母の病状、私が知らないだけだった


T医科大学病院の診察を待っている間、私は母に忠告したのです、念のため。

 roll:「腫瘍が大きくなって、胃や腸に近くなったら、2回目のHIFUは無い
    と思うから。」

 母:「えっ!・・・そんな事あんのか!?」



先週の検査の結果、腫瘍マーカーが上昇していたこと、CTの結果、腫瘍増大という結果が出ていたことの他、東京に向かう新幹線で母からショックな事を聞いたのです。
痛みが強くなった為に、これまで飲んでいたセレコックス錠からトラマドール錠に変更してもらったんだ、と。

痛かったんだ!!
聞いてないし・・・。


それから、前泊のホテルでの出来事。
夜中、母がむくっと起きだして、「気持ち悪い」とトイレに駆け込むのです。

 母:「心配すんな。ここ数日毎晩なんだ。TS-1の副作用だから
    気にすんな・・・。」

 roll:「・・・」

吐き気あったんだ!!
聞いてないよ・・・。

母の病状、私は知らない事が多すぎたみたいです。
いつも電話で元気な声を聞いているだけだったから・・・。

・・・ショックでした。ものすごく。
どうして、私に話してくれなかったんだろ・・・。

母が癌になって3年8か月、初めて母が病人である事を実感しました。


そして、夜寝れなかったのです。

悪くなっているんだ・・・。
TS-1の副作用ではなくて、きっと腫瘍が大きくなっているせいだ・・・。

だから、診察の前に、母に忠告したのです。
これまでのようにガッカリするのが嫌だったから。。。

いつも待っていた結果ではない、想定外の結果が得られる・・・だから期待はしないように。

(続く)


   ↓ いつも力を頂いています!たくさんの情報があります!

にほんブログ村


[PR]
by roll1822 | 2017-06-13 22:40 | 膵臓がん | Comments(0)

2013年10月、母の膵臓癌が発覚。ステージⅣaですが、3年間元気に生きています。最新治療ナノナイフの経過を記録していきます。


by roll1822
プロフィールを見る
画像一覧