2017年 04月 10日 ( 1 )

高濃度ビタミンC注の効果を感じる


土曜日は、高濃度ビタミンC点滴静注とハイパーサーミアの組み合わせ治療を行いました。
いつもは、ハイパーサーミアを週一で行っているのみで、ビタミンCは二年前に一年くらい続けたっきり、継続はしていませんでした。
何せお金が続かなくて・・・。

しばらく抗がん剤を休んでしたので、なんとなく久々にビタミンCとの組み合わせを行ってみたのです。

日曜日に母と会うと、

  「ビタミンC注したらよ~、体が楽なんだず。」


アブラキサンが残っていると、足元がふらつくんだという話は前から聞いていました。
ところが、ビタミンC注を受けた次の日は、朝からしっかり歩けるんだと。
しかも、体がキシキシしないんだと。

そして、何より、体があったかい。体温は、36.8℃。

  「ビタミンC、たまにしてみっかな。」

継続していた時は、良さを感じる事が無かったビタミンC注。
久しぶりに注射してみたら、明らかに効果を感じるというのです。

プラセボ効果?
でも、体温が上がったのは事実。

やっぱり良いと思うんです。高濃度ビタミンC点滴静注は。

ただ、土曜の昼過ぎに血糖値を測ったら、高い数値を示してビックリ。
夜には、自然と戻ったそうですが。
ブドウ糖とビタミンCの構造が類似している為に、酵素と反応してしまったのかな?という素人の推測です。
測定機構の問題なのかなと。

たかがビタミンC、されどビタミンC。

因みにサプリメント好きの医者には、経口のビタミンCも薦められますが、購入していません。

高濃度ビタミンC注の良い所は、静脈注射であることです。




   ↓ いつも力を頂いています!たくさんの情報があります!

にほんブログ村


[PR]

by roll1822 | 2017-04-10 20:06 | 膵臓がん | Comments(4)