母の入院。私の弁当、父の愛 🍙


今朝のめざましテレビで、”高校生活、最後のお弁当”という特集を放送していました。

高校3年間、毎日お弁当を作ってくれたお母さんに、感謝の気持ちを伝えるというものです。

私は、自分と夫の弁当を作りながら半端に見ていましたが、つい感動して朝から涙。。。


お母さんが大腸がんを患い、その日から自分でお弁当を作っているという女子高生が出演しました。
お母さんはすっかり回復し、お互いに感謝を伝えます。

感動です。
胸がいっぱいになりました。


・・・

そして、今日1日考えていたのです・・・。

私の母も、私が高校2年の時に乳がんを患いましたが、その時私のお弁当はどうしていたのだろう?

私は自分で作ってなどいませんでした。

私の家から高校は遠かったのです。
毎朝5時20分:起床。6時20分:自宅を出発、駅まで父の車。。。
毎朝よく起きたものです。3年間皆勤賞でした!


・・・

そして、思い出した!

母が病気になってから卒業するまでの1年半、”朝ごはん”を作ってくれていたのは父だったのです!
学校で食べる”おにぎり🍙”も!

母は退院すると、あっという間に仕事に復帰しました。
夜9時に仕事から帰って来て、そこから私の弁当(おかずのみ)を作ってくれていました。
朝まで冷蔵庫に保存です。
そして、毎朝、ホカホカのご飯をお弁当に詰めてくれていたのは父だったのです。
キティちゃんの弁当箱に。

・・・

忘れてました。
高校時代のお弁当の事。


卒業して20年以上が経過しました。
改めて父と母に感謝です!

私の高校は共学でしたが、女子は男子と違って売店でパンを買うわけではなく、みんなで仲良く弁当開きだったのです。

私は、弁当を作って欲しい、と言ったのでしょうね、きっと。
自分で作るなんて、考えもしなかったと思います。
母が病気なのに、親不孝者でしたね・・・。

父が、毎朝、朝ごはんを作ってくれました。
学校に持って行くおにぎりも、お弁当のホカホカのご飯も、いつも準備してくれていたのは、父だったのです。

いつも無口な父。
いつも文句ばっかりの父。

それでも、昔から一番近くで母を支え続けて来たのは父でしたね。
母が病気になっても私が困らなかったのは父のお陰だったのですね。

めざましテレビのお陰で、大事な事を思い出しました。

今度、実家に帰ったら、父に話してみようと思います。
きっと、”ありがとう”は言えないだろうから、”よくやったもんだね!”と褒めてみようかな。。。



   ↓ いつもありがとうございます!いつも力を頂いています!
にほんブログ村 病気ブログ すい臓がんへ
にほんブログ村




[PR]

by roll1822 | 2017-02-08 23:29 | 膵臓がん | Comments(2)

Commented at 2017-02-09 15:17 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by roll1822 at 2017-02-09 20:26
yukiさん、コメントありがとうございます。
親の存在って有り難いなぁと感じます。親孝行しなくちゃ!と思います。頑張ります!