ナノナイフ術後1箇月後の結果(CT)


ナノナイフ術後1箇月後の検査結果。
昨日の続きです。

腫瘍マーカーは下がったわけですが、CTで腫瘍は見てみないと!

ドキドキです。008.gif

これが、本日のCT画像(左がナノナイフ前、右がナノナイフ後)。

e0362686_09434244.jpg









線を引いたのは私ですので、かなり下手ですが、、、

言える事は、腫瘍の大きさは同じだという事。015.gif

ただ、右の画像の方が少し黒ずんでいる。

大きさは変わりませんが、癌細胞の割合は変わっていますよ。との事。




少し、残念な気持ちでしたが。。。

ナノナイフの場合は、術後3~4箇月程度で癌の縮小が見られるそうです。

その日に期待し、3箇月後に再度検査の予約をしました。017.gif



そして、その3箇月後の腫瘍の大きさ次第では、重粒子線治療を受けたい事を相談しました。

重粒子線を照射するには、動きが不規則な胃や腸とは5mm程度離れていなければならないと言います。

現在、腫瘍の胃まで距離は、2.5mm程度。

  「あと、3mmですね。」

  「可能性が、ない事はないですよ。」

  「ただ、残った癌細胞が活発であった場合は、分かりません。」


弱れ~070.gif弱れ~071.gif母の癌細胞~070.gif死んでしまえ~~~071.gif



   ↓ いつもありがとうございます!いつも力を頂いています!
にほんブログ村 病気ブログ すい臓がんへ
にほんブログ村




[PR]

by roll1822 | 2016-12-24 09:59 | 膵臓がん | Comments(0)