2017年 08月 18日 ( 1 )

いきなりの腹膜転移と肝臓転移


一ヶ月前は、何ともなかったのです。
転移もなかったし、腹水も無かった。
ただ、動注を始めてからはずっと、食事が出来なくなっていました。
これは、5-FUの副作用だとしか思っていませんでしたので、いずれ治まるだろうと思っていました。


7月中旬にM病院から退院した母は、食欲が無いからと近所の町医者で点滴を繰り返していたのです。
ご飯が食べられない時は、点滴をしてもらって!とM病院の看護師さんに言われていたのです。
後から考えれば、体の弱っている母に大量の輸液はかなりの負担だったと思います。
血管が処理出来なかったのではないか?
これが腹水の原因ではないか?と思っていたのです。


7月末、退院から1週間しか経っていないのに、急な体調不良でM病院に急遽入院。
重度の貧血で輸血をしました。
その辺りから、お腹は膨らみ始めていたのです。
つまり、お腹の膨らみに気付いてから、まだ一ヶ月も経っていないという事です。

その後食欲は回復しないものの、M病院にてCTと胃カメラで出血の有無を確認後、一時的な出血だったのであろうという事で、8月9日に退院。
8月13日に母と会い、お腹の膨らみに驚き、14日に急遽主治医のいる地元の病院に行きました。
当日入院し、まだ5日しか経過していませんが。。。

日に日に悪くなっていきます。


M病院では、どうして腹水を放置されたのでしょうか。
こんなになるまで放ったらかしにされて・・・。
何度も何度も相談したのに、明確な返事はもらえず・・・。
動注だけが専門だとしても、何かアドバイスがあっても良かったのに・・・と考えてしまいます。


昨日、現在の病院で、腹水の成分を調べた結果、「癌」によるものである事が明確になりました。
つまり、腹膜転移です。
赤色で、ものすごくドロドロしている腹水だったそうです。
かなり進行していると言われました。

そして、肝臓にも転移していると言われました。

CARTの相談もしてみたのですが、あまりにドロドロしすぎて、分取出来る成分は極わずかだろう、と。
腹水だけが問題ではないので、すぐに諦めました。。。


●腫瘍の血管への巻き込みも大きくなってきている為、今後血管が詰まる可能性もあるし、腸閉塞の可能性もある。

●腹水は、いきなり抜きすぎる事は出来ないので、苦痛でない程度に少しづつ週単位で抜く対処法しか術がない。

●出血の原因は分からない。
 M病院で調べてくれたが、胃カメラの届かない場所であった可能性もあるし、何より今検査をするのは危険なこと。


母は食事が出来ない所が、歩く事も出来なくなりました。

少しずつ痛みも出て来ているようです。
一番辛いのは、お腹の張りだそうですが。


13日は、実家の庭でバーベキューをしました。
お墓参りにも行って花火もしました。
お肉が足りなくなって、私と二人でお肉を買いに行きました。
母は、毎年恒例の芋煮を作ってくれました。
辛そうでしたが、歩けたし、食べられました。

まだ5日です。
こんなに急に命は消えようとするのですか?



   ↓ いつも力を頂いています!たくさんの情報があります!

にほんブログ村


[PR]
by roll1822 | 2017-08-18 22:27 | 膵臓がん | Comments(15)

2013年10月、母の膵臓癌が発覚。ステージⅣaですが、3年間元気に生きています。最新治療ナノナイフの経過を記録していきます。


by roll1822
プロフィールを見る
画像一覧