祖父の命日に赤飯!?


日曜日、次男の病名が不明だった為に、母に病気が移る事のないよう、今週は実家に帰らないよ!と電話しました。

「イチゴ買ってだんだ!赤飯もあっから、お前だけでも来い!」と母。

面倒だなぁと思いながらも、1人で実家へ。
天気も良いし、ま、いっか。。。

058.gif058.gif058.gif

私:「ところで、なんで赤飯?」

母:「じいちゃんの命日だからよ~。」

私:「今日、5日だよ。」

母:「んっ!!!」

・・・そう、母はじいちゃんの命日を一週間間違えた。
というより、日にちの感覚が一週間ずれてた。

私と母:「ま、いっか。早い分には。」

011.gif011.gif011.gif

家に帰って、みんなで美味しく赤飯を頂きました。

が・・・、

なんで、命日に赤飯?おかしくない?

調べてみると・・・

田舎ではよくあるらしい。
赤飯を炊く理由は、『お浄土へ還っていかれた』。
あくまでも「仏教的な考え」による「真摯な姿勢」での赤飯の振る舞いであり、地域によってはそういった慣習が存続している、とのこと。

へぇ、と思いました。

田舎は、何かって言うと赤飯が出てきます。
私も炊き方を覚えなくちゃ・・・。


 ↓ いつもありがとうございます!いつも力を頂いています!
にほんブログ村 病気ブログ すい臓がんへ
にほんブログ村

[PR]
by roll1822 | 2017-03-07 23:33 | 膵臓がん | Comments(0)

2013年10月、母の膵臓癌が発覚。ステージⅣaですが、3年間元気に生きています。最新治療ナノナイフの経過を記録していきます。


by roll1822
プロフィールを見る
画像一覧