母のやる気


実家に遊びに行きました。
退院して、初めて会います。

うん、元気でした。

髪の毛が伸びたのでウィッグは被らず、きちんと化粧もして玄関に座っていました。
雨が降って気持ちよかったのだそうです。

足が痛いので、片足を引きずって歩いています。
でも、顔色も良く、手の傷も良くなっていました。


次回のM病院、母は一人で行ってみる!とはりきっています。
叔母に、大宮からM病院への楽な行き方を教えてもらったのです。

大宮
(西武バス¥380、50分くらい)
ららぽーと富士見
(タクシー¥1000、10分くらい)
M病院


確かに、電車を乗り継ぐよりも楽そうです。

本人のやる気を認め、今回は一人で行かせてみる事にします。
日本ですからね、分からなければ誰かに聞けば良いわけで。。。
きっと、行けたら自信が付くと思うのです。

M病院で、いろんな癌友さん達と出会い、元気をもらってきた母です。



   ↓ いつも力を頂いています!たくさんの情報があります!

にほんブログ村


[PR]
Commented by かっちゃん at 2017-07-16 22:55 x
交通手段も参考になります。お母さんは、抗がん剤の副作用がなかなか大変そうですね。私は、抗がん剤治療期間が長いから、あれやこれやのいろいろな副作用を体験しましたが、未だに後遺症として残っているのが、『手足の痺れと手の指の間接の痛みとほんの少しの浮腫み』です。手足の痺れは神経がやられてしまったから、元に戻らないと思います。インスリン注射をするようになってからは、少し食欲が出てきて49キロになった体重が54キロになりました。しかし、食欲がでたためか、胃が膨らむと膵臓癌が圧迫されて三時間くらいは腹部回りから背中にかけて『鈍痛』にみまわれます。8月1日はT医大に行くから、次の入院治療の際に何度かならないか相談です。
Commented by まりも at 2017-07-17 08:38 x
rollさんへ
お母様の元気なご様子に、ほっとされたのではないでしょうか。
読んでいた私も何だか嬉しくなりました。

お一人で山形から埼玉ですか!中々チャレンジングです。とりあえずやってみて、でも同時に地元での病院探し、なのでしょうか。どうぞ無理しないでくださいね。

動注でも副作用はあるのですか? 静注だと、あれこれ、出てきますけどね。私は勝手に動注は副作用、ほとんどない、って思っていました。
お母様が、痛みで足を引きずっていらっしゃるというのも気になります。一時的なものだといいのですが。カテーテル入れたためだったとしたら、何とか医師にして頂きたい気もします。
Commented by roll1822 at 2017-07-17 19:44
> かっちゃんさん
う~ん、抗がん剤の副作用も厳しいし、圧迫も辛いですね。
インスリンは、お腹が空くそうですね。母はインスリンをしながらも、副作用で食欲が減り、現在41kg。その結果、血糖値が下がった!と言っていました。体力が大事ですからね。なんとか食べないと。
母はもうすぐ4年で、大分いろんな治療の効果が現れづらくなっています。かっちゃんさんは、陽子線で、縮小見られましたか?重粒子線は諦めて陽子線を考えていますが、今がそのタイミングなのではないかと考えているのです。まだ転移が無いし、5FUで動注をやりながら。
Commented by roll1822 at 2017-07-17 20:00
> まりもさん
埼玉、不安なんですけどね。バスなら何とかなるかなぁと思って。田舎者には、乗り換えが辛いんですよ。
周りを見れば丁寧に書いてあるんですけどね・・・。見る気がないんだなぁ(笑)。
動注は副作用が少ないんですけど、それでもやっぱり抗がん剤の副作用がゼロというわけにはいかないようです。5FUって古い抗癌剤ですから、改良前の成分なわけで。
母の足は、TS1でも経験のあった”手足症候群”によるものです。足の皮が広範囲で剥けてしまい、こすれて痛いのだそうです。手も足も角質がスゴイことになっているのです。ひどいアカギレのような。今は抗がん剤ストップしていますから、手は良くなり、足も良くなっているはずです。何せ3週間やりっ放しでしたからね。手足がそんな状態になっても、効いているなら頑張れるんですけどね・・・。ふぅ。。。
by roll1822 | 2017-07-16 22:31 | 膵臓がん | Comments(4)

2013年10月、母の膵臓癌が発覚。ステージⅣaですが、3年間元気に生きています。最新治療ナノナイフの経過を記録していきます。


by roll1822
プロフィールを見る
画像一覧