田舎のネズミが思うこと。。。


先々週は、雪が積もりましたが、先週一週間でスッカリ消えました。

今年は雪が積もるのが早かったので、まさか正月は大雪か!と怯えていましたが、今のところは、お山が白いだけ。。。

雪が降ると大変なのです。

何より、車の運転が怖い。042.gif

何十年ここで生活していても怖いものは怖い。

道路が混むから、会社に行く時間も早めないといけないし。。。014.gif



最近、常々思うこと。

都会って良いなぁ039.gif039.gif039.gif

だって、良い病院がたくさんあるじゃないですか!!

良い先生もたくさん居る!!

最新治療が身近で試せる!!


東北では、関東に出るだけでもお金がかかるのです。

しかも、何より「東京かぁ。。。」と億劫になり、新しい治療を試すことすら諦めてしまいます。



私は、学生時代東京に住んでいましたし、東京出張も多いので抵抗はありませんが、母には相当の抵抗があったようです。



ナノナイフを受けた直後、

  「お前が居たから、ここまで来れた。
    一人だったら、東京まで来らんねがったなぁ。。。」



都会と田舎では、病院の質も違うと思うのです。

医療技術はもちろん、看護師さんを含めた病院の患者への対応の良さ、そして医師の気持ちの良さ。

053.gif患者が理解するまで、丁寧に話をしてくれること。

053.gif患者の話をじっくり聞いてくれること。

053.gif目をみて、しっかり話をしてくれること。

これが、大事です。


もちろん、田舎にも良い医師はたくさん居ますし、都会にも嫌な医師はたくさん居ると思います。

なぜこんな事を思うのか。。。



母も私も、今の主治医が好きではありません。

癌は治らない。治るわけがない、と言い放った主治医。

可能性が無いと分かっている事は試せない、と言って他の抗がん剤すら選択してくれなかった主治医。

紹介状を書いて欲しいとお願いしても嫌な顔をするから、主治医には黙って他の治療を試して来ました。

あなたの説明するCT画像では、自分の腫瘍がどこにあるのか全く分かりません。
患者には理解する必要がないと思っているのでしょう。


ナノナイフを受けた後、ナノナイフの話には触れようともしません。

興味がないのですね。
最新医療にも、担当患者の病状にも。


母の主治医は偉いのです。
偉すぎるのですよ!



膵臓癌ステージⅣaだって治りたい!

初めから諦めている主治医。

患者の気持ちが分からない医師は、医師失格です。

母は、主治医に会う事が億劫なんです。

母の免疫力を下げている主治医、私は嫌いです。

・・・

それでも、頼らなければならない・・・。

頼ってしまう自分が情けない・・・。



・・・と、病院に書き込みたい気持ちを、ブログにぶつけています。。。047.gif

ごめんなさい。057.gif




   ↓ いつもありがとうございます!いつも力を頂いています!
にほんブログ村 病気ブログ すい臓がんへ
にほんブログ村


[PR]

by roll1822 | 2016-12-26 20:39 | 膵臓がん | Comments(0)