隠したって分かる


母は日に日に悪くなっていきます。
土曜は仕事が終わってから。
日曜は塾のお迎えが終わってから。
可能な限り母の側に居ました。

母が、今、口に出来るのは、水、エンシャア・リキッド、稀に100%オレンジジュース。
腹水になるだけなので、点滴は最小限、だから栄養は経口でエンシャア・リキッド1缶、1日かけて頑張って飲んでいます。

もう歩けないし、車椅子でトイレに行くも、ゼーゼーしながら帰って来ます。
ベッドに座る事すら辛くなりました。
声にも、もう元気はありません。

私から「家に帰ろう!」と言いました。

母は、兄に気を使っていたようですが、兄が在宅医療を希望している事を話したら、とても喜んでくれました。


父は、毎日病院に通っています。
片道1時間くらいかかります。

毎晩、父に電話をするんです。

  roll:「今日は、どうだっけ?」
  父:「昨日より悪いな・・・」

毎日この会話です。

そして今日は、

  父:「お母さんがよ、もう家には帰れない、って言うんだ・・・」

今日は、母と病院で泣いたそうです。


本当の事は、私と兄しか知りません。
父にも母にも言えなかったのです。
嘘は付かない、でも真実は言わない、兄と二人で決めたのです。

お腹の膨らみは全て癌。
既に肝臓にも転移している。
腸がプカプカ浮いていて、もう食べ物は食べられない。
血管を腫瘍が取り囲んでいて、いつ血管が詰まるかも分からない。
腹水は抜けば抜くほど出て来る。
出血の原因は分からない。
何の治療も無い。痛みを緩和するだけ。
・・・そんな事、言えるわけがない。誰が何と言おうと言いたくないんです。

でも、父も母も、永く無い事は分かっています。
今日、兄が言いました。
父が可愛そうだって。
毎日毎日、「良くならないなぁ・・・」って言ってる、って。

無力です。
私には、何も出来ません。

昨日、母の足をさすりました。
とうとう足も浮腫んできました。
アイスが食べたいって言うから、二人で抹茶かき氷を食べました。
母は、5口くらい食べました。


今日で入院から一週間。
あまりに急すぎて、結局・・・できる覚悟が無いんです。




   ↓ いつも力を頂いています!たくさんの情報があります!

にほんブログ村


[PR]
Commented by 応援してます at 2017-08-21 23:55 x
一つ目の目標、家に帰れる状態に持っていくこと!!

お母様、まだ頑張っていると文面からは感じられます。
エンシュアを飲んでいます。まだ食べたいものもあります!

二つ目の覚悟の
●緩和治療で放射線なども出来るから、放射線科の先生とも相談していこう。
これはどうなりましたか?「緩和」、好きではない言葉ですが、これも大切です。腫瘍からの出血の場合、これで止められたりもします。うちは胃に癌が突っ込み、そこから出血が止まらなくなった半年前に放射線で止めました。腫瘍も少し小さくなりました。効果は半年でしたが。

主治医不在中の若い医者、これまでで一番、人としてまともだったように思えます。
長丁場に急変ですが、気持ちだけは折れないように!
私も父か急変するたびに、どっと落ち込みパニくってますが・・・急変して病院に行くたびに、「明日まではもたない」とかひどいことを言われながらも、まだ生きてます。
お互いがんばりましょう。
Commented by roll1822 at 2017-08-22 00:18
> 応援してますさん
放射線、やりたかったんですけどね。放射線科の先生は結果に湿潤していることを指摘し前向きな話にはなりませんでした。何より、母が動く事が辛そうです。そして今日から、点滴が入らなくなったと言われました。もうどうしようもありません。
お腹いっぱいの癌細胞、こんなになる前に対処すべきでした。
若い先生、とても良い先生です。母を含め我が家はみんな安心しています。気軽に相談が出来る、それだけでもこんなに幸せなのか・・・。初めからこの先生に出会っていれば、母のストレスは最小限で済んだのかもしれません。でも、H26年に大学卒業という経歴で、、、母は既に癌でした・・・。
コメントで元気をもらえます。ブログは書くだけで涙が出ます。
過去を振り返れてしまうのが、ブログの悪い所です。今は良かった時期を思い出したくないのです。
Commented by かっちゃん at 2017-08-22 01:51 x
rollさんのお母さんの症状を見ていて『さて、どんな治療が良いか?』と考えると治療方法はなにがしかあるように思いますが、歩行困難になると遠隔地に出向くのが難しくなると思います。私は木曜日から入院していますが、木・金・土と『絶食で点滴だけ』でしたから、なんとか少し戻った体重が三日間で二キロ減少して51キロになりました。これでは筋力低下で歩けなくなるから、食事をリクエストしたら、全てが『水溶液』の重湯というものが出るようになりました。癌が大きくなり十二指腸を押し潰してるから、水のような重湯しか通過しないのです。胆管狭窄についてのみ、とりあえず水曜日に手術しますが『横っ腹から穴をあけて肝臓を貫通させて胆嚢にカテーテルを留置』する『胆嚢ドレナージ手術』になるかもしれません。手術後二週間は入院が続きます。その次の治療として、奈良県立医大の腫瘍IVRカテーテル治療を考えていましたが、遠いし何度も乗り換えがあるから、こんな状態では体力的に行けそうもありません。目的は『腫瘍を縮小させて普通の食事ができる』ようにすることです。そこで、再度私の主治医から三浦病院に一気に悪化してしまった私の近況報告がてら、動注療法での受け入れを打診してもらっています。膵臓癌は進行が早いから、今の治療が終り次第、三浦病気で治療して普通の食事ができるようにするのが最優先課題です。十二指腸にメタルステントは入れたくないのです。なぜなら、放射線系の治療だけは最後の最後まで残しておきたいからです。今回のドクターとそんな話をしたら『確かにそういう手はありだな。』と言われました。rollさんも、お母さんも頑張って下さい。私は、こんな状態になっても痛み止めを飲みながら延命すべく頑張っていることをお母さんに伝えて下さい。
Commented by usijima21 at 2017-08-22 02:42
roollさん、
お母様、お家に帰る、大きな目標かもですが、願い叶うといいですね祈念してます。あんなにお二人で頑張ったので、今回も乗り越えられるかも、を信じおります。お大事に。
かっちゃんさん、
いつも深夜のコメント、色々参考になります。
我が家の嫁さんも、食べらない期間一ヶ月近く有り、点滴だけでギリギリ持ってました。早く食べらるようになるといいですね。
Commented by かっちゃん at 2017-08-22 07:43 x
今考えている治療はいよいよもって最後となる治療についてです。それは以前書いた『開腹・スペーサー留置下における陽子線照射』です。現在の私の癌は膵体部から膵頭部に食い込み十二指腸を狭窄してるから、このままでは十二指腸や胃に穴が開くから陽子線照射ができません。三浦病院での治療は、癌を小さくして『食事ができる、痛みがとれる、縮小により十二指腸や胃から離れる』ことを願望しています。三浦病院での動注療法が効を奏すれば開腹せずに陽子線治療ができます。仮に動注療法が効を奏しないとしても、開腹しての陽子線治療は考えています。一回に大量の線量を照射できるからそれなりの効果を期待できます。この方法は一般的な治療でないから、どんな癌に効果があるかはよくわかっていませんが根治不能な癌で、しかも私のように十二指腸や胃と隣接した膵臓癌で試してみる価値があると考えています。再度の陽子線照射だから、正常組織や細胞がかなり被爆します。縫合不全、潰瘍、ビラン、穴があくなどあるし、ステント挿入てはいろんな不具合は覚悟しなければなりません。十二指腸バイパス手術も視野に入れての検討課題です。
Commented by はやまま at 2017-08-22 11:06 x
rollさん、お疲れ様です。
本当になんでなんで、ですよね。あのとき、まさかって。医者を信じて治療していたのに。
何も治療ができないのなら、おうちにかえやらたいてますよね。緩和や在宅医療もなかなか進みませんよね。
お兄さまや、お父様のご協力もたすかりますね。
本当のことを言えないお気持ちもわかります。こんなにとつぜんで、rollさん、お時間が許す限り、お母様に寄り添い、聞いておきたいこと、お母様の願いなど、さらりときいてくださいね。
母さん、なんかやりのこしたことない?○○○
じゃあ、退院してやらなあかんねって。
お辛いでしょうが、お父様にもお母様がまだまだ必要ですよね。毎日お母様のもとに通われご苦労だとおもいます。
横になるとき病院で温パックはいただけないでしょうか?少しでもお母様が快適に、生きる気力だけでもなくさないように。
生命保険、色々面倒ですよね。
私はいつもははのふりをして電話などはします。
あと、手続きでお母様がおつらいようでしたら代理人ができるほけんもあるようですね。
どうかどうか、お母様がよくなりますように。
rollさんの笑顔がもどられるように、今日も祈ります。
Commented at 2017-08-22 11:18
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented at 2017-08-22 12:26
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by ぽにょ at 2017-08-22 14:10 x
rollさん、辛いですね。苦しいですね。
癌は急降下が早いです。
でも、でも、お母さんの望みであったお家。
家でゆっくり家族の時間を過ごせるのと、病院とでは
違いますよ。
ここが踏ん張りどころです。
とにかく家に。
家族の家に。
お父さん、お母さんの家に。
できないことはありません。
自宅で「ホッとするねえ」って言って過ごせる時間がまだありますよ。
rollさん、きついと思うけど。踏ん張りどころ。
とにかくいろんな人に連絡して、ケアマネに連絡して
お家にかえしてあげましょう。
心から心から応援していますよ!
Commented at 2017-08-22 18:34 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by https://su at 2017-08-22 22:27 x
きやすめかもですがこんなきじみつけました。
https://sujikotu-seitai.com/fukusui/

Commented by roll1822 at 2017-08-22 23:05
> usijima21さん
4年間、あっという間でした。月日が経つ感覚が鈍っています。
癌とは、本当にどうしようもない病気ですね。
Commented by roll1822 at 2017-08-22 23:09
> かっちゃんさん
相変わらずのかっちゃんさん節が聞けて嬉しいです。
でも、M病院には注意して下さいね。かっちゃんさんなら大丈夫だと思いますが、これまでの病院とは結構違う所です。母は、好きではありませんでした。すごい先生だし、前向きに頑張ってくれます。でも、何と言うか・・・。
かっちゃんさんのご担当の先生方は、皆さん協力的で良いですね。医師を味方に付けないと長生き出来ませんからね。
Commented by roll1822 at 2017-08-22 23:12
> はやままさん
そう、私も温めるのが良いかと思って、薬局で温めるヤツを買って行ったのですよ。でも、丁度、病院からも貸してもらったらしく、・・・でも、ベッドの上に放置してありました。
借りたものの、嫌だったのかな。もうすっかり動けないので、前向き事はなかなか気乗りしないようです。自分が楽な姿勢で居る事が、一番大事なようです。
生命保険の件、なるほど、参考になります。何も準備がなかったので何も出来ず、しかも億劫です。
Commented at 2017-08-22 23:17 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by roll1822 at 2017-08-22 23:21
> bagusIさん
色々とご丁寧にありがとうございます。連絡先まで。本当、感謝します。
今日、病院に相談に行って来ました。在宅医療でしなければならないこと、いろいろ理解出来たのですが・・・在宅医療を行っている診療所に連絡した所、腹水を抜く事が出来ないと言われました。つまり、一番近かった診療所ではあてにならないようです。もし順調に進められれば、来週には家に帰れるかも!という話まで進んでいたのですが。。。
今は、近くの病院への転院の話が順調に進みそうです。母は、病院の方が安心だと言います。私は離れていますし、兄夫婦は自営業、父は病弱・・・母は、介護は難しいのではないかと心配しているようです。もしかしたら、その病院に移れば、そこの医師が自宅に往診が可能との話も受けています。まずは、緩和病棟のある近くの病院に面談に行って来ます。
毎日毎日忙しいです。息子の夏休みの宿題が・・・。
Commented by roll1822 at 2017-08-22 23:27
> ぽにょさん
ありがとうございます。とりあえず今日の時点では、近くの緩和病棟に転院する話で進んでします。本当は家に帰してあげたいんですけど、田舎っていろんな事が不便です。あてにしていた診療所では腹水が抜けないと言われまして・・・。それじゃ末期癌患者は在宅医療無理じゃん!と思ったわけで。。。
でも、近くであれば良い。順調な日があれば、外泊も出来るかもしれない、と言うし(それは難しいと思うんですけどね)。
自宅でも転院でも、早い方を選びたいのです。命が限られていますから、まだ喋れるうちに行動したい、気持ちばかりが焦ります。
Commented by roll1822 at 2017-08-22 23:29
> takala0408さん
ありがとうございます。
お父様は順調でしょうか?動注とHIFUの併用、すごく期待しています。私は良いと思うんですけど。。。母の場合は時期が遅すぎました・・・。
頑張って下さいね。本当、後悔しないように。
Commented by roll1822 at 2017-08-22 23:30
> https://suさん
ありがとうございます!うれしかったです。大きな処置はもう出来ませんので、こんな事が嬉しいです。心がやすらぎました。
by roll1822 | 2017-08-21 23:31 | 膵臓がん | Comments(19)

2013年10月、母の膵臓癌が発覚。ステージⅣaですが、3年間元気に生きています。最新治療ナノナイフの経過を記録していきます。


by roll1822
プロフィールを見る
画像一覧