希望を持って次の治療に臨みます。


そして、T医科大学の後は、富士見市みずほ台のM病院へ直行。

10時半にはM病院に着きました。
とても順調です。

患者さんは少ないけれど、診察室に呼ばれるのは少し時間がかかりました。


M先生、白衣の下のYシャツの色は明るい水色。
前回と違ってネクタイはしていません。
クールビズですね。

なんて、考えながら・・・
少しだけ話を聞きました。

先月、諸々の検査をし、動注化学療法が受けられる事は分かっていましたので、話は早かったです。
即、お願いします!と言いました。

聞いた事と言えば・・・

 roll:「ポートを体の中に入れる事によって、重粒子線など何か出来なくなる
    治療はあるのでしょうか?」
 M先生:「ありません。」

 母:「副作用はあるんですか?」
 M先生:「ありません。」

お話するのは好きなようですが、こちらから質問した事に対してはサッパリしてる・・・。


 M先生:「なるべく早く手術したいけど、今混んでるからな~・・・」

 M先生:「早くても来週だな!」



それは、早いぞっ!!

そして、早速入院の手続きをしてきたのですが、入院はなんと2日後という忙しさでした。
慌てて、入院の準備です。




・・・そして、今、母は入院中です。

友達がたくさん出来たそうです。

早速毎日抗がん剤を打っているそうで、食欲が落ちてきたとか。。。
抗がん剤の種類は聞けていませんが、毎日投薬するという事は、5-FU あたりかな?

私が次に病院に行くのは、母の手術の日です。
バタバタと治療が決まったので、詳しくは何も知りません。
こんなにも無知な状態で良いのかな?と思うくらい。

でも、TS-1が効かなくなったと抗がん剤を受けられていませんでしたので、何かしらの治療が始まって嬉しいばかりです。

最近、痛みも吐き気も治まっているとか。。。
気の持ちようかなぁ、という気がします。

何も無い病院だそうで、母は梅干しを買いにコンビニに出かけたそうです。
いつもがん患者が集まってしゃべってるって。
母にとっては良い空間かもしれません。

いまいち治療法すら分からない状況ですが、不安はありません。
どうなるかも分かりませんが、希望を持って次の治療に臨みます。

 
   ↓ いつも力を頂いています!たくさんの情報があります!

にほんブログ村


[PR]
by roll1822 | 2017-06-16 20:02 | 膵臓がん | Comments(0)

2013年10月、母の膵臓癌が発覚。ステージⅣaですが、3年間元気に生きています。最新治療ナノナイフの経過を記録していきます。


by roll1822
プロフィールを見る
画像一覧