今も昔も丸山ワクチン。



私の祖母、つまり母の母は、63歳で亡くなりました。

胃がんでした。

もう30年以上前の話です。

私は幼稚園だったので、あまり記憶がありません。

時々、祖母の御見舞に行き、お葬式に参列した記憶はあります。



30年以上前なんて、癌が治るなんて考えられなかったことでしょう。

祖母の病状は大変だったと聞きます。

胆管にも転移し、胆汁を飲んでいたとか。。。

痛みも、相当酷かったようです。

そんな中、母達は、延命を願って「丸山ワクチン」を東京まで受け取りに行き、祖母に投薬していたという話を聞いた事がありました。




「丸山ワクチン」は1981年に承認(国の許可)を取得出来ませんでしたが、現在は、「有償治験薬」として割と簡単に試す事ができる特異的な薬剤です。

有効性が証明されないからという理由で、国から承認されなかったのでしょうが、頼りたい癌患者がたくさん居るからこその特例措置なのでしょう。

35年経った今もなお、有償治験薬として試している癌患者がたくさん居ます。

なんだかよく分からないスゴイ薬です。



昨年、癌友が「丸山ワクチン」を試しているという話を聞き、自分も試してみようかな、と母が言い始めました。

地元の主治医は、良い顔をしない事は想像出来ましたので、県外で温熱治療を受けている病院で、相談してみました。


そこで知ったこと、、、


なんと、申請に失敗した製薬会社は、「丸山ワクチン」で諦める事なく「アンサー20注」という高濃度薬剤の申請を行い、1991年に認可を取っていたのです。

「丸山ワクチン」と「アンサー20注」は、同じ成分ですが、濃度が異なります。

「アンサー20注」の方が、かなり濃度が濃いので、どうせ受けるなら「アンサー20注」の方だろうと考えました。

しかし、「丸山ワクチン」は、がん全般の治療を対象としているのに対して、「アンサー20注」の効能効果は、「放射線治療時に起こる白血球減少を抑える」ものです。

母は、昨年から、「アンサー20注」を試しています。

放射線治療は行っておりませんので、本来、適応外です。自由診療の扱いです。



効いているのかは分かりません。

でも、3年間転移ゼロで、痛みもなく元気に生きている母。。。

これもまた、効いているかもしれませんので、なかなか止められません。

「丸山ワクチン」、親子でお世話になっております。


067.gif067.gif067.gif


母は、62歳で癌が発覚しました。

母の母が亡くなったのは、63歳。

同じ年齢に亡くなろうとしているのかと運命を憎んだ時もありましたが、現在、65歳。

あと3箇月で、66歳になります。

祖母が守ってくれているのかもしれません。


   ↓ いつもありがとうございます!いつも力を頂いています!
にほんブログ村 病気ブログ すい臓がんへ
にほんブログ村

[PR]
by roll1822 | 2016-12-09 23:44 | 膵臓がん | Comments(0)

2013年10月、母の膵臓癌が発覚。ステージⅣaですが、3年間元気に生きています。最新治療ナノナイフの経過を記録していきます。


by roll1822
プロフィールを見る
画像一覧