膵臓癌ステージⅣa、3年間元気な理由。


母のこれまでの治療経緯をまとめてみました。

2013年10月:検診で膵臓癌の疑い。
2013年12月:精密検査。
2014年1月上旬:膵臓癌確定、ステージⅣaと診断。
2014年1月下旬:国立がんセンターにセカンドオピニオン。
        手術は不可能。抗がん剤治療しかない。と言われ、地元に戻る。
2014年2月:TS-1投薬開始。
2016年5月:腫瘍増大。ジェムザールに切り替え。
2016年7月:放医研に重粒子線治療の相談。適応外と言われる。
2016年9月:ジェムザールでは効果がない、もう治療はない。と言われる。
2016年10月~:ナノナイフ治療開始。


もうすぐ、4回目の正月を迎えます。

痛みはありません。体重も全く変わっていません。

本当に腫瘍があるのだろうか、と疑った時が何度もあります。



3年間、試した事は数知れず。。

何をやったっけかなぁ・・・と振り返ります。

059.gif059.gif059.gif

癌が発覚して、一番初めにやったこと。

①お参り。癌封じ。

そして、

②人参ジュースを1日2L目標&レモン絞りを1日2個目標。いずれも無農薬を購入。
③東京Gクリニックにメール相談。症状に合わせた漢方薬を調合してもらい、
 1日2回飲む。
④ジインドリルメタン。
⑤高濃度ビタミンC点滴静注を週2回。
⑥温熱療法週1回。
⑦玉川温泉に湯治。
⑧水素水を1日1L。
⑨メトグルコ1日2錠。
⑩ブロリコ毎日。
⑪えごま油毎日。
⑫ホッカイロ(膵臓付近に常時)と湯たんぽ(膵臓付近に就寝時)
⑬足首を常に温める。
⑭自家製ヨーグルト毎日。
⑮DPA毎日。
⑯卵1日1個。
⑰にんにく毎日。

一番長く続けているのは、④ジインドリルメタン。

⑤高濃度ビタミンC点滴静注も良かったのですが、費用がかかりすぎるため断念。
その後、⑥温熱療法は2015年春から開始し、今も継続。

何が効いているのか分からない為、どれもやめられないなぁ・・・。


何気に効いているかもしれないと思うのは、

⑱仕事を完全に辞めたこと。


我が家は年中無休の自営業。相当働きましたよ、母は。嫁に来てからずっと。

私や兄の子育ては、完全に、じいちゃんとばあちゃんに任せて。



・・・ふと考える時があります。

 一緒にご飯を食べた事、あったっけかな。・・・あったのかなぁ。

 一緒に寝た事、2回くらいはあったかな。ばあちゃんが居ない時。

 一緒にお風呂に入った事、何回かはあったかな。仕事の帰りが早い時。


母が、癌になって仕事を辞めてからです。母としゃべる時間が増えたのは。。。


そして、一番の効果があると思うのは、、、

⑲よく笑い、よくしゃべる。

⑳毎日を楽しむこと。



母は、3年間、癌に負けた事は一度もないはずです。



   ↓ いつもありがとうございます!いつも力を頂いています!
にほんブログ村 病気ブログ すい臓がんへ
にほんブログ村

[PR]

by roll1822 | 2016-12-07 23:51 | 膵臓がん | Comments(0)