サクランボは元気の証


毎年、サクランボの季節は忙しいのです。

親戚やお友達、お店の常連さんやお客様、たくさんの方々に、サクランボを送らねばなりません。
数年前までは、我が家でサクランボの木を数本持っていて、父と祖父が大事に大事に手入れしていました。
我が家は、農家ではありません。好きでやっていたのです。

でも、好きという理由でやるほど、サクランボは楽ではありません。
お金も相当かかりますし。
かなり赤字労働だったと思います。

数年前に、サクランボの木ごと畑を売ってしまいました。
意外にも買ってくれる方が居られたのです。

今は、母の実家(専業農家)や知り合いの農家から、大量のサクランボを買い取り、自分で箱詰めして品物としています。
これが、結構な重労働なんです。
サクランボの旬はあっという間に終わるので、ものすごく勢いのある時期なのです。

当初、母は、
 「HIFUの入院も動注療法の入院も、サクランボが終わった7月中旬が良い!」
と言い張り、私は呆れ果てていました。
しかも結構しつこいし。。。

M病院に行く前に、私は母に、
 「サクランボと体、どっちが大事なんだ!!」
と釘を刺していましたので、M病院で母はおとなしく入院日を受け入れました。

月曜にM病院で診察し、その週の水曜10時に入院が決定したのです。
つまり翌日の火曜には、また埼玉に戻って来なければならないという非常に忙しいスケジュールでした。
実質、入院の準備や家の整理は、火曜の午前中しかなかったということ。

その数時間で、母は大量の宅急便の送り状を書き終えたのです。
昨日、後から思い出した方々の住所を追加で書いて欲しい、と電話が来ました。
母のメモ帳には、お友達らしきたくさんの方々の名前や住所が記されていました。
意外にマメだったんだな・・・。

二週間前、急遽母の入院が決まり、速攻兄にメールしたのです。
 「お母さんの心残りはサクランボだ。なんとか頼むよ。」と。

あっさり引き受けた兄でしたが、昨日、苦情の電話が。
 「相当、大変だ。かなりだ。。。」
むしろ、怒っていました。

一年に一度のサクランボ、地元の人間にとっては、特に喜ばれる物ではないのですが、何となく県外の知り合いには送らないといけない気分になるのです。
私も、大学時代の友人達には送ります。
会う事もないのですが、産物の送り合いだけが唯一の繋がりなのです。

きっと母には数十年分の繋がりがあるのでしょうね。
サクランボを送ること、元気の証なのかもしれないな、とサクランボを食べながら考えていました。
e0362686_22584414.jpg

   ↓ いつも力を頂いています!たくさんの情報があります!

にほんブログ村


[PR]
Commented at 2017-06-27 17:31 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by セナボーイ at 2017-06-27 18:18 x
山形のサクランボ美味しいですよね。
親戚が山形にいるのでよく送ってもらっています。
去年は母と父が山形にさくらんぼ狩りに行きましたよ♪
今年は母は遠慮して叔母達が山形に遊びに行っていました。
先週の土日かな?
Commented at 2017-06-27 23:32
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by roll1822 at 2017-06-27 23:37
> セナボーイさん
こんばんは。サクランボは可愛いですよね。子供達は大好きです。
親になったら、もう少し栄養があれば良いのになぁ、なんて考えるようになりました。
今が旬です。
食べ物は、美味しい物がたくさんあるので、是非遊びに来て下さい!
がん治療はイマイチですけどね・・・。
Commented by roll1822 at 2017-06-28 20:17
> 竹内さん
こんばんは。私の返信見れましたか?恥ずかしながら、あまり機能を知らなくて。。。
もしや見れてないかも?と不安に思っています。
確かに返信してますので、確認出来なれければ、またコメント下さい。大事な情報ですし。
Commented at 2017-06-29 19:36 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by roll1822 at 2017-06-29 20:25
> 竹内さん
ご返事ありがとうございます!回答が届いていたようで安心しました。
海外・・・それは大変です!私なんて東北から通うだけでもブーブー言っているのに、贅沢である事を知りました!!
お母さん一人では不安ですしね。でも毎回付き添いは出来ないですよね。まして海外なんて!!
頑張りましょうね!うちの母は私に頼り切っています。だから頑張らないといけないのです。
お母さんとは、まだまだお話したいですしね。後悔しないように!
Commented by たけ at 2017-06-29 22:08 x
お返事有難うございました。今Roll1822さんのプログを1から読ませて頂いています。お母様の方も調子が良いとの事で、私も同じすい臓がんの母を持つ者として大変嬉しく思います。私の母も今は今TS–1治療で落ち着いているのですが、この先効かなくなった事を思うと怖くてたまりません。私1人では先走り出来ないことなので、母と相談しつつナノナイフの件を考えたいと思います。また相談に乗ってくださいね。
Commented by roll1822 at 2017-06-29 22:34
> たけさん
こちらこそありがとうございます。私の母は、TS-1、高濃度ビタミンC点滴、ハイパーサーミアで、2年半効果がありました。今思えば、その間にもっと何か出来たのに・・・と、今とても後悔しています。
効果が無くなってから次の治療を探す事では遅いんだと気づき、先を見て行動することにしました。何より、母がガッカリするんですよ、効果が無くなったと医者に言われた時。。。その姿を見たくなくて、常に「次があるから大丈夫!」って言えるようにしたいんです。母を落ち込ませたくないんです。生きたいと思って欲しいから。
医療は日々進歩しています。驚く程のスピードです。
少しでも延命出来れば、また次の治療がある!って信じています。
ナノナイフは、費用が高価なので、かなり"賭け"だと思います。一発勝負です。
私の母の場合、余命2倍の効果しかなかったので、結局微々たる成果だったのかもしれませんが、全く後悔していません。私と母が、大きく踏み出した一歩でしたので。
いつでもコメント下さいね。
Commented at 2017-06-30 03:13 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented at 2017-06-30 21:04
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
by roll1822 | 2017-06-26 23:05 | 膵臓がん | Comments(11)

2013年10月、母の膵臓癌が発覚。ステージⅣaですが、3年間元気に生きています。最新治療ナノナイフの経過を記録していきます。


by roll1822
プロフィールを見る
画像一覧