失明の恐怖。


母は、HIFU入院中、眼科に行きました。


眼科?なぜ?

調査の結果・・・
糖尿病は、失明する可能性があるとのこと。

当たり前の話らしいのですが、母は眼科受診を勧められた事がなかったのです。

ここで、糖尿病と眼の関係について・・・
糖尿病は血糖値が病的に高い状態が慢性的に続く病気で、放っておくと全身にさまざまな合併症が起こりやすくなります。血管は、高血糖に長期間さらされると、もろくなったり、変形して血液の流れが悪くなります。その結果、細い血管が集まっている眼などに重大な合併症(糖尿病網膜症など)が起こります。つまり、失明。



そんな事があるのですか!?



病院で血糖はしっかり管理しても、目まで配慮する内科医はまだ少ないそうです。
『糖尿病網膜症は、糖尿病の発症後7、8年から出やすくなりますが、NIDDM(インスリン非依存型糖尿病)の患者さんの場合、糖尿病の発症時期を特定しにくいので、糖尿病と診断されたその時から、眼科も定期的に受診する習慣をもってください』とのこと。



知りませんでした。。。

失明は怖い。
今後は、まめに眼科に行くようにします。

母の主治医は、本当に何も教えてくれません。
癌患者に教える必要はないのでしょうね、きっと。
きっと、そうです。そうなんです。。。

・・・意地悪に考えてしまう自分がいます。


   ↓ いつも力を頂いています!たくさんの情報があります!

にほんブログ村


[PR]

by roll1822 | 2017-04-20 22:26 | 膵臓がん | Comments(4)

Commented by かっちゃん at 2017-04-20 23:38 x
私は膵臓癌由来の糖尿病ですが『ドクターからインスリン注射』を勧められていますが断固拒否しています。ちなみにNGSPは現在9.9だから厳しい局面です。糖尿病が原因で年間、失明者が3000人、下肢切断10000人、腎臓透析15000人はいるだろうと言われています。私の場合、最近特に血糖値もNGSPも酷くなってきています。だからオリーブオイルやココナッツオイルの話が出てきたりするのです。全て熱量や糖質を確認してから食べるようにしていますから、外食やコンビニの食品にうかつに手を出せないです。心配なのは東京医科大学病院に入院した時の食事ですが、前回入院時は主食は食べずに残しました。次回の入院の時は、主食の代替として『自作の極めて低糖質なラング・ド・シャ』などを、日持ちするように焼いて持参して対応する予定です。小麦粉の代わりにアーモンドプードルやおからパウダーを使うものだから、『白い恋人やヨックモック』と同じ味と食感にはならないですが『かなり近いもの』にはなります。砂糖の代わりにラカントなだから、甘さはマイルドさがなく少しシャープが際立つ感じになります。今日は体調が良かったから昼から、『抹茶とココアのホイップクリーム、コーヒーゼリー、蒸しパン、クッキー』などを1週間分作りました。全てが低糖質だから糖尿病患者が沢山食べても『ノープロブレム』です。ちなみに今日は摂取熱量が1260Kcal、摂取糖質は3食で57gでした。目標は3食で30gですが、苺・キウイ・マンゴー・ベリー・あんずなどをよく食べるので、なかなかこの目標を達成できないでいるのです。再発肺癌については三ヵ所の病院のドクターと打ち合わせて決めます。この程度は今まで何度も体験してきたから『想定内』だから大丈夫ですよ。
Commented by まりも at 2017-04-21 01:20 x
横レス、失礼します。
かっちゃんさんのコメントを拝見しました。入院される病院で、食事を糖尿病食に変更することはできないのでしょうか?DM食は医療機関なら設定があると思うのですが。
 確かに3大合併症は怖いです。下肢切断に至るリスクのある末梢神経障害は特に注意が必要と言われます。
本来、膵がんでは多くのDM罹患の方がいらっしゃることは医師ならば当然知っているはずで、そのフォローは医師なら必須だと思っていました。
専門分化が進みすぎたのか、勤務医の超多忙さゆえなのか、はたまた総合的に人を診ることができる医師が少ないのか、、、。哀しい現実です。
Commented by かっちゃん at 2017-04-21 01:35 x
まりもさん ➡ 糖尿病食にできないものかを東京医科大学病院に相談してみます。現在の糖質制限食もさらに見直して、1食当たりの糖質を10g以内にするようにしたいです。それならばインスリン注射に依存せずに、ジャヌビアやボクリボースとメトグルコでコントロールできそうな感じに思います。2型糖尿病だと『糖質1gで血糖値が3上昇』するから、空腹時血糖値が110なら1食あたり糖質を10g摂取しても、食後血糖値は140ですね。これくらいの食後血糖値なら『許せる(笑)』と思います。わたしが1食あたりの糖質10gにこだわる理由がそのことなわけです。
Commented by roll1822 at 2017-04-21 21:07
かっちゃんさん&まりもさん:
そう!東京医科大学病院のご飯を見て、ゾッとしたのです!
敢えてブログには書きませんでしたが、こんなご飯ダメじゃん!・・・でも、まぁ仕方ないと思うしかありませんでした。
全く、全然、考えられていないメニューですよね。。。
確かに、糖尿病食というのがあるんですね。でも、私も母も糖尿病という自覚がないのです。膵臓癌=糖尿病って事なんでしょうね。
3年間、メトグルコとスイニーを飲んでいましたが、ナノナイフで山王病院に行った時に、インスリンに切り替えられました。血糖値が高いとナノナイフが危険だったそうです。10日間程、インスリンの教育入院をしました。もうちょっと教えてくれても・・・。
かっちゃんさん:乗り越えて下さい!頼もしさにほっとします・・・。応援しています!!