十二指腸からの出血?


緊急輸血が決定し、院長は慌てながら、

  院長:「最後にHIFUしたのはいつですか?」

  roll:「4月が最後です。」

  院長:「しばらくHIFUは出来ませんからね!」


HIFUが効きすぎたのかな?

確かに、4月にHIFUを受けた後、6月に受診した際には、腫瘍が炎症を起こしている為HIFUは延期しましょう、と言われていました。
その炎症が、こうなったという事でしょうか?


  院長:「最近、便は黒くないですか?」

  母:「気にして見てはいませんでしたが・・・。
     黒いと思った事はありません。」
 
  院長:「十二指腸から出血している事も考えられます。
      昭和天皇みたいに。。。」


そして、少し昭和天皇の話をされました。
院長は昭和天皇の身近で治療に携わっていましたので、時々その話が出るのです。
昭和天皇は、『膵頭部の腫瘍による十二指腸閉塞』だったのだそうです。


  院長:「大変でしたよ。輸血を繰り返しましてね、150人分の輸血をしたんですよ。150人分ですよ!」


母も、輸血を繰り返す事になるのでしょうか?


夜、母から電話が来ました。

  母:「言われてみれば、便は緑色っぽいかも。。。」


十二指腸からの出血?

だとしたら、
どうすれば良いのですか?
どうしたら良いのですか?

 
   ↓ いつも力を頂いています!たくさんの情報があります!

にほんブログ村


[PR]

# by roll1822 | 2017-07-28 20:53 | 膵臓がん | Comments(2)

緊急輸血


母を支えて、埼玉まで行きました。
新幹線に座っている間、母はほとんど目をつぶっていました。
駅は腕を組んで、ゆっくりゆっくり歩きました。
新幹線を降りてホームで座り、エスカレーターを降りて待合室で座り、改札を出たら鞄に座り・・・なんとかタクシーに乗り込みました。

タクシーで大宮駅からM病院まで約30分、4150円。

M病院の大きな看板、、、
病院が見えて来るとほっとしました。


待ち時間が長かったのですが、座っていれば具合は良いようです。

呼ばれるとすぐに点滴が始まりそうになったので、看護師さんに今の状態を説明し、抗がん剤を受ける自信がないので先に受診をしたい、と相談しました。

抗がん剤ではない点滴(何の成分か分かりませんでした)を1時間以上行い、同時に血液も採取されました。
簡単な検査のみですが、血液検査の結果をもとに受診することにしたのです。



診察室に呼ばれると、

  院長:「重度の貧血ですよ!危険な状態!!すぐに輸血しないと!!!」
     「赤血球もヘモグロビンもヘマクリットも全部、3分の1の数値で
      すよ!血液の85%が水ですよ!水!!」


院長が慌てています。

あぁ。なるほど。
すぐに状況が理解出来ました。
貧血と言われれば、確かに母の症状と合致します。

簡単に母のお腹を触診しながら、

  院長:「痛いでしょ?どこからか出血してるんでしょうね。」

  roll:「ポートを入れた部分からですか?」

  院長:「!!! 腫瘍からですよ!」

・・・怒られました。すみません。。。


そして、車椅子が準備され、止血剤が点滴に追加され、体に酸素が不足しているからと鼻にチューブを取付けられ・・・。
みるみる母の装備が変わって行きます。

  院長:「緊急で血液を取り寄せますから、今日の夕方から3日間輸血
      します。すぐに入院して下さい。」


  roll:「あの、出血した箇所に対する処置は出来る
      ものなのでしょうか?」

  院長:「だから、今から輸血するんでしょ!!」



・・・今日は、怒られてばっかりだ。。。

対処法を聞きたかったのではないのだけれど・・・。


いろいろ聞きたい事が聞けないまま、病室に移動しました。
入院の準備はしてきたのです。
帰れと言われても困るような状況でしたので、こちらから入院のお願いをしようと思っていたほどでしたから。

スリッパと携帯電話の充電器を忘れてきたらしいので、近くのセブンイレブンに買いに行きました。
一番近いローソンには売ってなかったのです。


私が帰る頃には、大分楽になったと言っていました。


とりあえず、不調の原因が分かって安心しました。

問題は、どこから出血しているのか・・・。
日曜の夜、ひどい痛みがあったと言っていました。
きっとあの時です。
先週は、地元の町医者で血液検査を行ってもらい、軽い貧血だからと鉄剤を点滴してもらっていたのです。
その時の検査から1週間も経たずに、数値が1/3まで低下したのです。
きっと、日曜の夜、出血が始まったのではないかと考えられます。

輸血をしながら、原因の検査が始まります。
やっと退院出来たのに、また戻って来てしまいました。。。


174.png追伸174.png
母の点滴を待っている時、もしかしてrollさんじゃないですか?と声をかけて下さった方が居られました。
rollと分かった事に驚きですが、とても嬉しかったです!またお会い出来る気がします。今後ともよろしくお願い致します。


   ↓ いつも力を頂いています!たくさんの情報があります!

にほんブログ村


[PR]

# by roll1822 | 2017-07-27 21:27 | 膵臓がん | Comments(3)

突然の不調


会社が終わると、「歩けなくなった」と母から電話が来ました。
慌てて実家に帰りました。

退院してから2週間、食欲は全く回復していない所か悪くなる一方。
その結果、歩けなくなってしまったのか・・・。

そして、一昨日、急激にお腹が痛み出し、痛み止めを飲んだと。
これまでにない、ものすごい痛みだったと。

更に、食べていないのに、下腹部が膨らんだような気がすると。

本当は、今週一人で埼玉に行ってみるつもりでしたが、急遽、私が連れて行く事になりました。
私の支えがあっても、行けるかどうか。。。

母の体に何が起きているのか。
先週まではしっかり歩いていたのに。

何か悪い事が起きています。
明日、原因が分かれば良いのだけれど。。。

何が起きているのか。


   ↓ いつも力を頂いています!たくさんの情報があります!

にほんブログ村


[PR]

# by roll1822 | 2017-07-25 23:02 | 膵臓がん | Comments(5)

癌治療は残酷。


膵臓全摘、更に胃も腸も一部摘出、その後骨に転移しているという方に出会いました。

それら手術は全て、現在、母が通っている東京の大学病院で受けられたそうです。

全摘なんて選択肢を考えた事がありませんでした。
母が膵臓がんになって初めて”膵臓全摘”が出来るという事を知りました。
そんな事が出来る医療機関があるのかと衝撃を受けました。

医師が提案してくれるのか・・・?
それとも患者自ら、切ってくれる医師を探すのか・・・?

母の膵臓がんが発覚した3年9ヵ月前、その選択肢が目の前にあった時、どのように決断をしたかは分かりません。
何が正しいのか、分かりません。



その方は、支えなく一人で歩く事が出来ません。
いつもどこか痛いのだと言います。
でも、いつも笑顔で母に話しかけてくれます。


その大学病院は、切るだけ切って、あと出来る治療は何も無い、と匙を投げたそうです。
匙を投げたというより、他に出来る事が無いのは事実だったのだと思います。
頼まれたから、切っただけ、と言われれば確かにそうだし。。。

私と母が、現在信頼している病院なので、当然悪く言うつもりはありません。

結局、治療方針を決めるのは自分。
その結果、医師のせいにしたくなることもあるのですよ。
何かに当たらないとやっていけないから。



癌治療、何が出来るのか。
何をやれば良いのか。

癌患者が治療を自分で選択しなければならない現実、、、残酷すぎます。


   ↓ いつも力を頂いています!たくさんの情報があります!

にほんブログ村


[PR]

# by roll1822 | 2017-07-24 22:54 | 膵臓がん | Comments(4)

それにしても痛い手術だった・・・


それにしても痛い手術だった・・・



・・・母は、よくぼやきます。


麻酔は、局所麻酔です。
全て治療の様子が分かるのも怖い事です。
動注の為に、足の付け根を切る時、ポートを血管に入れる時・・・本当に痛かったらしいのです。

 roll:「子供を産む時とどっちが痛かった?」

 母:「同じくらいだな・・・」


それは、痛いな。。。


M病院での癌友さんが、母の手術前に、自分は麻酔が効きにくい体質だから、痛くて痛くてずっと叫んでた!と言っていました。
麻酔が効いても痛いのかな・・・。
1時間程度の手術なので、麻酔が切れるとも考えられないし・・・。
手術室でカルボカイン注を見かけたのですが、量をあまり使ってくれないのかな・・・?
後から周りの癌友さん達に聞くと、みんな痛かったと言っていたそうです。



術後の回復は早かったですけど。
毎日の抗がん剤の副作用は辛いものだったし。

動注は、抗がん剤を直接高濃度で腫瘍に送れるのが良い所ですが、その後は、やっぱり全身に送られるわけで・・・。
落ち着いて考えると「動注イコール副作用が軽い」という認識は間違いな気がするのです。
濃度や順番の問題であって、腫瘍に対しての効果が抜群である事は理解出来ますが、副作用が軽いわけではないのでは?



   ↓ いつも力を頂いています!たくさんの情報があります!

にほんブログ村


[PR]

# by roll1822 | 2017-07-23 11:28 | 膵臓がん | Comments(10)