費用の話


標準治療以外に手を出すと、当然お金がかかります。
お金をかければ、色々な治療があるものです。

でも、お金は無限ではありません。
常に、費用対効果を考えて、かっちゃんさんみたいに”賭け”に出るわけです。

母の治療の中で、一番費用がかかったのは、ナノナイフです。
病院も素敵で個室しかありませんでしたので、部屋代だけでも馬鹿になりませんでした。

試しに保険会社に申請してみたところ、なんと入院費用が支払われたのです。
当然、手術の費用はゼロですが、7日分の入院費用の一部を頂けただけでも、とても助かりました。

次に、HIFU治療は、治験なので治療費ゼロです。
ただ、入院費用までは助成されず、ここでもまた個室しか準備されませんので、5日分の個室費用を支払わなければなりませんでした。
部屋のグレードはピンキリで、病室が空き次第割り振られますので、自分でグレードは選べません。
母は、運悪くグレードの高い部屋が割り振られました。

試しにまた保険会社に申請してみたところ、手術費用も入院費用も支払われました。
手術費用も・・・?
ちょっとお得です・・・。

動注化学療法は、そもそも保険適応の治療なので、治療費は安価です。
6人部屋なので、入院費用も大した事ありません。
それでも、手術費用と入院費用を受け取れるようです。
周りの皆さんも、毎回申請されると言っていました。

生命保険、、、使いたくても使える治療がない・・・と3年間クヨクヨしていましたが、ここに来て母がアクティブに申請するもので、思いがけない収入が。。。
私は、どれも初めから期待していなかったのですが、ダメもとだ!と言って保険会社に出向く母が頼もしい!

せっかく保険に加入しているのですから、是非使いたいものです。



   ↓ いつも力を頂いています!たくさんの情報があります!

にほんブログ村


[PR]
by roll1822 | 2017-06-29 22:59 | 膵臓がん | Comments(0)

2013年10月、母の膵臓癌が発覚。ステージⅣaですが、3年間元気に生きています。最新治療ナノナイフの経過を記録していきます。


by roll1822
プロフィールを見る
画像一覧