2017年 09月 01日 ( 1 )

大嫌いな主治医だったけど


地元の主治医が大嫌い。
今もそれは変わりません。

それでも母は、最後の一週間、主治医に助けを求めました。
正確には、主治医の居る病院に。。。

8月14日に病院に駆けつけたわけですが、主治医は一週間の休暇中。
主治医の代わりに担当医として最期まで面倒診てくださったのが、I先生。

とても良い先生でした。
20代です、多分。

私が思う「ダメな医者」とは、キツイ事、厳しい事をズバズバ言う嫌なヤツの事ではなくて・・・
現在の病状もこれからの治療も何の説明もしない口数の少ないヤツ。
患者のお腹を触った事のない、患者の目を見て喋らないヤツ。
そして、ガイドライン、ガイドラインと自分を守る治療しか提案出来ないヤツ。
患者の気持ちは全く考えてくれないのは当然、患者の質問すら受けつけないヤツ。

I先生は、私と母の双方の気持ちを考えて下さる先生でした。
その結果、母には、最期の病状は伝えませんでした。
肝臓に転移、腹膜播種、原因不明の出血。
これまで関わった医師達は、全て母の前で正直に病状を伝えて来ました。
現代はそういうものですよね?
でも、I先生だけは違っていて、昔ながらの「娘さんだけに・・・」と。
もう永くないと分かりきっている母に、本当の事を伝える気にはなれませんでしたので、助かりました。
なぜこんなに悪いのか分からないみたい・・・それで良い。

そういえば、14日から息を引き取る23日までの間に、1日だけ主治医が母の前に現れました。
I先生が休みの日。19日だったかな。
最後の母と主治医の会話です。

 母:「エンシャア・リキッドを飲むようになったら下痢するんですよ。」
 主治医:「出ないよりは良いから。」

はぁ・・・
これが、主治医の最後。
申し訳ないですが、私は主治医に感謝していません。
感謝しません。


最後の一週間で分かりました。
この病院は、良い病院でした。
まず何より看護師さん達が素晴らしいのです。
母は、始めから最期まで、看護師さん達に助けられていたのです。
44歳で乳がんになった時から現在まで通い続けた馴染みの病院で、母は安心して旅立つ事が出来たと思います。

主治医が嫌いで、ずっと転院を希望して来ましたが、結局はこの病院で良かったと、この病院が母にとってベストだったんだと、今考えています。


   ↓ いつも力を頂いています!たくさんの情報があります!

にほんブログ村


[PR]
by roll1822 | 2017-09-01 22:27 | 膵臓がん | Comments(2)

2013年10月、母の膵臓癌が発覚。ステージⅣaですが、3年間元気に生きています。最新治療ナノナイフの経過を記録していきます。


by roll1822
プロフィールを見る
画像一覧