2017年 08月 09日 ( 1 )

嬉しくない退院


本日、母は無事に退院しました。

大宮駅までは、叔父が送ってくれました。
仕事中なのに、いつもありがとうございます。

新幹線は、母ひとり。

駅までは父が迎えに行きました(多分ホームまで)。

駅に着くと、早速母から電話が来ました。

  母:「大宮駅が、かなりこわかったなぁ・・・」

方言で、”つらかった”という意味です。



もう以前のようには歩けないんだね・・・。



  母:「腹水の事、T先生に相談したらよ、
      抜くしかないって言われたんだ。」


つまり、M病院では、腹水の処置は全く考えてくれないようです。
動注は動注、その他の治療をする場所ではない、という事でしょうか。。。



どうしたら良いか、とても悩んでいます。

宮城のハイパーサーミアのY田先生に相談してみようか、T医科大学病院のS尻先生に相談してみようか、それとも主治医かな・・・。


とりあえず、来週、T医科大学病院に行く予定ですので、まずはS尻先生に相談してみます。

でも、T医科大学病院は、HIFU治験の為の病院だから、それ以上の治療やアドバイスは期待出来ないのかもしれません・・・。

早いところ、M病院から宮城のT大学病院への紹介状を書いてもらえないかとも考えています。

もうすぐ4年、、、
約4年間、母と二人で走り続けて来ました。

ペースダウンです。
母が疲れきってしまう前に。


   ↓ いつも力を頂いています!たくさんの情報があります!

にほんブログ村


[PR]
by roll1822 | 2017-08-09 22:59 | 膵臓がん | Comments(11)

2013年10月、母の膵臓癌が発覚。ステージⅣaですが、3年間元気に生きています。最新治療ナノナイフの経過を記録していきます。


by roll1822
プロフィールを見る
画像一覧