母が膵臓がんになった理由


母のお通夜で知ったこと・・・

母の従姉三人が膵臓がんで亡くなっていました。
みんな60代。
みんな母方の従姉だそうです。

母のお姉さんから聞きました。
愕然としました。
三人も・・・。


悪い遺伝子だったんだな・・・と思いました。


もちろん遺伝だけが癌の原因ではありません。
リスクが高かったのです。
高いという事を、もっと真剣に考えるべきでした。
食生活や生活習慣、飲酒、ストレスなど、他人よりも気を付けなければならなかったのでしょうね。


母は、40代に乳がん、50代に甲状腺がんを患っていましたので、検査はとてもマメに受けていました。
検査にはお金をかけていました。
だからとても安心していたのです。

でも、60代で膵臓がんが見つかった時には、既にステージⅣa。
5月の検査結果では何事もなかったのに、10月の検査でつまづいたのです。


今更言っても、何にもなりませんけどね・・・。
後悔にもなりません・・・。



私が思うこと・・・
私もその遺伝子を受け継いでいるんだな、と。


相変わらず、父の元気が無くて困っています。
未だに泣いてばかりいます。
まだ、母の携帯電話に父の着信があります。
私にも兄にも自分達の生活がありますが、父には母との生活しかありませんでしたからね。
・・・困っています。



   ↓ いつも力を頂いています!たくさんの情報があります!

にほんブログ村


[PR]
Commented by オンクル at 2017-09-13 22:47 x
家族性膵がんですね。
「家族性膵癌登録制度」もあります。

「家族性膵癌」は、親子または兄弟姉妹に2人以上の膵癌患者さんのいる家系の方に発症する膵癌です。家族性膵癌家系の人は一般の人よりも膵癌になるリスクが高いことが知られています。
日本膵臓学会は、家族性膵癌家系の方や、膵癌について一定の家族歴を有する方(健常者を含む)を対象として、登録制度を開始いたしました。登録した人にただちにメリットがあるわけではありませんが、この登録制度を利用して、早期診断や、新しい治療方法の開発に関する研究を行うことが計画されています。
***************************
お子さんがいたら、気をつけてください。
Commented by かっちゃん at 2017-09-13 23:31 x
膵臓癌はかなりよく遺伝するように思います。私の母親は78歳で膵臓癌になり亡くなりました。母親の父は、60代で膵臓癌で亡くなりました。そして私は55歳で膵臓癌になりました。 だから私の長男は『俺も膵臓癌になるのか?』と言っています。陽子線セーターで隣に座った方と話をしましたが、その方は親子で膵臓癌でした。rollさん、膵臓癌には気をつけて下さいね。rollさんまでもが、将来膵臓癌になってはいけないです。
Commented by はやまま at 2017-09-14 00:50 x
rollさんご無沙汰しています。
お父様の悲しみ、rollさんのやりきれなさ、とてもおつらいですね。

お母様の従姉さんも膵臓癌だったんですね。

遺伝子をわたしたち、もちろん子供たちももっているんですよね。

でも、私たちはきっと癌には負けませんよ。
たくさん、調べて治療に挑んだんだから。

お母様のがんばり、さいごまで、癌とたたかい、しっかりお言葉をのこされたんですからね。

朝晩ひえてきましたね。

どうかどうか、御自愛くださいませ。
Commented by かっちゃん at 2017-09-14 07:20 x
奈良県立医大のレポですね?了解です。21日からの入院だから待機中です。この病院の外観はかなり古いですが、内部はリノベーションされています。調べてみたら奈良県には大きい病院が少ないです。病床数では奈良県立医大が992で1位。2位が天理よろず相談所病院で815です。入院迄の待ちが長いから不安です。進行がすこぶる早い癌だからどんどん大きくなるのが不安です。
Commented by SS at 2017-09-14 16:39 x
お父様の話を聞いてあげて下さい。
お母様の話をお父さんとなさってください。
人の悲しみはそれぞれ当人にしかわからず、周りができることは限られている様に思います。でも、見守ってくれる人、気にかけている人が周りにはいるよと伝えることで、その人の悲しみが和らぐのだと信じています。
Rollさんもご自愛下さい。
Commented by roll1822 at 2017-09-15 23:28
> オンクルさん
コメントありがとうございます。とりあえず遺伝子検査をしてみようかな?とか考えていましたが、結局、リスクが高いのは分かってますから、今出来る事をやろうかと思います。二人に一人は癌の時代ですし、癌にはなるんでしょう、きっと。まずは、なるべく食生活を気をつけます!そして私より兄の方が不健康そうなので、見張っていなければ・・・。
どんどん良い治療が出てくると信じています。
Commented by roll1822 at 2017-09-15 23:30
> かっちゃんさん
む・・・。かっちゃんさんの新たな事実を知りました・・・。私も膵臓癌になるのかな・・・。運命って怖いです。
Commented by roll1822 at 2017-09-15 23:33
> はやままさん
いつもありがとうございます。父は・・・どうしようもないです。こんなに弱いのか、と思います。父の事を置いて行って欲しくなかったなとつくづく思います。
実は、父も今年から血糖が高くて薬を飲みはじめています。まさか膵臓癌にならないよね・・・とちょっと恐怖です。注意しなければならないのに、病気にならないと分からないものですよね。勘弁して欲しいです。
Commented by roll1822 at 2017-09-15 23:38
> SSさん
コメントありがとうございます。
今週は、私の次男がはやり目で保育園停止でして、毎日父に面倒をみてもらっています。面倒と言っても一緒に居るだけですけど。子供は気晴らしになりますよね、きっと。
私と兄で、犬か猫を飼ってあげようか!と悩んでいるところです。側に生きている物が居て欲しいなぁと。手間のかかるもの。気が紛れるもの。悲しみを忘れられるもの。

Commented by bin-0314 at 2017-09-16 12:54 x
がん患者遺族会に参加して知り合った
同じく伴侶をなくされた方から
「今はICUにいるようなもの」
と言われました。
引用してしまいますが
奥様を事故で突然なくされたブログ主さんからも
「事情は違っても大切な人の死って想像を超えた辛さだと思います。
ちょうど2ヶ月過ぎた辺りは本当にどうしようもない虚無感と喪失感に襲われていました。
私の場合はある意味大人な子供達のおかげでギリギリ耐えれたように思います。
もし子供達がいなかったら、きっと私はもう消えていたでしょう
おそらくこれからがきつい時期になるかもしれないですね、現実を突き付けられる場面が何度もあって、その度に落ちて行く自分と向き合いながらも生きるしかないんです。」
というコメントを頂きました。
自分は今は、大切な人をなくされた方たちのブログで、気持ちを共有することでどうにか切り抜けています。
私自身、連れが消えてしまうということが、これほど辛く、苦しいものだとは想像できませんでした。
動物を飼うこともひとつの方法と思いますが、どうかお父様の気持ちを丁寧に聞いてあげてください。
Commented at 2017-09-19 00:30 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by かっちゃん at 2017-09-21 20:27 x
今日から奈良医大病院に入院しました。明日の午後に治療します。私の場合は、左右両方の鼠径部から二本のカテーテルを挿入します。抗がん剤注入のと血管を塞ぐバルーンカテーテルです。使う抗がん剤は、順次エピルビシン、マイトマイシンC、シスプラチンの三剤を癌めがけて注入するそうです。弊害も色々起きるらしく説明を受けました。主たるものでは、腹膜炎、十二指腸や胃からの大量出血などです。私には他の選択肢がないから、リスクが色々あるけど、この治療を今やるしかないのです。
Commented by かっちゃん at 2017-09-22 15:35 x
今から『膵動注化学療法』の治療です。病室で手術着に着替えて、ベッドに寝たままオペ室に移動します。ポートを使わないから、切開したりはしないようです。隣の方は午前中に肝臓の動注治療をしましたが、もう普段着になりあちこち動き回っています。経過が良いなら、およそ一週間で退院できるそうです。
Commented by かっちゃん at 2017-09-22 20:06 x
治療の所要時間は、およそ二時間くらいでした。無事に治療を終えて、四時間の安静時間中です。左右の鼠径部の局所麻酔だけでしたが、rollさんのお母さんのように『出産の時より痛い』ことはなかったです。治療のドクターは、M病院と同様に三キロくらいの防護エプロン着用でした。
Commented by かっちゃん at 2017-09-22 20:35 x
膵臓の動注化学療法は、それぞれの病院ごとに全く治療方法が異なるようです。札幌、埼玉、奈良のどれもが使う抗がん剤も手技も異なります。私の場合使用した血管は、総肝動脈から分岐する動脈、脾動脈、上腸間膜動脈、腎動脈みたいです。それにより、癌の上部からと下部からの両方から抗がん剤を注入したようです。
Commented by かっちゃん at 2017-09-23 00:35 x
四時間の安静時間が経過して、トイレにも自由に歩いて行けるよいになりました。ちなみに左右の鼠径部の止血は、助手の二人が指で五分間くらい強い力で抑えつけての止血でした。メスは使いませんから縫合もありません。さっきまで、この動注療法の謎解きをしてましたが説明だけじゃよくわかりませんでした。もしかしたら、二本ともカテーテルは、抗がん剤注入できるバルーンカテーテルではないかと考えますが、ドクターに確認しようと思います。初めてバルーンカテーテルでの治療と聞いた時は『目から鱗』でした。
Commented by かっちゃん at 2017-09-23 07:51 x
rollさんのお母さんの6月19日の画像を見て考えていました。カテーテルの太さは三浦病院で見ましたが、ざっと直径1.8~2ミリだと思います。カテーテルは、腹腔動脈部分にあります。ここから先はどこにカテーテルを進めたかですが、総肝動脈とは反対の脾動脈側から抗がん剤を注入したと思います。他の血管をどう血流改変したかわかる画像があると良いなあと思いました。
Commented by かっちゃん at 2017-09-23 11:00 x
早速今朝から食事が出ています。流動食のため、カロリーが1食あたり350Kcal程度だから、不足な熱量は一階のコンビニで買い物して食べてました。仙台に帰ってからのメンテナンスをしてくれる病院は不用なようです。
Commented by nori at 2017-09-23 19:48 x
かっちゃんさんの詳細な情報を懐かしく拝見させて頂いております。
6階にご入院ですか?担当のDrはどなたでしょうか?
この後の治療経過も注視させて頂きますので、宜しくお願い致します。
Commented by かっちゃん at 2017-09-23 20:08 x
6階の621号室(四人部屋)に入院しています。担当ドクターは田中准教授です。先ほど病室に先生が来まして、なんと驚きですが週明け月曜には退院できるそうです。しかし、これではあまりにも早すぎる退院なので、火曜日の退院にしてもらおうと考えています。以後一ヶ月に一度の治療で、奈良まで来ることになります。今回わかったことは、脾動脈は癌でほぼ全てが潰れておりカテーテルは入らなかったとのことですが、癌の8割くらいには抗がん剤を、流せたとのことです。
Commented by かっちゃん at 2017-09-23 20:27 x
週明け月曜には、東京医大に電話してHIFU治療の予定を入れてもらおうと思います。奈良までの交通機関は、自宅から仙台駅東口までタクシー、東口から京都駅八条口までは高速バス(料金は6200~8700円)、京都駅から大和八木駅までは近鉄特急、大和八木駅から病院まではタクシーかバス。行きはこんな感じ。帰りはできるだけ速い新幹線のグリーンを使います。
Commented by m at 2017-09-24 08:47 x
がんばれ かっちゃん!
あなたの生きるという情熱に
とても感動します。
Commented by かっちゃん at 2017-09-24 08:51 x
昨晩は、予め用紙に膵臓周囲の動脈を書いておきドクター回診の際に『バルーンカテーテル留置場所や抗がん剤注入ポイント』を説明してもらいました。留置位地は固有肝動脈、腹部大動脈から分岐した上腸間膜動脈の約六センチくらいの位地。抗がん剤注入口は大動脈からの分岐した腹腔動脈部、大動脈から分岐した上腸間膜動脈からです。ほかに腎動脈からも注入したらしいです。ここの病院のやり方は、動脈血流に抗がん剤を乗せて癌に抗がん剤を集中させる方式と考えます。M病院の場合は、癌の近くまでカテーテルを進めるように思います。両者の相違点ですね。奈良では、M病院から言われた『陽子線で血管が潰れてカテーテルが入らない。』ことはなかったです。なぜなら、鼠径部から腹部大動脈の血管内径は18~22ミリあるから、腹腔動脈まではスムーズにカテーテルが入ります。腹腔動脈は長さ2センチくらいで内径が5ミリ以上あるから陽子線照射では潰れません。固有肝動脈も上腸間膜動脈も太さはほぼ同じですから、M病院ではさらに細い動脈にカテーテルを進めていると推測できそうです。癌がコンクリートのようにガチガチに固くなっていて抗がん剤の効果はない。といった点は使う抗がん剤の種類により異なるように思います。エビデンスがないのだから結論は『やってみないとわからない。』ですよね。
Commented by かっちゃん at 2017-09-24 09:09 x
仙台から奈良までは、ともかく遠いです。難点はそこなんです。距離は片道で約800キロですから。奈良に来てから『東北から治療に来る患者はいますか?』と聞きましたが、『めったにいない。』らしいです。私の症状の場合は選択肢は動注以外になかったです。M病院で断られて、奈良行きに重い腰を上げることになりました。いかんせん遠いし疲れます。でも命がかかっているから、後には引けなかったです。今思うとrollさんのお母さんが奈良に来てたら、運命は変わっていたかもしれないです。ここは総合病院だから、合併症にも他科の協力が得られます。放射線科は田中准教授はじめみなさん若いドクターばかりです。
Commented by pancanendit at 2017-09-24 14:21 x
>rollさん
はじめまして。
pancanenditと申します。今まで書き込みさせて頂いたことはありませんでしたが、私の父もすい臓がんでこちらのブログからも様々な情報を頂いていました。お礼と共にお母様には心よりお悔やみ申し上げます。最後まですい臓がんと闘われたrollさんやご家族にも敬意を払わずにはいられません。

今回、掲示板をお借りする形で申し訳ございませんがかっちゃんさんにお話をお伺い致したく、書き込みさせて頂きました。

私の父も肝転移のあるすい臓がんステージ4bで様々な治療を検討したいと考えています。かっちゃんさんも色々な治療をなされているようで一度お話を伺いたいと思っています。

私の住んでいるところから奈良県立医大までは1時間少しで行くことができます。
もしお話を伺えるようでしたら、お見舞いも兼ねてお邪魔させてもらえたら…と思っています。
体調もおありでしょうし、無理を言うつもりはありません。気が向くようでしたらご検討よろしくお願いします。

こちらの捨てアドにご連絡頂けましたら折り返し連絡させて頂きます。
勝手なお願いで申し訳ありませんがよろしくお願いします。
selfsute111@yahoo.co.jp
Commented by 同志 at 2017-09-24 16:37 x
rollさん申し訳ありません。

私もかっちゃんさんのお話を伺いたいです。

生命予後を決定付けるのは肝転移です。

rollさんのコメント欄をお借り出来れば有難いです。
Commented by 同志 at 2017-09-24 16:56 x
rollさん、コメント承認頂き有難うございます。

また、この度の訃報をうけ、お母様rollさんの頑張りに励まされておりましたので、無念でなりません。

最後の手段は三浦病院の処置を検討しておっただけに、その際の経緯やrollさんがお感じになられた心情が痛い程伝わって参りました。

そしてお母様も痛い手術だったという言葉も忘れられません。

けれど、三浦病院を選択されたことは、勉強している患者サイドとしては避けられない選択だったかとも思っております。

ただ、今回のかっちゃんさんのレポートも非常に参考になりましたので、思い余ってコメント致しました。

お疲れのところご配慮頂き心より感謝申し上げます。

かっちゃんさんにおかれましては、コメントを拝見させて頂いております。どうかまずは体調が快復されますことをお祈りしております。
Commented by 応援してます at 2017-09-24 22:51 x
お彼岸、月命日でしたね。
まだまだ時間はかかると思いますが、お父様もrollさんも落ち着かれましたか?
Commented by sakura at 2017-09-26 10:07 x
はじめまして。
いつも拝見させていただいていました。
とてもロールさんのお母さんがいなってしまったことが、
残念でなりません。こちらも父が膵臓癌で、膵臓癌は足がはやいですから、いつどうなってしまうかわからないかんじです。自分に置き換えてしまいます。私は東京のS病院に数回診察にいっています。一度隣の席で女性の親子連れをみました。もしかしたら、ロールさん親子だったかもしれないです。
M安先生からM病院の話をよく聞きました。私とロールさんを重ねているように思いました。

偉大な膵臓癌患者の
かっちゃんさんに質問です。
①なぜ奈良なのでしょうか?
カテーテルではにゃんこ先生が有名ですが
そちらは検討にはいりませんでしたか?
②オプチーボはかっちゃんさんには向かないのでしょうか?
Commented by かっちゃん at 2017-09-26 10:11 x
5泊6日の入院から解放されました。奈良から仙台まで片道800キロは、さすがに心が折れそうですが、次の入院日が10月24日に決まりましたからなんとか命を繋いでいきたいです。それまでに、11回目のHIFU治療を受けます。奈良での治療は、あまり痛いのがなかったから助かりました。
Commented by かっちゃん at 2017-09-26 10:49 x
『sakura』さんへ。 ご回答します。にゃんこ先生のブログは見てましたし、吹田徳州会病院やゲートタワークリニックには膵臓癌のカテーテル治療で問い合わせもしていました。確かに両者共にカテーテルの手技は優れたものがあるかと思いますが、こと『膵臓癌のカテーテル治療』の話をすると『膵炎を起こしやすく難しい。』とのことで良い回答が得られていませんでした。IVRの装置は3病院共に最先端画像機器なようですから、あとは『使う抗がん剤の種類』と『血流改変方法』と『どの動脈のどの位置から抗がん剤を注入するか?』『骨髄抑制の程度』などが問題になると思いました。そもそも膵臓癌は繊維質で頑丈な間質に覆われているために、抗がん剤は浸透しにくいし、免疫療法も効果がありません。三浦病院からのコメントやrollさんの三浦病院でのレポを踏まえ、合併症にも対処できる総合病院の奈良医大に決めた次第です。さて、オブジーボやヤーボイについては、世界的に膵臓癌でも試されておりますが、やはり間質に阻まれ良い結果は出ていませんので、今後に期待ですかね。国内でも『関東の複数のクリニック』レベルで民間治療としてやってますが、完治、寛解はゼロですし、延命効果については比較試験もないので云々することはできません。
Commented by 同志 at 2017-09-26 11:10 x
かっちゃんさん

退院されて良かったです。

レポートいつも拝見しています。
情報の分析力や行動力など奇跡に近く凄いとしか言い様がありません。

当方はオプジーボやりましたが駄目でした。
現在、局所血管内治療と全身抗ガン剤を組み合わせています。
ただ、術後早期に転移した場所が肝臓で非常に予後が厳しく、抗ガン剤の選択や手技を間違えると厳しい状況です。

かっちゃんさんにご質問です。
全身抗ガン剤と局所治療を組み合わせるにあたり、休薬期間は設けていますか。

また、全身抗ガン剤の投与量は減薬していますか。

今回の血管内治療のレジメンはかっちゃんさんのリクエストですか?奈良の病院の判断ですか?

かっちゃんさんはアブラキサンジェムザールやフォルフィリを使っていないと別の方のブログで拝見しましたが、戦略上のご判断でしょうか。

質問が多くすみません。
体調の宜しい際にご教示頂けると有難いです。
Commented by かっちゃん at 2017-09-26 12:16 x
『同志』さん、お答えします。 私は7th lineがカンプト単剤でしたが、耐性がつきまして3ヶ月経過を見てました。奈良では、エピルビシン、マイトマイシン、シスプラチンを使いました。怖いのは白血球減少でして、次の治療ができなくならないようにとの配慮から静脈からの抗がん剤は予定していません。毎月動注をして、腫瘍マーカーと癌の縮小を優先したいのです。レジメンは奈良のものです。アブジェムやフォルフィリノックスは、2010年にはなかったレジメンです。だからそもそも使えなかった(笑)。だから、皆さんとは真逆になっています。しかし、それを使うべき適切なタイミングが来るやもしれないから、その時に考えます。
Commented by かっちゃん at 2017-09-26 12:30 x
奈良での5泊6日の入院費用は、国保ではありますが88,440円でしたから安かったですね。障害年金や県民共済で1年の医療費がまかなえてしまいます。ちなみに『ETクリニカ』での膵臓癌カテーテル治療は一回で50万円です。交通費もハイウェイバスなど使うと、仙台の自宅から医大前までで10,000円を切ります。私の場合『糖尿病、十二指腸狭窄、胆道ドレナージ、転移肺癌』など抱えているから、総合病院の方が都合が良いのです。
Commented by 同志 at 2017-09-26 14:30 x
かっちゃんさん 有難うございます。

確かに抗ガン剤が逆です。

寧ろ、アブジェム フォルフィリ抜きでここまでこられたこと、そもそも手術せずにというのは凄いです。

rollさん、お辛い中コメント欄をお借りして有難うございます。
感謝申し上げます。
Commented by はやまま at 2017-09-26 20:34 x
rollさん、
すっかりあきになりましたね。

温かいものめしあがたって、元気出してくださいね。


rollさんのブログに皆さん希望を持てているとおもいます。

お母様必ず笑ってrollさのおそばにいますよ。
Commented by sakura at 2017-09-27 15:39 x
かっちゃんさんへ。

とても大変な状況の中コメント返信ありがとうございます。

ロールさんもこの場を借りさせて頂いて、ありがとうございます。

かっちゃんさんも含めみんななんとかして命をつないでもらいたい。
につきます。
by roll1822 | 2017-09-13 22:22 | 膵臓がん | Comments(37)

2013年10月、母の膵臓癌が発覚。ステージⅣaですが、3年間元気に生きています。最新治療ナノナイフの経過を記録していきます。


by roll1822
プロフィールを見る
画像一覧