カテゴリ:未分類( 3 )

母は元気。私は不安。


本日、母は無事に退院しました。

草加の叔父に病院まで迎えに行ってもらい、今晩は草加にお泊りです。

お昼は、叔母が冷やし中華を作ってくれたそうで、夕方、母から嬉しそうに電話が来ました。

 母:「冷やし中華全部食えたんだず!自信付いた~!!」

・・・とにかくよくしゃべる。

 母:「明日帰っから。とにかく元気だからな!」

 roll:「うん。わかる・・・」

とっても元気。
いつも電話の声は元気でしたが、今日は一段とうるさい。

嬉しそう。。。

次回は、今月末に行けば良いとのこと。
近くの人は、1間毎に通院。
遠方の人は、10日~2週間毎に通院すれば良い。
つまり、遠方の人は無理しないで、という事なのでしょうが、抗がん剤としては間が空きすぎて不安です。

これからの話は、母と会ってから。

まずは、父も嬉しそうだし。

・・・でも、なんとなく不安なのです。
一つの治療が終わると、また次を考えないといけない・・・。
安心できる時間は無いのです。




   ↓ いつも力を頂いています!たくさんの情報があります!

にほんブログ村


[PR]

by roll1822 | 2017-07-10 22:45 | Comments(0)

クソ医者~!!!


いきなりタイトルが酷くて、申し訳ありません。

ですが、今日は叫びたいと思ったのです。

022.gif022.gif022.gif


今の私達にとって、治験前の1ヶ月間、抗がん剤を出来ない事が
何よりの不安です。
更に、今月8日にアブラキサンを受けたのが最後でしたので、
既に2週間以上抗がん剤を投薬出来ていません。
つまり、治験までの間、1ヶ月+3週間、何の治療もしない事に
なってしまうのです。

東京医科大学病院のS先生に、その不安を相談し、今週水曜にもう一回だけ
最後のアブラキサンを受けても問題ないという許可を得ていたのです。

今回、東京医科大学病院から主治医へのお手紙は頂けませんでしたので、
私が東京医科大学病院で言われた事をパソコンでまとめて、
主治医に提出したのです。
患者の話を聞かない医者なので、文書で見せる方が早いと思ったのです。

その文書を見て、主治医は一言・・・

  「効かないと思うけどね・・・」

そう言って、最後のアブラキサンを予約してくれました。。。

山王病院のM先生のお手紙に対しても、
東京医科大学病院で新たに取り組まれる治験に対しても、何のコメントもありません。。。

・・・有り得ない!
担当患者の次の治療方針が見つかった事について、何の興味もないのですか!
腹立たしさを超えるものです!

効くか効かないかなんて聞いていません!
それを、今の母に言う必要がありますか!?
抗がん剤を受けられるだけで、母は安心出来るのですよ。

何の提案も出来ないくせに、否定ばっかりすんな!!



・・・つくづく思うのです。
うちの主治医にとって、患者の命が軽すぎ
患者の命を助けようという思いはゼロなのです。
問題を起こさないよう、日々無難に医師の仕事をこなしている”だけ。



夫さんに怒りをぶつけると、

  「さすがだな。」

そう、さすがです、、、うちの主治医は。




母は、もう割り切っていましたよ。

  「K(←もう呼び捨て・・・)は、言われた事だけやってくれれば良い。」


夫さんと話をしました。
うちの主治医に頼るのは ”医者の資格” のみ。
そう、資格オンリーです。



いつも、主治医の愚痴が多くて申し訳ありません。

でも、いつか、、、

 病院のご意見箱にKの悪口を書いてやる!

小さいけれど、それくらいの仕返しは やってやるぞ!



   ↓ いつもありがとうございます!いつも力を頂いています!
にほんブログ村 病気ブログ すい臓がんへ
にほんブログ村

[PR]

by roll1822 | 2017-03-27 20:56 | Comments(4)

なんだ!ナノナイフ駄目だっけのが!


なんだ!ナノナイフ駄目だっけのが!
(なんだ!ナノナイフ駄目だったのか!)

・・・身内に言われて、微妙に腹が立ったセリフ。。。



ナノナイフは失敗だったのか?
と考えたのですが、決してそんな事はありません。


ナノナイフの初診、2016年10月、
母は山王病院で余命宣告されました。
6ヶ月”と。

そして、腫瘍が大きすぎる為に、
ナノナイフが出来ても余命が2倍になるだけです、
と初めから言われていました。
初めから、腫瘍が無くなる事なんて想定外だったわけで、、、
小さくなる事に期待はしていたものの
現時点で大きくなっているのは
少しのレベル(12月からは変化なし)であって、、、
転移はなし。


でも、さすがにちょっとクヨクヨしている私に、夫が一言。

「下りのエスカレータを上っていたんだよ。歩いて。」

なるほど。。。
余命6ヶ月と言われながらも、この5ヶ月間は
ほぼ足踏み状態だったと言える。
悪い方向には全く動いていない。

しかも、ナノナイフに出会わなければ
M先生に出会えなったのは間違いない。
いま、そしてこれからもM先生に診察してもらえるだけでも
有り難い。

~ナノナイフの結論
 ナノナイフは駄目ではない。

 可能性があるのは間違いない。
 希望の最新治療であることに違いはない



   ↓ いつもありがとうございます!いつも力を頂いています!
にほんブログ村 病気ブログ すい臓がんへ
にほんブログ村

[PR]

by roll1822 | 2017-03-20 12:15 | Comments(4)