母の選択


今日は、HIFU治療後、初の地元での診察日。
アブラキサン&ジェムザールの効果が無くなった今、次の抗がん剤を選択する日です。

私は会社で行けないので、昨日母に電話で説明しました。

①フォルフィリノックスを提案されたら断らないで。
②TS-1を提案されても断らないで。
③フォルフィリノックスかTS-1かどちらにしますか?と聞かれたら、TS-1を選択して。

私は、③が濃厚だろうと思っていました。
自分では決めない主治医ですから、いつも。



そして、本日の結果・・・

主治医の提案は、フォルフィリノックス。
そして母は、それを拒否し、TS-1を要望した。



あれ?打ち合わせと違うけど。。。

①が主治医の出方であれば、フォルフィリノックスを選択しないといけなかったはず!

つまり、母は、フォルフィリノックスが嫌だったのですね。
私は、頑張っている人はたくさん居る!今頑張らないと!と言ったんだけど・・。

TS-1は、第一選択薬として2年間投薬し続けた薬剤です。
止めてから半年以上経過した為に、ガイドライン上は、また使用出来るようになったのです。


効く効かないは別として・・・。



母の心の拠り所はTS-1だったのです。
癌が見つかって2年間、TS-1と共存し、色々と知り尽くしているTS-1。
私が何と言おうと、母の選択は決まっていたようです。



効くかな。。。



それならば次の治療を急がねば。
TS-1を飲みながら、動注化学療法を検討する事にします。
早速電話しなくちゃ。


   ↓ たくさんの情報があります!いつも力を頂いています!

にほんブログ村


[PR]
Commented by かっちゃん at 2017-04-26 20:56 x
私は7th lineですが、GS療法では度々救われています。一定期間おいてGS療法を再開すると、また腫瘍マーカーが下がることがあります。私は現在その時間稼ぎのために、カンプト単剤での点滴をリクエストして使っていますがもう耐性がついてしまい変更の時期になっております。次はアドリアマイシンをリクエストします。理由は、HIFUでのDDSには『エピルビシン』を使うのですが、そのためには他の抗がん剤が中止になります。そこで私は東京医科大学病院に提案する予定です。『抗がん剤をエピルビシンの親戚のアドリアマイシン』にするから、DDSによるHIFU治療でも抗がん剤点滴を中止にしないで継続できませんか?と。まあ、いずれにしても次は古典的抗がん剤にすることで話を進めています。それで腫瘍マーカーが下がらないなら、別の病院で『GTX療法』をリクエストします。そうやって、あと8ヶ月の期間をなんとかやり過ごしたいのです。その先にあるのは『GS療法、アブジェム、ジェムや5FUをキイドラッグにしたmodified多剤併用療法』であり、さらなる延命を期待できるのです。
Commented by joy at 2017-04-26 22:43 x
rollさん、はじめまして。
いつもブログを参考にさせていただいております。
大変失礼で申し訳ないのですが、かっちゃんさんに相談させていただけないでしょうか。
私の妹は45才です。2015年に手術しましたが、TS-1が効かず肝臓に再発。多発性です。お絵描き好きの女の子のコメントも、音楽好きな方のブログも、かっちゃんさんがコメントされているブログは全て読ませていただいています。妹はその後アブジェム、フォルフィリノックス、タルセバをしましたが腫瘍マーカーが25000を越えました。本人が余りに元気なので治験を進められましたが、膵臓癌用のものではなく、進行性固形がんの治験でした。三浦先生のセカンドオピニオンも受けた事がありますが、既に有効な抗がん剤がない今、やはり治験を選択すべきでしょうか。標準以外の抗がん剤をしてくれる病院も、どうやって見つけたらいいのか分かりません。かっちゃんさんなら、どうされますか?あっという間に進行して、どうしていいのか分かりません。
rollさん、始めてコメントしましたのに、ブログを拝借し、誠に申し訳ございません。
Commented by かっちゃん at 2017-04-26 23:42 x
Rollさん、すいませんがjoyさんへのアドバイスとしてブログを少しお借りします。私なんかは、いつも黒ひげ危機一髪でして他の5yearsの方みたいに素ばらしい成績でないから、アドバイスできる立場ではないですが同じ膵臓癌患者として苦楽を共にし、困難に立ち向かっていきたいと思っています。妹さん45歳はまだまだこれから!お若いだけにお辛いことでしょう。私としても『本当に心が痛み』ます。さて腫瘍マーカーが25000というのは、CA19-9でしょうかね?2015年に手術してこの数字ならダブリングタイムは3週間から1ヶ月くらいでしょう。のんびりした膵臓癌ではないですね。膵臓癌は借りてきた猫みたいなのは少なくて虎みたいに凶暴なのが一般的です。こういったケースでは、早めに腫瘍マーカーの下がる確率が高いエビデンスのしっかりした抗がん剤治療が第一の選択肢だと考えます。しかしながら標準治療の優れもののはずの抗がん剤は全て使い果たしています。かといって安易に非標準治療の抗がん剤を使っても『ヒットする確率が低い』のです。5FUやジェムをキイドラッグにした多剤併用抗がん剤のレジメン自体は沢山ありますが『比較試験』で導かれた生存率になりまして、そういったものを参考にして『じゃあやってみましょうか?』となりますが、標準治療に比べてヒット率が低いのです。となると治験はどうですか?との話を持ちだすドクターの気持ちがよく理解できます。すでに2相試験までクリアーできていて『3相試験』からといった場合はタイミングが合えば検討するテーブルに乗ると思います。しかしながら腫瘍マーカーが25000あるのに『受け入れ制限が厳しいと言われる治験』を考えると、もうすでに時間的な余裕はあまりないものと考えられます。従ってもしも私が妹さんの立場なら、三浦病院か札幌厚生病院での『動注化学療法』による黒ひげ危機一髪回避策のセカオピをかけてみたいと思います。危機一髪をなんとか乗り切れば、次のさらなる治療が見えてきます。動治化学療法では血流改変にプラチナコイルを使うことがあります。これを使うと体内に金属が残るからマイクロ波照射や画像検査に不具合が出ることも考えられますから、よく事前に打ち合わせしてください。
Commented by かっちゃん at 2017-04-27 00:01 x
追記 ⚫『ブログ ➡ 膵臓癌でも30年生きる。の石本』さんが三浦半病院で肝臓の動注化学療法をやり好成績をあげていましたから、1度ご覧になって下さい。三浦病院での詳しい治療方法がレポートされています。
Commented by roll1822 at 2017-04-27 00:06
joyさん、割り込み失礼致します。
どうぞどうぞ、コメント欄をご自由にご使用下さい。
かっちゃんさんは私のものではないので、かっちゃんさんをどうぞお使い下さい(笑)。
相談相手は絶対に必要ですから。お気持ちはとてもよく分かりますから。
Commented by joy at 2017-04-27 05:26 x
かっちゃんさん、rollさん、ありがとうございます!
大変心強いです。
腫瘍マーカーは25000を越えていますが、私が疑問に感じて止めなければ、もう治験に入れる状態です。腫瘍マーカーが高いと、治験の対象になるのが難しいのも知りませんでした。
石本さん(ゴンちゃんさんの飼い主さん)のブログ、ずっと読んでました。妹が三浦先生のセカンドオピニオンを受けたのも、かっちゃんさんが三浦先生についてコメントされているのを読んだからです。当時はアブジェムが効いてましたので、三浦先生も、「今の治療を続けてください」とおっしゃってました。ご自身の治療法以外は否定的な意見を持つ先生が多い中、標準治療をまずやる様にとの事でした。先生はご高齢ですが、お嬢さんがいらっしゃることは分かりませんでした。教えていただかないと、知らないことばかりですね。
2月に治験の募集があったT医大病院の先生も、お電話ですが、膵臓癌の肝転移は残念ながら対象になりませんが、肝転移だったら、動注を受けてみてはどうですかと、三浦病院を進められました。セカンドオピニオンを受けた当時と違い、標準治療がなくなったので、やはりもう一度三浦先生を受診する様に、妹に話してみます。
手術をした先生と、今の先生と、病院を変えるのも説得するのが大変でしたが、どちらも動注に否定的なので、妹を説得するのが大変そうです。
またご報告させていただきます。
かっちゃんさん、rollさん、どうもありがとうございます!!
Commented by joy at 2017-04-27 05:32 x
先ほど書きもれましたが、腫瘍マーカーはCA19-9 です。進められた治験は、第一層です。
時間がないので、妹とじっくり話します。。
本当にありがとうございます。
Commented by joy at 2017-04-27 17:52 x
かっちゃんさん、rollさん、妹と話して治験は見送ることにしました。
これからのことは、主治医とも相談して、もう一度三浦先生のところに行くかもしれません。
無治療を選択するつもりは絶対にないので、諦めずに力をあわせて頑張ります。
膵臓癌に有効な抗がん剤や、治療がどんどん出てくる事を願って止みません。
また困った時は、ご相談させてください。
妹と意見が合わず、途方に暮れてる時に的確なアドバイスをいただけて、本当に心強かったです。
治験のことも、全く知識がなく、どういう仕組みなのかも分かっていませんでした。
けれからも参考にさせていただきます。
本当にどうもありがとうございました!!
Commented by roll1822 at 2017-04-27 23:23
かっちゃんさん、TS-1で次に繋げる事を願います。
かっちゃんさんは三浦先生にお会いした事はあるのですか?
by roll1822 | 2017-04-26 20:21 | 膵臓がん | Comments(9)

2013年10月、母の膵臓癌が発覚。ステージⅣaですが、3年間元気に生きています。最新治療ナノナイフの経過を記録していきます。


by roll1822
プロフィールを見る
画像一覧