芸能人が亡くなった時に感じる疑問。


最近、芸能人が亡くなったニュースを見ると、つくづく思うのです。

知っている芸能人が多いなぁ・・・と。

私が歳を取った証拠なんですよね。。。

以前は、知らない方が多かったのに、最近は知っている方ばかり。。。

だから、衝撃が大きい!

テレビで見るだけの方々なのに、寂しい気持ち。




そして、思うのです。

・・・癌ばっかり!



更に、思うのです。

・・・お金もコネもたくさんあるだろうに、どうして長く生きられなかったのだろう。



もちろん、初めから治療を選択しない方も居ます。
でも、もっと生きたいと思う方のほうが圧倒的に多いはず。



樹木希林さんの全身癌(?)では、鹿児島の「四次元ピンポイント照射治療」が有名になりました。

四次元?鹿児島?高価な上に、私にとってはかなりの旅です。
手は出せない治療だなぁと思って来ました。



もっともっと最新の治療はありますよね?

「凍結療法」とか、「光線力学的療法」とか、「遺伝子治療」とか、もちろん「ナノナイフ」も。

試したいけれど、高額過ぎて手を出せない治療、芸能人なら出来るのでは?と疑問に思うのですが、そんな朗報を聞く事がありません。

「神の手」を持つ外科医だって、コネとかありそうじゃないですか。



延命もしくは助かった芸能人の話が目立たないだけで、実は最新の治療を受けられている方々はたくさん居るのでしょうか?



それとも、お金があっても癌には勝てないの?・・・



あと数年だ!医学は刻々を進歩しています。




   ↓ いつもありがとうございます!いつも力を頂いています!
にほんブログ村 病気ブログ すい臓がんへ
にほんブログ村




[PR]
by roll1822 | 2017-01-24 22:10 | 膵臓がん | Comments(0)

2013年10月、母の膵臓癌が発覚。ステージⅣaですが、3年間元気に生きています。最新治療ナノナイフの経過を記録していきます。


by roll1822
プロフィールを見る
画像一覧