膵癌腹膜転移に対する新たな先進医療。


昨日、会社で見つけた膵臓癌に関する情報、その2。

先進医療部会 膵癌のパクリタキセル腹腔内投与を了承
厚生労働省の先進医療技術審査部会は15日、関西医科大学付属病院が申請した「膵癌腹膜転移に対するS-1+パクリタキセル経静脈腹腔内投与併用療法」の先進医療Bとしての実施を了承した。遠隔転移がなく、腹膜播種のある膵癌患者に対し、日本科薬の「パクリタキセル」と大鵬薬品の「ティーエスワン」の2種の抗がん剤を併用する技術。


症例数が少ないなどの意見も出たらしいが、「未承認や適応外の治療を受けたい患者が、患者申出療養に移ってくることが推測される」ため、考え方が整理されたようです。

「患者申出療養」?

そんな言葉を初めて知りました。

2016年4月から始まった新たな保険外併用療養らしい。



有効性の判断は、厚労省には求めていません。



患者が縋りたいもの、どうか理解してください。





   ↓ いつもありがとうございます!いつも力を頂いています!
にほんブログ村 病気ブログ すい臓がんへ
にほんブログ村

[PR]
by roll1822 | 2016-12-17 13:03 | 膵臓がん | Comments(0)

2013年10月、母の膵臓癌が発覚。ステージⅣaですが、3年間元気に生きています。最新治療ナノナイフの経過を記録していきます。


by roll1822
プロフィールを見る
画像一覧