カロリーって、こんなにてきめん出るんだ!!


母は、1日3回、インスリンを自己注射しています。

外食の時は、食事がテーブルに運ばれてから、トイレで注射してきます。

最近は、とても手付きが良く、すんなり注射出来るようになりました。
以前は、都度手書きの説明書を見ながらオドオドと注射していましたが。

 「これは、頭がしっかりしてねど、さんねな。」
  (頭がしっかりしていないと、出来ないな。)

・・・ちょっと偉そうです。


インスリンを始めて、カロリーと糖質を制限したところ、体重が46kg→43kgにあっという間に減ってしまいましたが、momoさんからアドバイス頂き、早速、糖の専門医に相談してみました。

結果、カロリーの制限量を上げる事になりました。
具体的に、ご飯の量が少し増えたのかな。。。

⇛ なんと、体重は45kgまで戻りました。現状、45kg維持です。

カロリーって、こんなにてきめん出るんだ!!

母は、よく「カロリーが・・・」と気にしています。
母の口から”カロリー”なんて言葉を耳にする日が来るなんて・・・。
いつもズボラな母、、、”カロリー”なんて言葉には無縁でしたよ。
何でもテキトーな人ですから。

そんな母が、カロリーにシビアになっています。
生きたいと思う力ですよ。

そんな思いを支えてあげたいと思うのです。


 ↓ いつもありがとうございます!いつも力を頂いています!
にほんブログ村 病気ブログ すい臓がんへ
にほんブログ村

[PR]
Commented by momo at 2017-03-04 10:13 x
体重が戻ってよかったです。ほっとしますね。
できれば、糖質のご飯でなくタンパク質や脂質でカロリーを増やした方が血糖値が上がりません。ご飯を増やすと血糖値が上がります。
インスリン注射との兼ね合いがありますから、低血糖に気を付つけてください。インスリンが少なくてすむといいですね。
Commented by roll1822 at 2017-03-04 22:30
momoさん、ありがとうございます。
名前を出してすみません。でも感謝です!
相談する事すら考えていませんでしたから・・・。
なるべく、ご飯以外のおかずを食べるよう心掛けているようですが、父との二人暮らしだと料理も億劫のようで、なかなか・・・。ダメですね。
果物が大好きだったので、食べたくて仕方ないようです。でも我慢しているうちに、体が欲しくならないと聞きますので、辛抱の時ですね。
Commented by ひろ at 2017-03-13 16:51 x
はじめまして、突然のコメント失礼します。
私もすい臓癌ですい臓を全摘しているので糖尿病です。
もちろん、インスリンを打っていますが食べ物の制限は一切していません。
私は60歳ですが、糖尿病になったのが56歳でたまたま糖尿病の主治医が高校の同窓生だったこともあり、いろいろと本音で話をできています。
彼曰く、「本音で言うと糖尿病の合併症が出るのはかなりの時間がかかるので、合併症を心配して食べたいものを我慢するストレスの方がよほど体に悪い。寿命を考えると好きなものを食べて体力をつける方がよほど長生きできる。」との事で、それをいいことに何でも食べています。
ちなみにHbA1cのコントロール目標値は8以下ですが、今のところ何とかクリアーできています。
という事で、お母様もあまり我慢をせずに好きなものを食べてストレスを軽減するというアプローチもありかもしれません。
医者でもないのに勝手なことを言って申し訳ないのですが、私の体験としてのアドバイスです。

ちなみに私はすい臓がんが再再発して、ナノナイフを先月受けました。
(膵臓全摘なのにすい臓がんの再発というのは変な気もしていますが診断がそうなっています)
近々、1か月目の診断です。
施術後、ちょっと胃の調子が今一なので施術前ほどの量は食べられないのですが、それでも好きなものを食べ続けています。
私も今回のナノナイフの入院で体重が5㎏減ったので現在の最大の目標は体重を1㎏でも増やして体力をつけることです。
ご参考まで。
Commented by roll1822 at 2017-03-13 20:43
ひろさん、初めまして。
私の疑問は、インスリンを打っているのに、糖質&カロリー制限しないといけないんだ・・・ということ。
膵臓の負担を避ける為なんでしょうか?それとも、ひろさんの言う合併症?
友達の家でお菓子を食べたら、血糖値がテキメン上がってしまい、即インスリンを打った事もありました。コントロールが難しいんだなぁ、という印象です。低血糖にはならないように日々注意しています。
膵臓の全摘、しかも再再発ってすごいですね。ナノナイフも受けられているなんて。頼もしいです。
好きなものを食べるとか、結局の所、自分の気持ちが一番の薬なんでしょうね。
皆さんからコメント頂き、まだまだ序の口だなぁと感じます。
Commented by ひろ at 2017-03-14 18:16 x
> 私の疑問は、インスリンを打っているのに、糖質&カロリー制限しないといけないんだ

そうですね、糖尿病の人はすい臓癌になりやすいとか、すい臓癌になると糖尿病を発症しやすいとかいうのは聞いたことがありますが、ではすい臓癌を発病してしまって且つ糖尿病の場合はどのくらい頑張って血糖値コントロールが必要かという事ですよね。

私は、Abbott FreeStyle Libreという自動で連続して血糖値を測定できるものをこの1年くらい使っているのですが、それまで食前に測っていた血糖値とFreeStyle Libreを使って15分おきに出てくるグラフを比べると、自分のイメージしていた血糖値の動きとは全く違うことに驚きました。
私の場合、パンでは(漂白したものでも)あまり血糖値が上がらず、白米は自宅で食べている粘りのある米だとかなり上がるのですが、外食で食べる米はそれほどは血糖値を上げないとか、今までの予想とは全然違いました。
今の血糖値計は、その時の血糖値の値だけではなくそれまでのトレンド(上がっているのか下がっているのか)もわかるので、それと食べるものに合わせて前よりは適切な値のインスリンを打てているはずなのですが(医者とは自己判断で打つインスリンの量を決めることで同意ができています)それでも打った後の血糖値の動きが予想と全く違う事が頻繁に起こります。
要は、私の場合はすい臓がないこともあって、いくら気をつけてもそんなに上手には血糖値をコントロールすることはできないという事です。
なので、日々の血統値は低血糖にならないことだけを注意して、あまり神経質にならずに血糖値の平均値としてのHbA1cを目標にしています。

それともう一つ、お母様の癌の担当医と糖尿病の担当医は同じ方ですか?
私の場合、癌の担当医は糖尿病には興味がなく、糖尿病の担当医は癌には興味がないと思われます。
なので、糖尿病の医者の立場では血糖値のコントロールが重要なのでしょうが、お母様や私のような状況下で血糖値コントロールにどのくらいの重きを置くべきかは、言葉は悪いですが興味の対象外なのだと思います。
なので、ここは自分の意思で決めることだと私は思っています。
これは抗癌剤に関しても同じだと思います。
(ずいぶん長くなってしまったので抗癌剤の件は別スレッドに書かせていただきますね)
Commented by roll1822 at 2017-03-14 22:42
ひろさん、こんばんは。
癌の事はたくさん調べましたが、糖の事はほぼ無知です。膵臓癌になって3年経過後に、いきなりインスリン治療になったので、調べる気力もなく・・・。それまではメトグルコを飲むだけで、血糖値は抑えられていたのです。
糖は、ずいぶん奥深いんですね。確かに専門医でなければ分からなそうです。
因みに、癌と糖は、違う医師です。地元の病院でも東京の山王病院でも違っていました。自分の専門外に口を出さないのは、むしろ有り難いなと感じます。
母は、10日間、インスリンと糖を勉強する為の入院をしました。相当勉強してきたようで、ほぼ洗脳です。。。
by roll1822 | 2017-03-03 23:11 | 膵臓がん | Comments(6)

2013年10月、母の膵臓癌が発覚。ステージⅣaですが、3年間元気に生きています。最新治療ナノナイフの経過を記録していきます。


by roll1822
プロフィールを見る
画像一覧