いきなりの腹膜転移と肝臓転移


一ヶ月前は、何ともなかったのです。
転移もなかったし、腹水も無かった。
ただ、動注を始めてからはずっと、食事が出来なくなっていました。
これは、5-FUの副作用だとしか思っていませんでしたので、いずれ治まるだろうと思っていました。


7月中旬にM病院から退院した母は、食欲が無いからと近所の町医者で点滴を繰り返していたのです。
ご飯が食べられない時は、点滴をしてもらって!とM病院の看護師さんに言われていたのです。
後から考えれば、体の弱っている母に大量の輸液はかなりの負担だったと思います。
血管が処理出来なかったのではないか?
これが腹水の原因ではないか?と思っていたのです。


7月末、退院から1週間しか経っていないのに、急な体調不良でM病院に急遽入院。
重度の貧血で輸血をしました。
その辺りから、お腹は膨らみ始めていたのです。
つまり、お腹の膨らみに気付いてから、まだ一ヶ月も経っていないという事です。

その後食欲は回復しないものの、M病院にてCTと胃カメラで出血の有無を確認後、一時的な出血だったのであろうという事で、8月9日に退院。
8月13日に母と会い、お腹の膨らみに驚き、14日に急遽主治医のいる地元の病院に行きました。
当日入院し、まだ5日しか経過していませんが。。。

日に日に悪くなっていきます。


M病院では、どうして腹水を放置されたのでしょうか。
こんなになるまで放ったらかしにされて・・・。
何度も何度も相談したのに、明確な返事はもらえず・・・。
動注だけが専門だとしても、何かアドバイスがあっても良かったのに・・・と考えてしまいます。


昨日、現在の病院で、腹水の成分を調べた結果、「癌」によるものである事が明確になりました。
つまり、腹膜転移です。
赤色で、ものすごくドロドロしている腹水だったそうです。
かなり進行していると言われました。

そして、肝臓にも転移していると言われました。

CARTの相談もしてみたのですが、あまりにドロドロしすぎて、分取出来る成分は極わずかだろう、と。
腹水だけが問題ではないので、すぐに諦めました。。。


●腫瘍の血管への巻き込みも大きくなってきている為、今後血管が詰まる可能性もあるし、腸閉塞の可能性もある。

●腹水は、いきなり抜きすぎる事は出来ないので、苦痛でない程度に少しづつ週単位で抜く対処法しか術がない。

●出血の原因は分からない。
 M病院で調べてくれたが、胃カメラの届かない場所であった可能性もあるし、何より今検査をするのは危険なこと。


母は食事が出来ない所が、歩く事も出来なくなりました。

少しずつ痛みも出て来ているようです。
一番辛いのは、お腹の張りだそうですが。


13日は、実家の庭でバーベキューをしました。
お墓参りにも行って花火もしました。
お肉が足りなくなって、私と二人でお肉を買いに行きました。
母は、毎年恒例の芋煮を作ってくれました。
辛そうでしたが、歩けたし、食べられました。

まだ5日です。
こんなに急に命は消えようとするのですか?



   ↓ いつも力を頂いています!たくさんの情報があります!

にほんブログ村


[PR]
Commented by 応援してます at 2017-08-18 23:38 x
今は腹水よりも出血箇所を突き止めるのが最重要課題でしょうか。ポートを入れた動脈辺りとかは??ブログを読ませていただいているだけの素人ですが、消去法で。
出血している場所はCTでもやもやっと映るそうです。
動脈も何本かは放射線カテーテルIVRで塞げます。
うちはそれで既に1本止めました・・・
Commented by はやまま at 2017-08-19 00:20 x
rollさん、ほんとに大変なことになってしまいましたね。数日前まで元気だったお母様。うちの父もそうです。16日の昼まで私のくだらない相談にのっててくれたのに、夕方熱が出てきて。肺炎、そのまま入院です。親がいなくなったら、わたしもどうしたらいいのかわかりません。もいりっぱに成人し子を持つ親になっても、親には生きていてほしいです。
rollさん、お仕事、子育てをしながら、お母様のご容態をきき、ほんとにおつらいですね。お母様、痛みだけでも何とか鈍くなってくれたらと願うばかりです。
ビワのは温灸がよいとかかれていました。
お灸などもいかがでしょうか。
お母様、お家にかえれることが、望みですね。
私も数ヵ月ですが、こうしてブログを拝見させていただき、どうしてもrollさんのお母様は私の母と重なりどんな型であれお母様には生きていてもらいたいのです。今夜も祈ります。rollさん、ごむりなさらないでくださいね。
Commented by ju1824 at 2017-08-19 00:57
私の母も、現在、全く同じような経過です。
今より、ほんの少しでも状態が良くなるように願いつつも、話し相手になることしか出来ません・・・・・

お母様の状況が少しでも良くなるように、勝手に祈っております。
Commented by かっちゃん at 2017-08-19 01:57 x
私の母親も膵臓癌で亡くなりましたが、うちの母親は開腹手術をしたがどうにもならず、そのまま閉じてしまいました。それ以後1年7ヶ月痛みもでないまま平穏に暮らしていましたが、亡くなる一週間前から様態が悪化して眠るようにして亡くなりました。rollさんのお母さんも急激に変化していますから『いつもよりよく様態を観察』して適切な処置が必要と思われます。私は昨日から直ぐに入院して胃カメラなどいろいろ検査してますが、通常胃の内容物は3~5時間で十二指腸に移動しますが、癌は膵頭部にも浸潤し、さらに大きくなり幽門が圧迫され狭窄しており17時間経過しても、胃に沢山食物が残っていたので、胃カメラ検査は中止になりました。急激にこれほどまでに膵体部癌が大きくなり、大きくなったことに気がついたのが1ヶ月前のCT画像によります。急激に大きくなった原因は、糖尿病悪化のため暫く糖質を制限していた食事を『インスリン注射』をすることにより、糖質量を気にせず何でも食べるようになったから、癌が余分に取り込まれた糖質を栄養源にして急激に大きくなったのではないか?と考えています。これらのことは、ここ1ヶ月での出来事ですから『次の治療は奈良で』と考えていた矢先の入院になりました。この手遅れにより自らの余命を短縮してしまいました。病気で人が亡くなる時は病状の急激な変化に気づかないために『手の施しようがなくなるから』であります。rollさんには仕事や家庭を抱え大変かと思いますが、急激に様態が変化してる時は慎重に見守ってあげて下さいね。
Commented by usijima21 at 2017-08-19 05:09
roollさん、
決してあきめない無いで、お母様へは、笑顔で接して下さいませ。1日も早く小康状態になりますように。
Commented by ひろみ at 2017-08-19 06:03 x
私の母も今同じような状況です。癌の増大によって黄疸と貧血で入院し、そこからは見る見る悪くなってしまいました。母はもう少し進んで、現在は話すこともできない寝たきりの状態です。お医者様にはもって数週間と言われました。膵臓癌4bと宣告されて1年半、末期癌とは思えないほどすごく元気に過ごしていたので、今の状況を受け止める事ができません。rollさんのお気持ち痛いほどわかります。どうか穏やかな日々が過ごせますように。
Commented at 2017-08-19 07:38 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by かっちゃん at 2017-08-19 11:23 x
只今入院中です。今朝は別のドクターから『今後食事ができなくなるのが心配だ。』、、、『えっ?』でもすぐわかりました。『幽門輪が狭窄により胃の内容物が通らなくなりそうだからです。』そうなると、歩行困難になり早々に寝たきりになると思います。点滴だけで、癌の治療ができないなら非常に厳しい状況になると思います。とんでもない『黒ひげ危機一発』になってしまいました。
Commented by roll1822 at 2017-08-21 23:35
> 応援してますさん
ありがとうございます。でも、出血の原因調査自体が危険な状況なのです。
1ヵ月前に対処出来ていれば、、、とすごく悔やんでいます。
やっぱり、医者を信じなければ良かった。
後悔なんて何にもならないんですけどね、後悔だらけです・・・。悔しいです。
Commented by roll1822 at 2017-08-21 23:37
> ju1824さん
輸血ですね?まだ大丈夫。励ましてあげましょうね。。。
私は4年間いろいろ調べて来て、でも、いざとなったら緩和の事、何も知りませんでした。
在宅医療をしたくても転院したくても、時間ばかりが過ぎて行きます。焦っています。分からない事ばかりです。
Commented by roll1822 at 2017-08-21 23:42
> かっちゃんさん
お母様も膵臓だったのですか・・・。
かっちゃんさんは、まだ頑張って下さいね。みんなの希望ですから!母は、こうなってしまった今でも、「かっちゃんさんは何してる?」って聞いて来るんですよ。お会いした事も無いのに。励みだったんですよね、きっと。
違う意味で頑張ります。無力ですが、最後まで頑張ります。
Commented by roll1822 at 2017-08-21 23:43
> usijima21さん
ありがとうございます。奥様の体調は如何でしょうか?
最後まで頑張ります。これからだけでも後悔しないように頑張ります。
Commented by roll1822 at 2017-08-21 23:47
> ひろみさん
そうですよね・・・話す事も出来なくなるんですよね。その覚悟がまだ出来ないんですが、きっとあと数日な気がします。進行の早さに驚いています。
・・・あとは生命力。
辛いです。もっと話がしたいです。どうしてこんなことになってしまったのか。
Commented by roll1822 at 2017-08-21 23:50
> まりもさん
お母様を亡くされていたのですね。先輩ですね(笑)(泣)。
最後まで頑張ります。ここからは兄と二人、いや父と三人。何がベストかを考えます。
医者を信じた事が後悔です。
Commented by roll1822 at 2017-08-21 23:52
> かっちゃんさん
きっと大丈夫。賭けにお強いじゃないですか!もう少し奇跡を見せて下さいね。延命すれば、まだ次の治療が出て来るから。
私は年内は大丈夫かと思い込んでいました。こんなに急に悪くなるなんて。。。
by roll1822 | 2017-08-18 22:27 | 膵臓がん | Comments(15)

2013年10月、母の膵臓癌が発覚。ステージⅣaですが、3年間元気に生きています。最新治療ナノナイフの経過を記録していきます。


by roll1822
プロフィールを見る
画像一覧