諦めてはいけない


4月が終わりました。
余命半年と言われてから、半年が過ぎました。

半年って、本当にあっという間です。
母が膵臓癌になってから、
せめてお盆まで、、、
嫌!正月まで、、、嫌!お盆まで、、、嫌!正月まで、、、と繰り返し、あっという間に3年半が過ぎました。




この間、かっちゃん先生との出会いで学んだこと。

延命は並の努力じゃない。
調査力、理解力、判断力、決断力、そして行動力。
これらがあっての ”運” なんだろう。。。




主治医の言う通りに治療していたら、とっくに亡くなっていました。
私は、初めから主治医に反抗的でした。

最初に主治医にムカついたのは、癌になってすぐに「済陽高穂先生の食事療法を学びたいから、紹介状を書いて欲しい」と言った時。
「意味ない。」・・・ボソッと言って終了。

その後も私があまりしつこいもので、
「次の方が居ますから。(出て行け)」と主治医に言われた程でした。

私は主治医が大っ嫌いですが、主治医も私が嫌いでしょう。
母が嫌われては困るので、私はあまり登場しないようにしています。
言いたい事は、パソコンで箇条書きにして母に渡します。


嫌われないように・・・


大っ嫌いなんだけど・・・

・・・これが医者の卑怯な所です。


色々調べて今に至ります。
ナノナイフを受けた時、情報発信の為に立ち上げた本ブログで、たくさんのコメントを頂きました。
何気に情報がたくさん書かれているのはコメント欄ですね。
オープンにいろんな情報があります。

是非、参考にして下さい。

でも、様々な情報が発信されても、自分で調べて、理解して、判断して、決断しなければなりません。
そして、行動しなければなりません。
これが、なかなか難しいんです。。。

つくづく思うんです。
すごい方は居るんだと。

”諦めてはいけない” ← 何気ないかっちゃん先生のセリフが、とても胸にしみて、色々考えてしまいました。


   ↓ たくさんの情報があります!いつも力を頂いています!

にほんブログ村



[PR]

by roll1822 | 2017-05-01 23:02 | 膵臓がん | Comments(2)

Commented by usijima21 at 2017-05-02 02:41
我が家の嫁さん54才、膵臓癌4a見つかってから、1ヶ月半過ぎました。現在、放射線が終わって15日の週に、胃と小腸のバイパス手術予定です。現在、胃と小腸の間が、腫瘍と放射線でふさがって、2週間点滴だけで生きてます。諦めたらませんよ。
お時間有りましたら、自分もアメーバでプログ書いています。アメーバブログ、ushijima1221で検索してみて下さいませ。
Commented by roll1822 at 2017-05-02 22:07
usijimaさん、まだ1ヶ月半なんですね。なんだか大分前からお話しているような気がします。
奥様と離れているのは大変ですね。奥様も不安な事と思います。
諦めないで支えましょうね。みんな、頑張る!