どんだけの覚悟が必要なのか



母に、自宅の寝室を変える提案をしました。
母の寝室はずっと2階でした。
でも、そろそろ無理ですよね?
一人で寝かせておくのも不安だし。。。

 roll:「1階のばあちゃんの部屋に引っ越そうよ。」

母は、きちんと分かってくれました。

 母:「タンスとか運ぶのは難しいべなぁ。鏡台は捨てでも良いは。。。」

 roll:「タンスは置き場所あるから、なんとか運べんじゃない?
    その方が良いべ?」


私は寂しくて寂しくて、一つ一つの覚悟が辛いです。

今日から会社が始まりました。
気を抜くと、どうしても辛いです。



主治医は、まだ休暇中。
担当のI先生が治療してくれています。

母は、昨日から、利尿剤を注射してもらっています。
I先生は悩んだ末、利尿剤の使用を考えてくれたようです。

更に昨日は、お腹に麻酔をして腹水の成分検査の為に水を少し抜きました。
検査結果に一週間くらいかかるとか。。。



母が、昨日から便が黒かった、と不安がっていました。
昨日入院してから、自分の薬を全部薬剤部に預けたため、いつもの薬が飲めていません。
その中に止血剤を入っていたのですが、1日飲まないだけで出血するなんて考えられないのですが。
母は、薬を戻してもらうように希望を出しました。
経口は辛いだろうと、今日から止血剤の点滴が開始されたようです。
でも、腹水に点滴は良くないのにな・・・。
私は錠剤が良い・・・。

やっぱり、どこかから出血しているんだな。
どこだろう。

腹水だけが悩みではありませんでした。

この病院では原因究明を行ってくれるのか・・・。
でも、原因が分かった所で治療はしてくれるのか・・・。
多分、それは無いし。。。

それに、何より、既に母が弱っていくのを感じています。




   ↓ いつも力を頂いています!たくさんの情報があります!

にほんブログ村


[PR]
Commented by かっちゃん at 2017-08-16 21:55 x
お母さんが弱っていくのを見ているだけというのは本当に辛いですね。よくわかります。まずは原因を究明しないと何もできないし話も前に進みません。だから何故そうなるかを発見することは大切だと思います。さてさて、私の方ですが今日は抗がん剤点滴日ですが、胆道系酵素が急激に上昇しているために中止になりまして、急遽CT検査、そして明日は消化器専門のドクターの診察、21日からの東京医科大でのHIFU治療の中止、来週から入院して内視鏡でのステント挿入ということになりました。原因は総胆管狭窄・胆管拡張による胆道系酵素の急激な上昇により、近々黄疸や眼球が黄色になったりして、放置すれば命取りになるようです。ステントは入れたくなかったのですが、命取りになるからやむを得ないことです。食後はいつも通り痛くて寝れないです。これで、奈良での治療は難しい状況になってきました。要するにもっと早くに『腫瘍IVRカテーテル治療』を受けていたら、腫瘍が大きくなり膵頭部まで食い込むなどということにはならなかったはずです。また、ステントを入れる必要もなかったのです。油断してまして手遅れになってしまいました。ここからどうやって挽回していくか?悩ましいところです。
Commented by roll1822 at 2017-08-16 22:30
> かっちゃんさん
私もずっと後悔しています。あの時こうしていれば、あの時こうしていなければ、と。本当、ずっと後悔しています。癌治療に間違いは許されないですね。命取りになりますからね。
母は、まだ痛くないんですよ。それなのに、ダメなんです。
腹水を抜いて衰弱していけば、痛くなるよりは楽なのか、、、とか考えてしまう自分がいます。そろそろ治療を止めて、抗がん剤の苦しみなしの生活を送って欲しいと思いましたが、普通の生活に戻る事すら難しい状況になってきました。こんなに突然悪くなるなんて・・・。
総胆管狭窄・胆管拡張による胆道系酵素の急激な上昇、色々ありますね。。。
治療があるのですから、もっともっと生きましょうね。
Commented by かっちゃん at 2017-08-16 23:16 x
残念ながら私に奇跡は起きません。やるべき時を逃さないで適切な治療をすることによって奇跡的な回復が期待できるのです。私はそのやるべき時を即ち『チャンス』を逃してしまいました。これから辛い復帰戦です。ステントはメタルステントにしたいのですが、これでは放射線系の治療ができなくなるから寿命数ヶ月しかもたない『プラスチックステント』をあえてリクエストします。その間に陽子線センターで陽子線再照射の相談です。重さ200tの回転ガントリーをどう使いこなしてもらえるか?ここが照射線量を上げるためのポイントになります。もし、今回も60グレイ以上照射したら、膵臓は『ぺしゃんこに破壊』されるでしょう。周辺臓器の被爆を抑えて副作用がないなら『チャレンジ』するつもりです。原則的には再度の陽子線照射はできないことになっていますから。私はそれをお願いしに行くのです。プラスチックステントが入っているうちに照射したいのです。
Commented by やす at 2017-08-17 01:07 x
こんにちは。うちの父も肝臓ガン末期です。抗がん剤治療をやめました。腹水でお腹がパンパンです。来週2回目の腹水を抜くため入院します。腹水の手術は抜いた腹水をろ過して、栄養分を戻すという方法です。抜いても腹水はすぐ溜まるようですが、溜まるまでは食べることが出来るようです。
もう姿はガリガリですが、本人は80まで生きるといっています。そうだよ、父さんガンと共存を目指そうとみんなで励ましています。辛そうですが、娘たちで父の足をマッサージして喜んでもらえるのが救いです。私は実家から離れて暮らしていますので、次に父に会うときは最後かもしれません。お正月も一緒に自宅でおせちを食べたいです。
rollさんのお気持ちわかります。ブログを読ませていただいて涙がとまりませんでした。お母さんと少しでも永く一緒にいられますようにお祈りしています。
Commented by いんたん at 2017-08-17 02:42 x
初めまして。母が昨年2月にたまたま受けたMRIで肝転移ありの膵尾部癌がわかり、今も闘病しております。アブラキサンが14クールまで持ってくれましたが、全く動かなかった癌が2月から動きだし、今は肝腫瘍が増大してしまいました。roll様のお母様と同じく、今も全く痛みがなく、自覚症状がないままです。けれど、最後の抗がん剤のTS-1が効いておらず万事休すです。マーカーも3600まで上がってしまいました。
主治医には、もう緩和へとやんわり言われたのですが、まだ元気にしているので受け入れられずにいます。肝転移ありの4bでは経過が良すぎるそうです。
roll様のお母様と同じくM病院への転院を検討しております。
片道1時間でして、一度院長先生と話しましたが、母が徒歩圏内の地元の病院が良いようで。。。
roll様とお母様の3年以上に及ぶ闘いに本当に勇気付けられております。
どうかお母様がまたお元気になられるようにと思っております。
すみません、これからも宜しくお願い致します。
Commented by はやまま at 2017-08-17 21:12 x
rollさん、お母様ご容態おちついてらっしゃいますか?痛みはあまりないと書いてありましたが、余談を許さないみたいでほんとにrollさんのお気持ちや、お母様のお気持ちを考えると涙が止まらずどうか、よい方向に向いてくれないかと祈るばかりです。
昨夜食道癌の父が、肺炎で入院しました、
昼まで元気に話していたのに、突然で、、、
やはり、癌は予断をゆるしませんね。
お母様、気功などどうでしょう。お近くに力を持っている先生などいないですか?母も気功に行き、車イス、酸素ボンベでしたが、今は杖とほこうきまでに回復しました。
何とか何とか元気になっていただきたいです。
rollさん、自分が間違ったなんてご自分をせめないでくださいね。
今はお母様のお力を信じてお辛いでしょうがご無理なさらないでくださいね。
Commented by roll1822 at 2017-08-18 22:35
> やすさん
コメントありがとうございます。私の母は、昨日、1.1Lの腹水を抜いても全く楽にはなれず、今日また膨らんで来たようです。どうしようもないです。。。
色々考えるんですよね。最後のお盆だったな、とか。正月はもう居ないんだな、とか。最後に一緒に食べた物は何だったか、一緒に歩いたのはどこだったか、とか。
もういろいろ考え過ぎて、毎日涙が止まらないんです。夜もぐっすり眠れません。
あまりに急で覚悟が出来ません。
Commented by roll1822 at 2017-08-18 22:39
> いんたんさん
M病院は、他の病院とは違う所なので、少し驚くかもしれません。全てがセルフサービスな感じ。動注は肝臓にはとても効くそうですね。
母の癌が4年もので相当頑固になっていましたので、動注ごときではピクリともせず、むしろ怒り出してしまったようです。
M病院、私の母にとっては、ちょっと過酷な病院でした・・・。
by roll1822 | 2017-08-16 21:12 | 膵臓がん | Comments(8)

2013年10月、母の膵臓癌が発覚。ステージⅣaですが、3年間元気に生きています。最新治療ナノナイフの経過を記録していきます。


by roll1822
プロフィールを見る
画像一覧