HIFUでがん細胞が壊死してるって。


T医科大学病院では、予約時間に遅れる事なく診察室に呼ばれました。

母を診察室に呼ぶ前に、CT画像と主治医からのお手紙をじっくり確認して下さったS尻先生。
HIFU前後の画像を比較しながら説明して下さいました。

 「HIFU後の腫瘍が黒っぽくなっているのが分かりますか?」

分かります!くっきり分かります!
まるい影が円を描くように腫瘍の中に二つ見えます!

 「がん細胞が壊死しているんですよ!」

・・・あぁ。
ナノナイフの時もこんな画像だった。
その時も同じ事を言われたっけ・・・。


そして、

 「炎症を起こしている為に、腫瘍が大きくなっているように見えるのだと
  思います。それが痛みを刺激しているのだと思います。」

・・・はぁ。。。

 「この状態で2回目のHIFUは危険ですから、炎症が治まるのを
  待ちましょう。」


 roll:「あの、悪い状態ではないと考えて良いのでしょうか?HIFUの効果が
    あるという事でしょうか?」

 
 「そうです。まぁ、炎症っていう見方をすれば良くはないんでしょうけど、
  HIFUの効果は現れていますよ。」


ドキドキしてきました。


 「ただ、抗がん剤を何とかしなければならないですね。TS-1は効果がない
  みたいですから、、、フォリフィリノックスでも可能性はあると
  思うんですけど・・・。」

 roll:「抗がん剤の選択肢を増やしたいと思いまして・・・実は、先月、
    M病院に行って来たのです。動注化学療法をやりたいのです。
    M先生は、HIFUとの併用は問題ないので、S尻先生とよく話をして
    くるように、と言われまして・・・。」

 「あぁ、M先生とはよく連携していますよ。
  HIFUに動注化学療法は良いですね。」

にこやかに、私の顔を見て下さいました。

 「んじゃ、地元の先生とM先生のお二人にお手紙書きましょうか?」

 roll:「お願いします!
    実は今日、今からM病院に行こうと思っているのです。」

 「んじゃ、すぐにお手紙書きますから、ちょっとだけ待ってて下さい。」



驚きました!
そんなにあっさり治療を認めてくれるんだ!
しろ推奨された感じ。。。

しかも、その場でお手紙を受け取って来れたのです。
順調過ぎて、ずっとドキドキしていました。

T医科大学病院の予約、次は8月。
それまでに、動注化学療法をやりましょう!とのこと。
間にHIFUを入れて行きましょう!とのこと。


腫瘍が大きくなったのかと、ずっと不安だったのです。
HIFUの効果が無いんだと思い込んでいました。

CT画像に、はっきりと変化が現れていました。
主治医には、画質の違いくらいにしか見えなかったのでしょう。
もしくは、機械が”腫瘍増大”と判断したコメントを見ただけで、腫瘍自体を見ようとはしなかったのかもしれませんね。。。
良いんです、専門ではないですからね。
主治医のセリフでガッカリしていたからこそ、今の喜びが大きいのです。

ナノナイフの時は、この壊死を維持出来ずに、周りの元気な癌細胞に負けてしまった事が敗因。
だから今回のHIFUでは、なんとしても壊死している間に、周りの癌細胞の活動を阻止しなければならない!

動注化学療法・・・果たして効果あるのか。


   ↓ いつも力を頂いています!たくさんの情報があります!

にほんブログ村


[PR]
Commented by 応援してます at 2017-06-14 23:12 x
嫌なことばかり言われ、防衛する気持ち分かります。
今回は、良い結果でよかったですね。
引き続き、治療がうまくいくことをお祈り申し上げます。
Commented by かっちゃん at 2017-06-15 08:44 x
rollさんのお母さん、良い方向に進んでいるようで何よりです。東京医大のS先生には、動注化学療法の血流改変及びアドリアシンやマイトマイシンとエピルビシンのDDSによるHIFU治療の関係は何度か確認しています。『動注療法で使うアドリアシンとエピルビシンは兄弟みたいな薬剤だから、DDSのHIFU治験を受けれなくても、三浦病院で動注をやってからHIFUをやればDDSのHIFU治験と同じ効果が出るのではないか?』と質問しました。ところで、私は昨日から南東北病院で『再転移肺癌』の陽子線治療を受けています。4グレイを20回照射します。BNCT研究センター上階が宿泊施設だから徒歩1分で陽子線治療を受けれます。レストランもあり快適な宿泊施設です。7月中旬には治療を終えて仙台に帰れます。たしか8月には東京医大での診察があり、8月下旬か9月上旬には『HIFU治療11回目の入院』になる予定です。時間さえあれば、近場の河口で散歩しながら釣竿を振り回しています。最近の釣果としては50~60センチのヒラメやスズキ、50センチクラスのコチ、わたり蟹などが毎回数匹釣れて、食べきれないからみんなに差し上げています。でも以外にも魚料理のできる方は少なくてもらっても迷惑そうにしています。『食は文化』なのに、食べるだけになっている魚しか買わない時代ですから。まるまんまだと皆様迷惑そう。ヒラメの腹側の刺身は絶品で、最高に美味しいです。背側はナメロウ、アラは潮汁にします。スズキは一匹3~4キロあるから、ナメロウ、しゃぶしゃぶ、あらい、さんが焼き、切り身のかす漬け、西京漬け、フライ、唐揚げ、ハンバーグ、つみれ汁、潮汁、内臓のホルモン焼きなどで美味しくいただいています。なんせスズキはでかいから、最高に美味しく食べ尽くすのには、それなりの知恵と工夫がいります。と言うわけで、rollさんのお母さんも、毎日美味しい料理を心行くまで堪能していただきまして、癌と闘う体力を日頃から養っておくことは大切ではないでしょうか?そして沢山延命して、未来からの素晴らしい療法のプレゼントで完治を目指して下さい。
Commented by hayamama5619 at 2017-06-15 14:39
おつかれさまです!お母様やりましたね。やはり癌細胞は懐死していましたね。
母は強しですよね。ほんとに親のことはしらないですよね。やはりそこは親と言うことで(笑)
rollさんの熱意に答えお母様も頑張っていらっしゃいますね。
とにかく信頼して治療にいどめますように。rollさん応援しています。
rollさんとはなんとなくにた環境にあるなーと勝手に親近感がわいています。
Commented by roll1822 at 2017-06-15 19:09
> 応援してますさん
ありがとうございます!治療方針が決まっただけでもうれしい。あとは、結果がついて来てくれれば良いんですけど。。。どうなるのかなぁ。。。
Commented by roll1822 at 2017-06-15 19:23
> かっちゃんさん
お元気ですか!!
それがですね・・・三浦先生は、ゲムシタビンを使うと言うのです。母にはゲムシタビンが効かないから他の抗がん剤が良いんですけど・・・言えませんでした。でも、よく忘れるし耳も遠いし、きっと方針も変わるかもしれない!と思ってお任せ状態です。この道の神に任せる事にします。
私が考えている次の手は陽子線です。理想は重粒子線ですけど・・・遠い夢のようなので。
快適な宿泊施設があるのですね。良かった。どこに泊まれば良いのかなと考えていました。
もしかしたら、次のHIFUは同時期になるかもしれないですね!!
かっちゃんさんは、相当多趣味な方なのですね。私の実家は自営で、私以外全員調理師です。特に私の兄は東京で板前の修業をして来たので、魚料理は得意ですよ!私には出来ませんけど。すごいのは、鴨を頂いた時も調理していました。ま、鴨を頂くなんて普通あり得ないですけどね。どんなに田舎かが分かると思いますけど。。。
これから先、どうなるか分かりませんが、私もまだまだ頑張ります!落ち着いていないで、次の治療の計画を立てないと!
かっちゃんさんは、楽しんでいますね!延命の大きな力になっているんだと思います。知識だけではなく、精神も能力の一つですね。
Commented by roll1822 at 2017-06-15 19:28
> hayamama5619さん
ありがとうございます!問題は、壊死続けられるか・・・です。これが難しいのですよ。ナノナイフで後悔したので、動注化学療法を先駆けて決めていたのです。効くと良いんだけどなぁ。。。
母が元気なので、私も頑張れます!体は弱っていても、精神は元気満々です。弱気になられるとイラつくんですけどね・・・。
自分が癌にならないように・・・これも大事ですよね!母は44歳で乳がんになったので、私も気を付けないと。hayamamaさんも気を付けて下さいね!
Commented by りんこ at 2017-06-15 21:23 x
失礼いたします。
ブログ拝見いたしました。
^ ^
標準治療に囚われない、医者に一任しない、
ご家族の献身的な看病のお姿に、それはもう感嘆の一言です。。
家族だからこそなのですが、
逆に家族だからこそのストレス、、
だらけですよね。
それでも諦めないrollさま、
これからも陰ながら応援しております。

さて、陽子線のことがあがっておりましたので、思わずカキコミ致しました。
うちの母は、結腸癌の膵転移が発覚し、
当初は化学療法を9ヶ月程受けてはいたものの、増大の一途を辿ったため、
昨年9月に陽子線治療を受けました。
(原発巣は発見時に切除手術済)
照射後1カ月後のCT検査にて、
腫瘍が5.5センチ(もっと大きい?)→2センチの縮小が既に見られました。
その個所も黒く写っており、壊死している状態との見解。
現在はそこから更に僅かな縮小の上、
先日の検査結果においても現状を維持しております。
なお、
陽子線前にはナノナイフを試みようとしましたが、十二指腸に浸潤してることから適応外でしたので、
その治療が出来たrollさまのお母さまの状態であれば、充分に陽子線は強いグレイにて対応いただけ、且つ効果も期待できるかと存じます。
^ ^

癌がいつ騒ぎ出すかとビクビクする毎日ですが、、
まだ9ヶ月という期間であろうとも、
私ども家族にとっては陽子線に助けられている事実を是非お伝えしたかったので。
^ ^
重粒子線より、確かに照射威力は劣るようですが、一度ご検討くださいませ。
Commented by roll1822 at 2017-06-15 22:26
> りんこさん
はじめまして。コメントありがとうございます。
陽子線って、そんなに効果あるのですね!私は、ずっと重粒子線を目標として来ました。そして、重粒子線で完治を夢見て来ました。だから、他の放射線に手を出す事が出来ず、重粒子線以外は無知に近いのです。でも、何をやっても腫瘍が小さくならなくて、どうしても胃から離れてくれなくて、重粒子線は諦めつつあるのです。
陽子線なら東北にありますので、母も気持ちが楽のようです。
陽子線の良い情報が聞けて、大変励みになります。やっぱり実際に体験した人じゃないと分からないですものね。
まだ次がある、と思うと希望が持てます!明るい気持ちになれます!これからもよろしくお願いします。
by roll1822 | 2017-06-14 22:07 | 膵臓がん | Comments(8)

2013年10月、母の膵臓癌が発覚。ステージⅣaですが、3年間元気に生きています。最新治療ナノナイフの経過を記録していきます。


by roll1822
プロフィールを見る
画像一覧