でも、それで電話は切ってしまったのです。


暫く経って、兄にメール。
”お母さんが埼玉には行かないって言い出したよ。酷い事を言ってしまったから、夜、話を聞いてあげて。”

兄からのメール。
”了解。・・・オヤジの事が不安なんだろな。”



埼玉の病院では、初回は1ヶ月近く入院が必要です。
1ヶ月後に、また2週間程度の入院。
抗がん剤の直接投与を集中的に行うわけです。
温熱療法と併用するようです。
それが、毎月繰り返されるんだと思います。

そして、3ヶ月に1回、T医科大にHIFUの治療で1週間入院します。

つまり、自宅にいる時間が殆ど無くなってしまうのです。

母は、それが嫌なんです。
しかも、埼玉に一人で通う事も不安だ、と。
(私は会社員なので、さすがにそんなには休めません。)


兄と何を話したかは聞いていません。

今日電話すると、

  母:「やるしかないべ。」


そう、ガチガチの腫瘍で、もはや効かないかもしれないとしても、もうやるしかない。
やらないなんて選択肢は無いんです。


   ↓ いつも力を頂いています!たくさんの情報があります!

にほんブログ村


[PR]

by roll1822 | 2017-05-11 22:55 | 膵臓がん | Comments(2)

奇跡の先の現実。母に八つ当たり・・・


富士見市のM病院で色々検査され、転移も腹水もなし。
動注化学療法は出来るようです。

ただ、厳しいお言葉ばかりでした。

3年半も、生きられたのは”奇跡”です。
さぞかし腫瘍は耐性が出来て、抗がん剤が効き難くなっている事でしょう。
ただでさえ膵臓癌は硬くて抗がん剤が効き難いのに。
膵臓の周りの血管もガチガチになっているでしょうから、管を通せるかどうか。

そして、エコーで確認した結果、母の腫瘍は、5cm×4.5cm。
膵体部のみにあった腫瘍が膵尾部まで広がっていて、膵頭部を残して全てに腫瘍が広がっていました。
近々、十二指腸が閉塞し食事が取れなくなるであろう。
その後は腹水がたまり、こんな風にお腹が膨らんでくる、と写真を見せられました。

つまり、動注化学療法は出来ますが、効果は見込めない事を暗に伝えてくれているのだと分かりました。

返事はして来ませんでした。
でも私としては、T医科大のS先生と相談してから、HIFUとの併用を進めるつもりでいます。

母は、元気がありませんでした。

帰りの駅で、私に言うのです。

  母:「何とかしてけろっちゃ。(何とかしてよ)」

・・・そのセリフに無性にムカついたのです。ボソッと一言、

   roll:「でぎね(できない)・・・」


・・・それから、ずっとイライラが収まりませんでした。
私はこんなに頑張ってるのに!
何をやっても効かないし!
それでも、まだ何とかしろと私に言うのか!


  母:「先生は、”奇跡”だって言ってだっけね。」

  roll:「そんな事はどうでも良い・・・」

他人に”奇跡”と言われた事も、無性に腹が立ったのです。
”奇跡”じゃないよ、いろんなものを試した結果だよ!


”奇跡”⇛ つまり、これから先に現実が待っているという事じゃないか!
3年半でガチガチになった腫瘍は、ナノナイフでもHIFUでも効果は現れ難くなっていたのです。

これまで、重粒子線を目標に、如何に腫瘍を小さくしようかと希望を持って治療に望んで来ましたが、きっともう腫瘍が小さくなる事はない気がしてきました。
何人もの医師に診て頂きましたが、こんなにも現実を見せられたのは初めてでした。

遅めのランチは大宮で。
向かいあって食べましたが、母の目ってこんなだったかな・・・って。
目が生きていない・・・。


母は、私以上に辛いのは分かっています。

でも、私のイライラは、今日になっても収まらず、母に優しい言葉をかけてあげる事が出来ません。



   ↓ たくさんの情報があります!いつも力を頂いています!

にほんブログ村



[PR]

by roll1822 | 2017-05-10 22:02 | 膵臓がん | Comments(8)

富士見市のM先生にお会いしました。


母と二人、朝一番の新幹線で富士見市に行って来ました。

どっと疲れました。
母が癌になって3年半、ここ1年は余裕がありませんでした。
駆け足で新しい治療を探しては、即行動して来たつもりです。
・・・その疲れがいきなり出た感じ。


M先生は、有名人でした!
昭和天皇や安倍首相のお父様(安倍晋太郎氏)の治療に関わった方で、現在も安倍一族とは非常に仲が良いそうです。
昭和天皇の病状を当時のテレビで説明されていたのは、なんとM先生だったのです。
現在も、週刊誌やテレビであちこち三浦先生のコメントが出ています(最近であれば、小林麻央さんの話題など)。

すごい先生とお話しているんだ!という感動がありました。

《個人的な印象》・・・偉そうなコメントで申し訳ございません。
 ・シャツとネクタイがおしゃれ
  (青ストライプのYシャツに赤チェックのネクタイでした。)
 ・人間が出来てる
  (他の医師や治療をしっかり褒める且つ認められています。)
 ・データをすぐに見て、あっという間に理解
  (その場で撮ったエコーで即理解。機械には全く頼りません。)
 ・コンピュータなし
  (問診の仕方から検査の機械まで全てが原始的。)
 ・昼食はいつ?
  (2時過ぎてもぶっ続けて診察、午後は手術のはずだけど。)
 ・耳が遠い
  (申し訳ありません。でも、結構スルーされました^^;)
 ・間違いなく天職です
  (治療が大好きなんです、きっと。)
 ・悪い事も含めて患者に具体的事実を伝える
  (ショックな事実も聞かされました。)
 ・とにかく頑張ってくださる
  (やれるだけの事はやります!と何度も言われました。)


10時過ぎに病院に着き(6時の新幹線に乗ったのですが)、
 ⇛11時頃から問診
 ⇛順次、血液検査、エコー検査、尿検査
 ⇛13時半から再度問診
 ⇛14時過ぎに病院を後にしました

それ程混んではいませんでしたが、時折問診の長い方が居り、患者への対応次第で待ち時間が変わるようです。
でも、予約無しの病院ですから、何とか回せているのだと思います。

色々書きたい内容があるのですが、本日は、印象のみお伝え致します。





↓ たくさんの情報があります!いつも力を頂いています!

にほんブログ村


[PR]

by roll1822 | 2017-05-09 22:51 | 膵臓がん | Comments(4)