懺悔。お母さんごめんね。


暫くブログが書けませんでした。
コメントの返信も出来ずに、皆様、申し訳ありません。


何を書いたら良いのか分からなかったのです。
何も書けなかったのです。


本日、四十九日と納骨が終わりました。
いよいよ、母の形は無くなりました。


お経を聞きながら、ずっと考えていたこと。


やっぱり・・・
後悔しかないのです。
虚しくて仕方ないのです。

母の最期、母は私に何も言ってくれませんでした。
「寂しくなるから、ずっと側に居て欲しい」としか。

母が他界した後、母の知り合いの方々からよく言われるんです。
「いつもrollちゃんが色々やってくれる、ってお母さんが喜んでたよ。」
「お母さんは、rollちゃんに感謝してるよ。」と。


そうかなぁ・・・
違うんじゃないかなぁ・・・と、ずっと考えていました。

私は、母に嘘をついたのです。
「治るから!治すから!!」と、4年間ずっと言い続けました。

そして、最後の一週間、私は母に命が短い事を伝えないまま、さっさと諦めたのです。
何も出来ないから、諦めるしかなかったのです。
勝手だな、と思います。


治せなかったな・・・膵臓がん・・・。


どうしてもどうしても後悔です。


・・・クヨクヨした事しか書けない事を分かっていたので、大好きなブログが書けませんでした。


そして、後悔の中に、ホッとしている自分もいるのです。
4年間、ずっと何かを諦めて母の事を優先してきました。
仕事と育児の両立の中、私は常に母を優先してきました。
そして、母にキツイ事もたくさん言いました。
今は、母の通院や次の治療を考えなくて良い。毎週土日も自由になりました。
楽になったのです。


母は、私が苛立っていることを知っていたのだと思います。
諦めていることも気付いていたのだと思います。


母に会って謝りたいです。
お母さん、ごめんね。と言いたいです。


四十九日と納骨が終わっても、私は、まだまだ前に進めません。
「お母さん」と、呼びたいです。

   ↓ いつも力を頂いています!たくさんの情報があります!

にほんブログ村


[PR]
Commented by まりも at 2017-10-01 21:46 x
rollさんへ:
まだ気持ちが追いつかない状況の中でブログを続けてくださっていること、少し気がかりです。ご自身の思いを表すことで、振り返りができるメリットもあるでしょうが、どうぞご無理なさいませんように。

お母様に対する思い、私も20年ほど前に同様の思いを経験しました。今思えば、闘病を続ける母のことを、キャパいっぱいに一所懸命にサポートしていたからこそのことだとわかります。
 諦めたと書いていますが、投げ出していない。最後までしっかり支えています。ご自分を責めないでほしいです。
 そして、お母様は恐らくわかっていらしたと思います。治療の限界とご自身の疾患の進行(そして予後的なことも)を。身体から発せられたメッセージです。

膵がんの治療の難しさは皆、仰います。環境的に不利な状況の中で4年近く「元気な状態」でお過ごしになられたことは本当に素晴らしいことです。

泣きたい時には大いに泣くことも大事だと思います。でもご自身を責めることはなさらないでほしい。お母様から責められたことは無いはず。二人三脚で走っていらしたのですよね。それを否定しないでいただきたいです。一緒に走っていらしたのですから!

 前にコメントさせていただきました。時が持つ癒しの力に委ねていただきたいです。焦らずに。
Commented by サエ at 2017-10-01 22:12 x
rollさん、お気持ち良く分かります。全く同じでした。
私も最期まで奇跡を信じ、夫を励まし続けていました。
そして夫も希望を捨てずに頑張っていました。
でもある日、「眠るまで手を握っていてくれないか。
1時間くらいかかるかもしれないけど」と言われ、手をつないでいたのですが、
ものの10分もしない内に眠りについたのです。
その時、夫が計り知れない大きな不安と闘っていることに気付きました。
夫の心にどれ位寄り添えていたのか、後悔でいっぱいです。

でも、今は夫の病状に一喜一憂することも、主治医の言葉に翻弄されることもなくなりました。
気持ちが穏やかになって来たのです。
そして、お母様も夫も苦しみのない世界に旅立ったことは事実なのです。
亡くなった時の穏やかな顔が物語っていますもの。
今は苦しみのない世界にいることに感謝しましょう。

rollさんに穏やかな日々が戻られますことをお祈りしています。

Commented by nanaki at 2017-10-02 09:40 x
以前にもコメントさせていただきました、nanakiです。
私も10年前に母を癌で亡くしたあと、そのことを考えました。
最後までウソをついていたこと。
今でも「ごめんね」と思っています。
でも、今になってみると母は「しょうがなかったんでしょ。いいのよ、いいのよ」と言ってくれていると思えるようになりました。
時が解決してくれます、時が痛みを癒してくれます。
早く心穏やになれますよう、お祈りしております。
Commented by roll1822 at 2017-10-02 22:24
> まりもさん
いつもありがとうございます。時間ですね・・・。時間が経つのを気長に待ちます。
幸い、私には忙しい日常がありますので、考えてしまうのは会社を行き来する車の中程度です。
まだ実感がなくて・・・。
私は、今の思いを抱えたまま、このまま生きるのだろうなぁ、と考えています。
Commented by roll1822 at 2017-10-02 22:29
> サエさん
ありがとうございます。そう、良かったと考えられる事もあるんですよね、実は。
私の母の痛く苦しい時間は、とても短かったのです。亡くなる一週間前までは普通に生活していましたから。息を引き取る2時間前までは、きちんと話していましたから。
・・・でも、だからこそ、どうしても実感がわかないんですよね・・・。
そんなにあっさり死んで良いものか!と。
なんだか、どうしようもない日々です。
Commented by roll1822 at 2017-10-02 22:39
> nanakiさん
ありがとうございます。
ずっと後悔を引きずったまま生きるのだと思います。このモヤモヤした感じ。
穏やかになる為には時間が必要ですよね。
私は、父を支えて行かなければなりません。しっかりしないと。
Commented by zuucozuuco at 2017-10-03 17:22 x
ブログにお邪魔しては応援させていただいていました。
あまりにも私と思うことが似ていたのでコメントさせて頂きました。

私の母も膵癌で二年前に天国へ。
二年経っても後悔ばかりです。
本当のことは、言えませんでした。
どんどん弱っていく母を見て、自分には何もできず
現実逃避をしてしまった。
あまりにも辛いと人って何も考えられなくなるんですね。
そして、亡くなった後、ホッとしてしまったのも事実。
もう検査の結果にハラハラしなくていいんだ。
私は頑張らなくていいんだって。
自由さえ感じたこともあります。
でも、寂しいんです。悲しいんです。会いたいんです。
きっと、寂しさ辛さから逃げるためにプラスの考えになっていたのかと。
二年経ってわかることがたくさんあります。
母が私にすごく気を使っていてくれたということ。
あの時の言葉はこういうことだったのか
そういう事がたくさんです。

どんなに頑張っても調べても進行していくのが
すい臓がん。
そして、人の命の期限は生まれた時から決まっていると思います。

お母さんとの闘病生活は親孝行できる時間だったと思います。
一緒に戦ってあげたこと。
生きて欲しいってガムシャラになったこと:。

突然死ではできなかったこと。
母のために時間を使うことができたこと。
何もしなかったらもっと後悔していたかもしれませんね。

何が言いたいのかわからなくなってしまいましたが。
私は、rollさんは精一杯のことをしたと思います。
何も後悔することはないと思います。
私たちが幸せに笑顔で過ごしていかなきゃ
母たちは天国で悲しむと思います。

会いたいですね。お母さんに。

子供のように大声を出して泣きたい。お母さん会いたいよって声に出して
大きな声で泣きたいです。
Commented by roll1822 at 2017-10-06 19:40
> zuucozuucoさん
ありがとうございます。気持ちが楽になります。
誰にも言えない気持ちをブログに書いています。
いつもなら、母に話していました。母には何でも言えました。いつかみんな死ぬ、それは分かっています。でも、まだ早いなぁと思います。まだ、自分が母親になっても、まだまだ母親が必要です。お母さんって偉大ですよね。
by roll1822 | 2017-10-01 20:05 | 膵臓がん | Comments(8)

2013年10月、母の膵臓癌が発覚。ステージⅣaですが、3年間元気に生きています。最新治療ナノナイフの経過を記録していきます。


by roll1822
プロフィールを見る
画像一覧