アブラキサンで腫瘍を抑えます

ナノナイフを受けるまでの1箇月、新たな抗がん剤「アブラキサン」を試すことになりました。

副作用が強いと聞きました。
インターネットでは、髪の毛が抜けるという情報ばかりです。

髪の毛が抜けること、母がとても気にしています。

予め、ウィッグを見に行きました。
抗がん剤治療の方には、割引があり、またアフターケアもバッチリのウィッグ屋さんです。
たまたま隣の県にあった為、気軽に足を運べました。

専門店は、さすがに高価です。
でも、自分の好きなようにカットも色合わせもでき、頭のサイズを測って、ピッタリのものを見つけてくれました。

母はとても気に入り、その日に購入。

私と母が住んでいる地域では、抗がん剤治療の患者向けに医療用カツラの助成金制度があります。
2万円の援助が受けられます。とても助かります。


いつもおしゃれな母、気に入ったウィッグが購入出来たので、安心して抗がん剤治療が出来ますよ。

それから、抗がん投薬の1週間前から、育毛クリームとシャンプーも使いました。

テタリスです。

血行を良くするのはタブーであることから育毛剤は推奨されない中、唯一、抗がん剤治療でも脱毛を防げるという情報のあった育毛クリームです。
効くかどうかは分かりませんが、安心のために購入し、1日2回付けてもらいました。

毎日、欠かさずつけていましたよ。


「アブラキサン」の初回投与のため、3泊4日で入院です。これは、地元の主治医です。

  「なんともないよ。」

と病院から電話がきました。

食欲が落ちることもなく、少しダルいだけだそうです。
母の副作用は軽いものでした。


2クールが終了し、治療開始2〜3週間目のこと、突然パラパラと髪の毛が抜け始めました。

5日後に、私が会ったときには、ウィッグをつけていました。

  「半分くらい抜けたから。」

でも、まだ半分ありますよ。
半分残っているだけも、心の傷は浅いと思います。

  「髪の毛だけで済んで良かったよ。何より元気なんだから。」

私は慰めたものの、いつも当たり前に生えている髪の毛、すごくすごく大事なものですよね。

特に女性にとっては、宝物です。
なんだか泣きたくなります。

でも、頑張るしかないのです。生きて欲しいのです。


[PR]
by roll1822 | 2016-11-27 09:14 | 膵臓がん | Comments(0)

2013年10月、母の膵臓癌が発覚。ステージⅣaですが、3年間元気に生きています。最新治療ナノナイフの経過を記録していきます。


by roll1822
プロフィールを見る
画像一覧